« 筋肉一本無くなった。 | トップページ | 偶然過ぎの合同企画会 »

人生おける受験勉強のたいせつさ

今日は高校受験の日
高校受験はとても人生に大切だ。
私立中受験のない
地方の子たちにとって高校受験は、
人生最初にして最大の
自分の判定を下される時だ。

これをどう乗り切るかで
今後の人生での勝ち癖、負け癖が決まる
とても大切な試合だ。

13歳から15歳という
中学時代に目標設定
それを達成する努力の技術の獲得
モチベーションの維持や不安との
向き合い方などの心のコントロールなど
受験勉強は多くの訓練要素を持っている。
勉強内容や知識は、大人になって
忘れるが、その戦い方の修得は
一生の財産だ。

その意味で勉強した子の方が
本当の意味で自分を育てられる
創る事ができ個性的なのだ。

中学時代は、めちゃくちゃ体を鍛え
めちゃくちゃ勉強した方がいい。

|

« 筋肉一本無くなった。 | トップページ | 偶然過ぎの合同企画会 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生おける受験勉強のたいせつさ:

« 筋肉一本無くなった。 | トップページ | 偶然過ぎの合同企画会 »