« 本当に大切なもの | トップページ | 人間の一番の愚かさ、悲しさ »

この人生で得るものの正体

それは、全部、自分がこの人生で
人に与えたものである。

「自分がこの生活で、この人生で
 人に与えた総量が、この人生で
 自分が得ることができる総量。」

という法則。

そこには、ほんの誤差もない。
量的にも、質的にも。

この宇宙は、不思議だ。
みごとだ。

人に与えるだけ、人は得ることが出来る。

よくお金を与える人は、どこからか
お金を与えられる。

よく物を与える人は、よく人から
物をもらう。不思議なものだ。

よく微笑む人は、よく微笑まれ
「ありがとう」とよく言う人は
よく「ありがとう」と人に言われる。

人に笑い、安らぎ、しあわせを与える人は
人から笑いと安らぎとしあわせを
どんどんどんどん、つぎつぎ
受け取る。

それは、もちろん、
受け取るためではなく
彼ら、彼女らは
ノープランで衝動的にそう
動かざるを得ない、いつも世界に
アンテナを張ってエネルギーに
満ちてる生きものなのだ。

|

« 本当に大切なもの | トップページ | 人間の一番の愚かさ、悲しさ »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この人生で得るものの正体:

« 本当に大切なもの | トップページ | 人間の一番の愚かさ、悲しさ »