« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

ナカムラユウコウの木工オブジェと詩とイラスト展

Dscf2950 今日は昨日の続きで木工オブジェの制作。
明日11月1日から10日まで
本町通りのかもめの玉子2Fギャラリーで作品展。
今日はその準備でお昼過ぎまで制作。
午後から搬入展示作業。

今回は、水彩画の他に
新作の木工オブジェと
そのオブジェが語るポエムとの
ジョイントの作品の新シリーズです。

1Fで和菓子やケーキやパンを買って
2Fギャラリーにあがり無料のコーヒー紅茶などを
おいしいく頂いくこともできます。
それではよろしくお願いします。

Imgx251558230001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その人は、どんな人?

いじけたりしないで
怒ったりしないで
やきもちなんか焼いたりしないで
ため息なんかついたりしないで
言っても仕方がないことは
一言もぐちらないで
やけを起こしたりしないで
いじけたり、ひねくれたりしないで
むかついたり、ためいきついたり
苛立ったり捨て台詞を吐いたりしないで
焦ったり慌てたりしないで
憎んだり恨んだりしないで
人を嘲ったり馬鹿にしたりしないで
疑ったり騙したりしないで
下ばっかり見たり
おどおどしたりしないで
妬んだり浅ましく欲しがったり
奪ったり盗んだりしないで

すると、それはどんな人になるのか?
どんな人格が出きあがるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三陸、野田村、十府ケ浦海岸に行く。

Dscf2836 昨年の夏以来の野田。
晩秋、昨年は緑だった一町分の平原は
少し茶色く寂寥としていた。

十府ケ浦海岸に行く。
階段を降りてみるとその砂浜の海岸には
たくさんのちょうど手ごろな流木が
たくさ落ちていた。

大きな30リットル、40リットルのゴミ袋に
4つも54つも5つも集めることができ
想定外、予想外の大収穫。

一冬作業するに十分に足りる流木が取れた。

廃墟になった街の再開発は2年半を過ぎ
まもなく3年目に近づこうとしている今現在も
遅々として進んでいない。

Dscf2855_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しい木工制作日和。明日は海へ。

雨も上がって
今日は外での木工作り日和。
11月になる前に流木の小枝を取りに
海に行きたい。

大きめの流木は、この夏、秋と
石巻、青森の海とで集めた。

腕や足、小細工のための
小さな流木が欲しい。

じっくり流木と見つめ
雨風にさらされ乾いた古木を見つめ
じっと見つめて時にコーヒーを飲みながら
彼らがなりたがっている形が
見えてくるまで待つ。
平面の絵画とは違う立体制作の
面白さを満喫する。

そしてもしも彼らが言葉を語り
詩を吟遊し始めたらすかさず
それをメモる。

なんて、幸せな時間なのだろう。

11月になると大坊峠や平庭高原の雪が
心配だ。

明日早朝、長い砂浜の海岸線のある野田の
十府ケ浦海岸に行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

cafe & gallery 1231店「こばやしかずえ展」

Dscf2737 うちのアトリエで絵を描いている
こばやしかずえさんの個展。
今日が最終日。

大学では彫塑をやっていたのですが
今回はドローイングとエッチングや
紙版画が中心の作品展。

Dscf2770味わいのある個性的な作品を
楽しませてもらいました。

ギャラリーは仕切りもなく
カフェと一体になっていて
しかもギャラリースペースと
カフェスペースがきちんと
分かれていて作品が
見やすい。

Dscf2766書籍も興味深いものが
たくさんリンゴ箱の本棚に山積みに
なっていて、盛岡にあったら
時々立ち寄って読書に来たい
ギャラリーカフェ。

雰囲気がとても不思議に落ち着き
コーヒーもとても美味しい。

オーナーも美術教師を
中途退職して始めた
絵描きさん。

そんなところがアーチストには
波長が合って気疲れしない
不思議な居心地のいい空間を
作っているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に思い出したスティーブ・ジョブズの大切な発想

