« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

今日もまた楽しい人体実験

私は自分がどんな人間か?
解っている量に対して言うならば
ほとんど解っていないと言ってよい。
ゼロに近いと言える。
まったく自分を解っていない。

いろんなことを思い考え
そのことで発生する行動を通してとか
ある状況に自分を追い込んだり、追い込まれたりして
一つ一つ解ったり、「こんな人間かな?」と
予想したりする。

しかし、私が私を投入したり追い込んだ状況、体験、経験は
限りない選択と可能性に比べてあまりにも少ない。

そういう意味では、私の私による人体実験は
まだまだ限りなくあり可能性に満ちており
まだ見ぬ、まだ知らぬ自分と出会える楽しみは
この体いっぱい、この人生いっぱい
満ち満ち溢れている。

さ、今日も、明日も
今からも楽しい人体実験を始めよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私がこの人生で、この日々で、やろうとしていること、していること。

私が結局やろうとしていることは

「どれだけ、この自分という生き物、存在を
 楽しく生きさせる、存在させることが出来るか?」

という、人体実験、挑戦なんだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入道雲、青空。義兄の御霊、合掌。

Yjimage2n934j2h二人して

歌など作って

川辺の小径

啄木のこと

賢治のことども

      合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピカソから学ぶ絵の描き方や生き方

Pablopicasso400
描きたいものが、あったら
描きたいイメージやインスピレーションが
あったら、一期一会。
その時に描こう!

ピカソ先生は言う。

Only put off until tomorrow what you are willing
to die having left undone.

明日に延ばしてもいいのは、
やり残して死んでもかまわないことだけだ。

今日描かない絵は、描かなくてもいい絵だということですね。
確かに、あの時、描かず、この世に誕生しなかった絵が無数にあります。

ピカソ先生は、盗みの天才。
堂々と自分は盗人であり、偉大だと言っている。

Good artists copy, great artists steal.
優秀な芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む。

盗むということは、自分が魅力を感じるものを
自分の感性と技術、自分の心と身体に溶かし込んで
自分のもの、自分自身とすることだ。

また、こうも言っている。
Every act of creation is first an act of destruction.
いかなる創造活動も、はじめは破壊活動だ。

かと言って、無闇やたらに壊すことが創造ではない。
自分の妥協することのない五感、六感、直観で
「最高!」というまで、それに向かって
壊すことであって、破壊のための破壊でも
破壊脅迫観念の病になる必要もない。

いずれ、ピカソ先生は創作と人生の根本理念として

He can who thinks he can, and he can’t who thinks he can’t
できると思えばできる、できないと思えばできない。

と言っている。

ただ、私は、言い回しの順序は心理学上、変えて頭に入れておこう。

he can’t who thinks he can’t, and He can who thinks he can。
できないと思えばできない、できると思えばできる。

と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニーチェがそういうなら、私はこう言おう!

「過去が現在に影響を与えるように、未来も現在に影響を与える。」

とニーチェが言う。

ならば、私は

「現在は自在に未来を創るように、過去も自在に創る。」

さらに

「この宇宙で『今』というこの瞬間以上に
 神秘に満ちているものはないだろう。」

と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小原好信さん写真展。ドライブ中毒。

P7260013
わぉー。カレンダーのメモを見たら
友人の小原好信さんの写真展今日まで。
気づいて良かった。

__さっそく沼宮内、石神の丘美術館まで
ひとっ走りの1時間。

うわぁ―!

駐車場、満杯、行列。

しばらくしてぐっとタイミングで駐車。

北海道の素晴しい風景、感動!

__tghgfdsegf_2数十年間の使ってきたカメラも
ロビーのガラスケースに。

一つのことを一筋にやって来た尊い
一つの人生、物語をそこに感じた。

最終日と言うこともあり当人とも話せたし
迷わず衝動的にすぐ来てよかった。

昨日は仙台。今日は沼宮内と
さほどどちらも遠くはないが
ドライブハイ、ナチュラルハイで
ドライブ中毒になりそう。
旅から旅への人生に取りつかれた人の気持ちが
ほんのちょっと走りながら想像できた気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台1泊旅行。世界屈指の贅沢な目覚まし時計。

今日は仙台。
作品展の搬入。
午後1時から。

午前の早くから行って
時間までショッピンか
茶店でブログ書きとか
しようかと思ったが
早い時間は悪天候。
午後になるにつれて回復ということで
遅めに出発。

今日は、ハスラー車中泊
初体験の予定なので
搬入を終えた後、十分、夜の時間があるので
午前に考えていた予定は夜に。

搬入は、遠路はるばる
神奈川、埼玉から来た同級生二人と
仙台の会場ギャラリーのオーナーと山形から一人
盛岡から二人の合計6人で。
おしゃべりばかりなかなか
始まらず、2時間遅れで3時くらいから
重い腰を上げてちんたら、和気あいと。
でも、普段から、高校や大学で教師をし
展示会や自分の個展などでなれているので
始まったら17人29点の作品の展示は
2時間かからず終了。

