« 「より」よければ、オッケー。 | トップページ | 私たちの組成 »

私たちは誰であるべきか?

本来 人は
自分であることにおいて
誰にも負けないはずだ。

私は私であることにおいて
誰よりも有利で
誰よりも得意で上手で
あるはずだ。

もちろん
あなたもあなたであることにおいては
誰にも負けないはずだ。

ところがどうだろう。

私は私であることが
あなたがあなたであることが
意外と下手ではないか?
中途半端でないか?
中途半端どころか
今だ、この人生で本気の本気で
自分になろうとしたことはなく
その人生は自分になろうとする闘争ではなく
かといって何ものかへの徹した憧れ、決心でもなく
中途半端に何ものかになろうとする
日々ではないか?

これから心を入れ直して
本気でやることは
深く強くさらに力強く
私はもっともっと私であることだ。
あなたがもっともっとあなたであることだ。
ほんとうに自分が生きがいを感じる事
ほんとうに自分が充実して楽しい満ち足りる事をやる。
それが具体的に自分になる方法だ。

この人生を満ち足りたければ
この人生を成功させしあわせなものにしたければ
私たちは深く自分であらねばならない。

|

« 「より」よければ、オッケー。 | トップページ | 私たちの組成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私たちは誰であるべきか?:

« 「より」よければ、オッケー。 | トップページ | 私たちの組成 »