アップルの創始者、2011年に亡くなった
スティーブ・ジョブズの映画「スティーブ・ジョブズ」が
11月1日から上映されるのに合わせてか
コンビで久々にジョブズ特集の雑誌を見る。

亡くなった年と、翌年と随分ジョブズの
書籍は読んだし、自分が感動した
ジョブズの文庫本を人にもあげた。

ジョブズのその人生には数々のエピソードと
数々名言が溢れているが
私が一番インパクトと、インスピレーションを
受けたエピソードをコンビニでの雑誌を見て
思い出した。

ヒューレット・パッカードから、移ってきた副社長が
立てた3ヶ月計画の説明を受けていた時
ジョブズはその説明をさえぎって
「一晩で成果を上げて欲しい」と
言い放った。

仕事も制作も、人生の何事も
「3ヶ月を一晩で」の発想で
行ったなら、パワフルにすっきりと
気持ちよく生きていける気がする。

Imagecascbxc9_2 映画「スティーブ・ジョブズ」

2011年に死去したアップルの創設者、
スティーブ・ジョブズの生涯を描く。
大学を中退し禅や仏教に傾倒しながらも、
無為の日々を送るジョブズは、
親友のウォズニアックの趣味である
コンピュータに興味を持つ。

2人は友人たちの協力を得て
世界初の個人向けマシンApple Iを商品化。
ジョブズは自宅ガレージを改造して、
ウォズニアックらとアップルコンピュータを
設立する。

ジョブズは社長として経営に辣腕をふるい、
77年にApple IIを発売、大ヒットとなる。
25歳にして成功を手中にしたジョブズだったが、
その時から周囲との軋轢に苦しみ、
挫折と栄光を味わうことになる。

若きジョブズそっくりと言われていた
アシュトン・カッチャーを主演に迎え、
共演はダーモット・マローニー、
マシュー・モディーンらベテラン陣。
監督は「ケビン・コスナー チョイス!」
のジョシュア・マイケル・スターン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に、いい映画に出会った。

Imagecaibpqdp_2ちょっと変わってて
変な映画かなと思う人も
いるかも知れませんが
最後まで見通してください。
いや~、とても深くて
切なくて温かいそして
救いのある、ステキな映画。
是非ご覧あれ。

タイトルは「ラースとその彼女」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Imgx251558230001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私もその一人。

あなたは、欲しいものがありますか?
本当にそれが欲しいのなら
欲しいものを手に入れる
努力と工夫を、今日から
今からしましょう。

そんな当たり前のことを
なんでそんなにあらためて
言わなくてもという人も
いるでしょう。

でも、かなり多くの人が
欲しいものがあるのに
行きたいところがあるのに
したいことがあるのに
何一つ、たった一つ
ほんの少しのそれに近付く
それを実現する努力と行動をせずに
欲しい欲しい、行きたい行きたい
したいしたいと言っている。

私もその一人。

いつも文章は反省と自分のへの鼓舞と
自分の未来への羅針盤だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミスや失敗をした時にどうするか?

まず、ミスを、失敗を、認める。

反省する。

しかし、自分を責めない。
苦しかったら、誰もがミスや失敗をすることを
思いだし言い聞かせよう。

ミスや失敗を恐れて
挑戦の変化のない味気のない
単調で感動のないぼやけた色あせた日々の継続を
自分の人生にしないよう気をつけよう。

なぜ、このミス、この失敗
なぜ、あのミス、あの失敗が
発生したのか、起こしてしまったのか
しっかりと冷静に分析し
そのミス、失敗が二度と発生しないよう
対策し、そのための仕組みや仕掛け
システムを生み出し構築するために
エネルギーを使おう。

ただただ、堂々巡り、地団太踏んで
同じその場所に留まって
救いようのない自分への攻めや
後悔で自分をずたずたにしないよう
気をつけたい。

起きてしまったことには
その時から少しでも悪影響が拡大しないよう
二度と同じ事を起こさないよう
ありったけのエネルギーと
全力の知恵を使って対処するしかないのだ。

そのミスへの対処で未来をより輝かせ

しあわせにすること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木田武絵画展&大谷広樹写真展

  10月27日(日)終日、結婚式パーティーで、貸切お休みです。Imgx211129340001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相手を変えるか?自分が変わるか?それとも、切るか?

会社において、家族において
夫婦や恋人同士において
相手に不満があった時
相手が変わらない
変わりそうもなかったら
自分が変わるしかない。
あるいは、愛情や感謝、思い出があるなら
自分が相手を変えていくしかない。

1年2年3年後、はたまた年5年、10年後
そしてこの人生が終わる時、終える時
あの時、あの頃
もっとやれることがあったんじゃないか?
いじけや、怒りに支配されて
自分は脳や行動力が固まっていなかったか?
もっと愛情を持つべきではなかったか?
自分は冷た過ぎなかったか?
諦めやすくエネルギーがなさ過ぎなかったか?

と、未来において
悔やまないような今日を行動しなさい、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生の変え方 その2

人生を変えると言う事は
住む家や場所や国を変えることではない。
車を替えることでもないし
職場を変えることでもなく
恋人や配偶者を換えることでもない
友人換えることでもない

自分を変えることだ。

自分が変わらなければ
結局、策を講じても
いくら環境や世界を変えようとしても
結局、まもなく
誰といても、どこに行っても
同じ気分、いつもの人生になる。

人生を変える策に
住む家や、車や、職場や
恋人や配偶者、友達を換えることより
何よりそこで、ここで楽しく生きられる
自分に変えよう。

ステージは自然にあがり
新しい世界が開け
今抱えている問題は
全て一切一つ残らず
解ける氷、解ける毛溜まりのように
解決するだろう。

何かに憎しみや怒り、
苛立ちがあるうちは
何も変わらない。

それこそが、あなたの住む世界
あなたの人間関係を
ややっこしく、複雑にし
辛く苦しく不幸ににしているからだ。

憎しみや怒りや苛立ちをまずは消去し
人形を作るように彫刻をするように
理想の心のあり方、語りと行動をする
自分という人間を創るんだ。

それが、人間の人生を生きるということだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生の変え方 その1

人生を変えるとは自分を変えることである。
人間関係を変えると言うことである。


人生の幸せは、人生の中身は
人間関係だからだ。

人生とは人間関係でできているからだ。
もちろん、いうまでもなく
ただ変わればいいということでは
もちろんない。

よく自分を変えなければならない。
よい人間関係に変えなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ネガは楽譜で、プリントは演奏だ。」

Adamsmoonrise800_2 写真家アンセル・アダムスは言った。
「ネガは楽譜で、プリントは演奏だ。」
Image ステキな言葉だ。

カメラを肌身離さず
世界の瞬間を収める。
一枚一枚楽譜が増えていく。
フォトショップで調整して
演奏に入る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「全てのことに意味があるのよ。」なんて安易に人を慰めてはいけない。

人生に起こる全てのことに
意味があるのでなく
全てのことに意味を持たせるのだ。

神でない、最善最高の人間が出来ることは
それだけだ。

目の前に起きた全てのことを
未来に最高の意味と価値ある出来事に
変換するのだ。

泣いても笑っても出来ることは
それだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いいことばかり連続する、起こる特別扱いの人生

ある人生に、その人生に
特別にいいことばかり
起きるという人生はない。

ただ、結果、いいことばかり起こる人生と
まったく同じ等価の人生がある。

人生に起きた全ての物事
良きことからも、悪いことからも
最大限学び、最大限未来に
生かし続ける人生だ。

それは、結果的にも見かけ的にも
「いいことばかり起こる人生」と
まったく同じだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「人は一瞬にして自分を変えられる。」

「人は一瞬にして自分を変えられる。」

あるいは

「人はなかなか自分を、
 あるいは結局は
 変えることはできない。」

どちらが正しいだろう。
どちらも正しいと思う。

どちらも正しいなら
人は好きな方を取るがいい。

ならば

私の場合は、
「人は一瞬にして自分を変えられる。」
と言う言葉を取る。

どちらも真実ならばどちらも
同じパーセンテージで真実ならば
「人が一瞬にして自分を変えられる。」
を取った方が、そういう立場を取った方がいい
そう思う方がよい。

自分で決めることが大切。
その決定が自分の形と
自分の人生の形を決めていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴天の神子田町の手作り市