最終日に企画のコンサートメンバーへ差し入れ。

P7250001用事のないメンバーだけで
牛タン定食を食べ、レコードかける
渋いジャズ喫茶でコーヒーを飲み解散。

アーケード街で少々買い物
横丁みたいなところを

うろうろして、仙台の夜を味わったので
睡魔が襲う前に車中泊場所へ移動。
場所に意味はなく、ハスラーに一泊寝ることに



意味があったので、面倒なので高速に入り
どこかのSAで休むことにした。

長者ヶ原で、最初のダウン。
10時過ぎから2時間ほど寝たかな?
このまま帰っちゃおうかなと思った盛岡まで
あと30分と言う志和インターでダウン。
前日朝6時まで仕事し、1時間半だけ仮眠を
とってというほとんど寝てない状態なので
ここまで来たらと行っちゃえと
無理はしない。

朝4時半。

サービスエリアの木立や周辺の森からの
ものすごい蝉の声で目覚める。

P7250004_3なんて贅沢な目覚まし時計だ。

旅気分、満喫!

結構、車中泊ポイ車もたくさんある。

空気もヒンヤリ気持ち良い。
これはまずい。

用もなく夜、車を走らせ
森だ、河畔だ、SAに向かい
車中泊。朝焼けと虫、鳥の声で
目を覚ます。クセになりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーヒーの飲み方、甘みと苦み。

Yjimageコーヒーを飲む時は
自分が愛した人たち
愛してくれた人たち
愛してくれている人たちを
思いながら飲むとよい。

一人一人思い出しながら
コーヒーはちびりちびりと飲む。

すると感謝の思いだけでなく
思いもよらず、自分の鈍感さ、薄情さ
ずるさ、だらしなさなんかにも
思い至るかもしれない。

それはそれで反省として自戒として
自分の今後に、未来に活かそう。

また

憎んでしまった人
怒ってしまった人
ケンカしてしまった人
そんな一人一人を
思いだしながら
飲むのも良い。

あんな怒る必要もなかったとか
なぜあんなに怒ってしまったのだろうかと
あそこまで憎むことも、嫌うこと
避けることもなかったと
そういう気持ちでいっぱいになって
ちょっと切なく悲しくなることも
あるかもしれない。

それも、それはそれでやはり
自分のこれから、未来に活かすしかない。

でも、今後は少し心に留めておいてもいいだろう。

簡単には怒らないことだ。
好きにならなくても
理解はしてあげることには
自分の全人格的能力をかけて
その時々、努力してみることだ。

一番仲のいい人
一番分かり合える存在
一番頼りにし信頼していた人間
そういう人であったが故
ついつい自分でもセーブできない
怒りが込み上げてしまったかもしれない。
そういう人を失うことは悲しいことです。

でも、仲直り出来たり
また一緒にやっていけるのなら
そして自分がそういうチャンスを望み
そういうチャンスがあるのなら
それはそれで勇気をもって
やってみるのもいいだろう。

そのままで、いいなら
それもいいだろう。

ちょっとコーヒーは苦いかもしれないが
その苦さに甘んじるのも人生。

でも、それもこれも誰のせいでなく
この自分が作った自分の人生、物語。
書き換えるのも、やはり、この自分だ。
この自分は、自分の物語に限っては
自由に書き換えることができる。

自由に書き換えることが出来ると言うならば
物語は出来るだけ美しく楽しく
愉快で明るい方がいいに
決まっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あたりまえのことは何もない。人生は「ありがとう」のロックだぜ!!

今あること
今できていること
毎日のこの仕事

おはようって始まる
いつもの生活、いつもの仕事、この一日。

今共に生きている人
今一緒に頑張っている人

そういうの
あたりまえのことだろうか

今悩んだり、悪戦苦闘
していることでさえ
実は、ほんとは
楽しいんじゃないか?
やがて懐かしい、やがて楽しい
やがて頑張ってたあの日、あの頃と
ステキな日々、誇りの日々に
なるのではないか。

あと何度、愛しいこの人生劇場の人々と
春が来て、何度桜を見れるだろう。
そんな中で、生きていることを
考えると

永遠に愛しい人、愛しい人たちと
一緒にいれるわけではないのだということを
思い出すと考えると

あたりまえのことなんて
ないんじゃないだろうか。

有り難いこと
「ありがとう」なんではないか。
「ありがとう」だけなんじゃなか。
この人生は。

海に行こう。
山に行こう。
行きたいところがあったら行こう。
食べたいものがあったら
食べよう。

したいことがあったらしよう。

そして、何より、そんなことより
どんなことより

免許や通帳や財布や携帯をどっかに忘れちゃって
そりゃ、たまらなく死にたいくらい
暗くなるけど、でも何を忘れも
ありがとう、ありがとうとだけは
忘れないで、言いそびれないで
照れないで、いつかじゃなくて
明日じゃなく、今日、今、たった今。
脈絡もタイミングもストリーもなくたって
完璧じゃなくたって、感動的じゃなくたって
言いそびれちゃった「ありがとう」より
この世に、悲惨なもの、悲しいせつないものは
無いからね。

