« 私たちは、人にどう一言で片付けれているのだろう。 | トップページ | 巨大な詩 »

日常に出来る旅

ふと思いつけば
幼い頃、住んでいた街を訪ねる。
ちょっと、缶コーヒー一本分
車を走らせれば、あっという間。
自転車で一汗かけば街に入る。

ある日は
68でなくなった父と
今年92になった母が
生まれ育ち出遭った
海辺の街へ車を走らせる。

海を目指して好きなCD3枚分聴き
3時間も走れば、その街に
辿り着く。

そして今日は
高校時代、通いつめてた
公園の小さな図書館に
行って見た。

あの頃の香りがする。
きゅんとした思いもいくつか訪れ
消えていく。

この街の郊外に
夕日のとてもきれいな高台のカフェが
あるのを知っていますか。

あなたの街にもあるでしょう。

初冬の早朝、温かい缶コーヒーを買って
黄金に輝く朝日を見た歩道橋。

私は毎年夏一番
最初に入道雲がやってくる丘を知っている。
アトリエから一山越えたライ麦畑。

金がないから旅ができない、
時間がないからどこにも行けないと言わず
お金も時間もなくても出来る
旅の本質である、あなたの作り出せる
非日常を、まずは堪能しよう。

|

« 私たちは、人にどう一言で片付けれているのだろう。 | トップページ | 巨大な詩 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常に出来る旅:

« 私たちは、人にどう一言で片付けれているのだろう。 | トップページ | 巨大な詩 »