いい天気。
今年美大に受かった
私のアトリエに通うメンバーが
出店しているので様子見。
なかなかレベルの高い手作り品の
出店がいっぱいあった。
時間がなかったので、さっと通りを
見ただけだったが、来年は
ゆっくりとこのイベント、この通りで
時間を潰そう。

Dscf2532

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かもめの玉子「さいとう製菓」ギャラリー付き新店舗オープン。

盛岡市本町通の岩手医大近くに10月7日
大船渡の菓子メーカー「さいとう製菓」の
直営店がオープンした。

今日、店のマネージャーに相談があると
呼ばれて見て来た。

2階にはイートインスペースを設け、
ケーキやパンを買えばコーヒーや紅茶が
無料で飲める。

また、この2階のスペースは「ギャラリー」として
絵画、アート作品を展示する。

この店の2階の喫茶&ギャラリースペースは
私のアトリエの側の国分店で数年、私も
協力してやって来たコンセプト。

今回、ライトも付けて本格的にギャラリー
スペースとなっている。

11月1日(金)から10日(日)まで、私の作品展。
11日(月)から30日(土)程度、私が見ている
パステル・水彩画の紳士淑女の作品展をする。

 営業時間は10時~19時(11日までは9時~)。
「三陸菓匠さいとう盛岡本町通店」
(盛岡市本町通1、TEL 019-625-3110)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「世界はやがて静止する」

「自分」という感覚
「今」という感覚が
強烈に、それは強烈に鮮明に
深く強く確かなものになると
世界はスピードを落とし
やがて静止し、この世界の

私たちは好きなところに行き
好きなことが出来る。

今も未来も過去も
自由自在に出来る。
というより時間は消滅し
私は世界の大きさと
一致する。

私は実は非常にしあわせな
感情で日々生きている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーヒーの美味しい入れ方

Photoコーヒーの入れ方の
基本中の基本を
今日冊子で立ち読みで知った。

まず、豆を挽く。

トリップのペーパーには
お湯をかけないようにして
挽いた豆の中央に
お湯を少しづつ注ぐ。

お湯を注ぎすぎてペーパーの方に
行かないようにする。

お湯はペーパーから落ちず、
必ず豆の間を
通って落ちて行く。

ボトルに溜まるコーヒーは濃く
味も甘みとコクがでる。

濃いのに苦くなく美味しい。

これは、コーヒーを入れる
基本中の基本なのだろうが
初めて知った。

何事も知ること、進化することに
遅いことはない。

知らずに進化せずに死ぬよりは、
早いし、ましだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「人生は、全てが手遅れ?」

「人生は全てが手遅れだ。
 そういう意味で
 いつでも何でもやり直せる。」

という言葉が、私のアイフォンから
昨日、私のPCに送信されていた。

昨日のことなのにボケて来ている。
誰の言葉?
出典は?
何の本、雑誌から?

なるほど、含蓄のある言葉だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言葉をケチるとタチが悪くなる。

自分と接している、共に生きている
周囲のすべての人の良さを言葉にし
評価し、称えよう。

「そこがとすごいね。」
「そういうところが素晴らしい。」
「そういうところが頼りになるね。」
「そういうとかが可愛いいね。」
「そういうところ見習いたいですね。」
などなど

いつでも人を褒められると思ったら
大間違い。

言ってあげれば力になったのに
喜んだのに、元気になったのに
別れたり死んでしまってからでは
仕方がない。

その一言が、一点突破、全面展開で
人生を変えたり、はたまた
人格を変えたりすることもある。

お金がかかるわけでもない。
たとえいくらあなたがケチだとしても
言葉くらいはケチらない方がよい。

人のいいとことろを褒められない
評価できない、賛嘆できない人は
タチが悪くなるので注意しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の日の記念撮影