「ありがとう」というべき人に
ありがとうを、届けよう。

自分の足で、自分の口で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あきらめる」べきか?何もしてないうちに。

Anzaiあきらめた時に
すべては終わる。

人は十分に努力を
せずにあきらめる。

実は努力をしている人は
あきらめるという事はしない。

あきらめるのは
努力をしていない人ばかりだ。

だから、だいたいの人
だいたいの人生は

まったく何の努力もせず
あきらめてばかりの人生か
少しばかりの努力をして
あきらめてばかりの人生だ。

あなたの場合は、どうだろう?

あなたの一番の夢に対して
なぜか二番目、三番目でなく
あなたは、本気の計画
十分な行動、努力をしたことのある
努力をしている人だろうか。

人の心配より、私の場合
どうだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨大な謎「2011・3・11東日本大震災」

Img7262042590001_4


東日本大震災は古い話題
執拗に話題にすると変なこだわり
へんな思想のあるように思う人も
いるかもしれない。
もう忘れてもいい
忘れた方がいいことなのだろうか?

いいや、東日本大震災を
甘く見てはならないだろう。

被災地の
その心の空虚と絶望、悲痛さが
年を重ねるごとに弱まるどころか
強まっている被災した人々の
心の悲惨さ故でもなく

今だ、遅々として進まなぬ復興
いやもはや、戻らぬ街
これからも遅々として進まぬ復興
故にではなく

考えることを仕事にするもの
ミッションと自覚す者たちは
今だ、答えを出していない
そして出さねばならない
重大な未解決事件が
1000年に一度の2011・3・11
東日本大震災なのだ。

東日本大震災は、今だ未解明の謎があるのだ。

その事件の謎の解決は簡単ではない。

「良い生き方の人、悪い生き方の人
 その他、様々な生き方の人
 その生き方に関係なく
 襲う因果の断絶した突然な死や不幸」を

どう考え、いかなる論理と理屈で
収めるか?

命の最後の有り方と
それまでの来し方、人生の関係、無関係を
見事に包含する、説明しきる、
まだこの星に誕生していない、
誰も今だ語っていない
その理屈を誰かが産み出し
発見し組立て、語らねばならないのだ。

昨日、八重洲ブックセンターで買った2冊の本を
今日から、ここ数日のうちに読もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京のギャラリーで会場当番。東京駅八重洲口周辺ブラ。

Img7260941220001今日は東京。

「震災で消えた小さな命展の作家たち」展
の出品者分担の会場当番。

12:00から15:00までの3時間。

東京駅八重洲駅で降りて
ギャラリーを探す。
ちょっと時間があったので
途中のマックカフェに入り
パソコンも持ってきたので一仕事。

カウンターの女の子は
みな日本語を話せる外国人の女の子。
2階に上がったが、店内のデザインが
テーブルの配置が素敵だった。
仕事はかどる。

マックを出てギャラリーへ。
滴る汗。熱い。
今、東京は35度前後だろう。

ちょっと苦労して見つける。

お客の居ない時に
オーナーと、同じく当番の
ギター弾き兼現代アートの作家の方と
いろいろ東京のギャラリー事情
ギャラリー経営について話す。
オーナーは宮城出身、今年から
オープンの出来立てのギャラリー。

いろいろ盛岡で急用が入り
泊まるのは愚か、早めに
帰らねばならない。

京橋から電通通り歩いて15分、20分
銀座のギャラリーや松屋、三越など
見て回ろうかと思ったが
いつものパターンより
数時間しかないから
ここ京橋、八重洲付近を
ぶらぶらしよう。

八重洲ブックセンターに行こう。

という事で、夕飯を店内カフェでパスタ。
あとは時間の許す限り、店内で書籍や
文具などなどを観て過ごす。

Img7261018460001


銀座をへとへとなって帰るより
いい選択をした。

いい本とも出会えた。

友人の写真家に
植田正治の小さな写真文集を
衝動買い。確か以前、植田正治が
好きと言っていた気がする。

900円のパスタと400円のアイスコーヒーを
頼んだのにセット料金なのかレジ1000円で
千円札一枚で済んだのも期待もしていなかった分、気持ち良かった。
また、ここには来たいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素晴しい一族と、素晴しいパーティー

アトリエに通うメンバーのさっチャンの
おじいちゃんとその兄弟の油彩の4人展を
アイーナで開催中。

おじいちