« お見舞い | トップページ | ブルータスの11月号「ラブソング」 »

この星、一番の悲しい生きものは?

人の苦しみの分類
生きて感じる苦しみの分類法は
たくさんあるだろう。

中でも「生老病死」は
有名で優秀な賢明な
分類の一つだろう。

しかし、それは
苦しみの分類とも言えるが
人生の表現とも言える。

生老病死が誰にも
人生の避けえぬ苦しみであったり
人生の中身、あるいは別称
だとしたら

人がみな
生老病死を生きる生きもの
というのなら

それならば

生きても笑う
老いても笑う
病になっても笑う
死が近づいても笑う
死んでも笑う。

その境地を体得しえなければ

それが出来なければ
人は苦しむためにだけ
生まれてきた
悲しい生きものに
なるではないか。

|

« お見舞い | トップページ | ブルータスの11月号「ラブソング」 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この星、一番の悲しい生きものは?:

« お見舞い | トップページ | ブルータスの11月号「ラブソング」 »