                夏に作った木工人形のバーコードくんと
                砂時計、クロブタくん、クロクマくんと
                「ニーチェの言葉」等の書籍と記念撮影。

Dscf2490_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「普通の主婦だった私がおじさんで東大に合格した夢をかなえる勉強法」

517zunawktl__bo2204203200_pisitbs_3朝日新聞出版
「普通の主婦だった私がおじさんで
東大に合格した夢をかなえる勉強法」
安政真弓(やすまさまゆみ)著

安政さんは、普通の主婦ではない。
少なくともかっぱえびせんを食べながら
鼻クソいじりながら一日中テレビを見
集まっては誰かの悪口を言って
一日を過ごすようなおばさんでは無い。

受験時代に東大は落ちたものの
京都大学、早稲田大学合格し
早稲田を卒業している。

しかも結婚して出産、子育てと
主婦業を営みながら
イタリア語検定、フランス語検定の
2級、1級と合格している試験のプロ
勉強、努力することのプロだ。

しかし、しかし。
そうだとしても50歳の社会人が
東大合格を実現する受験勉強をやりきる
というのは脅威だ。

この本を買って2ヶ月ばかり本棚に
眠らせて、読もう読もうとと思いつつ
やっと今日、読み始め一気に
読了した。

文章が明快で分かりやすく読みやすい。

東大受験と言う受験勉強のノーハウは
もちろんのこととして、人生における決断
あるいは決断の仕方、さらには

夢を目標に置き換え努力を
具体的に積み重ねていくのノウハウ。
そして自分のモチベーションの維持の仕方
などなど様々な人生において
大変重要なスキルが満載だ。

東大に興味がなくても
受験勉強に興味がなくても
人生をより充実して楽しく
価値的に生きてくための
何かを学ぶには最良の
一書といえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭の下がる友人の写真家K君

高校時代の同級生の写真家K君は
東日本大震災から2年半以上経った今も
住んでいる東京から小さな車でやって来ては
盛岡を時には素通りして被災地、三陸に
様々な支援で足しげに通う。

物資を届けたり、仮設の人たちの作るものを
売るイベントを東京で開催したり
それは、それは、すばらしい。

今日も突然電話が来た。

私が空いていれば
一緒に三陸の山田の商工会議所や
その他、もろもろ周わりたいとのことだったが
この今日、明日、明後日と
びっしり予定が入っていた。

高速を降りて真っ直ぐ私のアトリエで
コーヒーを一杯。

ソルナという写真専門ギャラリーカフェで
虫を撮る写真家の方の展示会をやっていたので
そこでランチを摂り、私は仕事に戻り
彼は三陸山田に向かって車を走らせた。

震災から二年半過ぎ。
変わらぬパワーと愛に驚嘆するばかり。

3・11発生からまもなく
交通もガソリンもままならなかったあの3月中
車に物資を詰め込み東京から
波板、山田を訪れては
涙を滂沱のように流しながら
写真を撮り続けていた人間は
やはり普通じゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石神の丘美術館「ISHIGAMI ART WALK 石神の丘アートウォーク」を観る。

20130823_435909_t この展示会は、岩手にゆかりある
同時代の美術家の作品を
屋外展示場と展示室、
両方で紹介するシリーズ企画で
今年で4回目を迎えるとの事。

今回は、

黒沢 笑子
南舘 麻美子
山本 英冶

の3氏の作品展。

南舘さんの作品は以前に盛岡のギャラリーで
観たが、今回は、大作でより洗練され
インパクトがあり楽しませてもらった。
私も予定がなければ参加したかったが
彼女のワークショップが下記の概要で
開催されるようだ。

興味のある方は、どうぞ。

■ワークショップ
 南舘麻実子 「はがしてつくるメディウム刷り版画」

 10月13日[日] 13:00~15:00 美術館工房棟 
         参加無料 定員10名
 
※参加希望の方は、美術館受付(電話/0195-62-1453)
   に申し込みください南舘麻実子さんが作品制作に
   用いる技法「メディウム剥がし刷り版画」を体験します。
 

◆開館時間
・4-11月:9時~17時
・12-3月:9時~16時
(入館は閉館の30分前迄)

◆休館日
・12-3月:月曜日
(月曜日が祝日の場合その翌日)
・年末年始(12/29~1/3)
※企画展示室は展示替え期間は休室します。

屋外展示 (屋外彫刻散策路やラベンダー園)
一般:100円
大・高生:50円
中学生以下 無料
□屋内展示 (企画展など)

展覧会ごとに料金が異なります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しっかりと映画を観る。「エデンの東」

そこで、仕事しながらでなく
今日はしっかりと映画
「エデンの東」を見た。

私の中ではアランドロンの
「太陽がいっぱい」と並ぶ
位置づけであったが
今日までなぜかきちんと見る機会が
もてないでいた。

あんいょこで、期待はずれのものもある
最近のものより名作、話題作として
残っているしっかりとした古典を観たい
秋の夜長だ。

『エデンの東』(エデンのひがし、East of Eden)は、
1955年公開のアメリカ映画だ。
監督はエリア・カザン。ジョン・スタインベックの
同名小説を脚色したもの。

初主演となったジェームズ・ディーンが、
人気と実力を兼ね備えたスターとしての
地位を不動のものとした作品だ。

しっかりと家族や愛の持つ悲劇性や
当時の時代が書かれた
そしてジェームズ・ディーンの魅力が
遺憾なく発揮されている名作だった。

作品としては
第8回カンヌ国際映画祭劇映画賞を受賞。
作中、ジェームズ・ディーンの母親役を好演した
ジョー・ヴァン・フリートが第28回アカデミー賞
でアカデミー助演女優賞を受賞している。

彼自身は、最優秀主演男優賞にノミネートされ
その年、たて続けに「理由なき反抗」「ジャインアンツ」
主役、準主役を演じ、ジャイアンツの撮影1週間後
自動車事故で24歳で亡くなった。

彗星のような人生、役者だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画とミュージックビデオの勝負

仕事のBGMとしての映画が
どうかなという感じだ。

同時に二つの事をするのが、
なかなか難しい頭になってきた。

仕事の手を休めて
映画を見てしまう確率が
高くなってきた。

それと共に、もうかれこれ3年以上にもわたって
ほぼ、毎日といっていいほど映画観ていると
映画の刺激に慣れて、なかなかインパクトの
ある映画との出会いが少なくなって自分の中で
何がなんでも映画という感じでもなくなって
来ているというところがある。

その分、最近またミュージックビデオに
回帰している。

実際ブルーノの1曲、アデル1曲
テイラー・スウィフトの1曲が
映画1本に充分に勝ち得ていることもあるからだ。

音楽、歌と言うものの力もすごい。
メロディーと歌詞だけでもすごい力を持っている。
演奏がありそのシンガーの歌唱力
パフォーマンス、演技があり
一本のミュージックビデオは一本の映画を
凌駕することも十分ある。

だいたいGyao、Youtube、ニコニコ動画で見ている。
ニコニコ動画は気に入ったものと出会った時
マイリストが作りやすいので最近は
ニコニコ動画で視聴することが多い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

神無月1日

この月、神々は
一所に集まり
ここそこの大地から
神は不在となる。

神不在の大地の人々は
この月を、神無月と呼び
神の集まるその土地では
この月を神在月という。

問題は
神不在の闇の大地だ。

神不在の大地で、人々は
神の監視と評価から開放されて
罰なるなる鎖から解き放たれて
自立の行動システムで
人なるものを維持できるか?

人の中には、また
ケダモノに戻ってしまうものも
いるだろう。

しかし、神不在のゆえに
人なるものの飛躍的の進化を
遂げるものいるだろう。

はたまた、神不在のこの一月のうちに
新たに神に変容進化するもの
神になるものもいるだろうか。

この一月の間に、
この大地には人は減り
ケダモノも神も
数を増す。

そして新たる神は、今世界で最も
デンジャラスで悲惨で不幸な
フクシマに行ってほしい。

1000兆円の国債と
フクシマで今最もこの星で
危険な国日本。

カミサマ集合してくださいな。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »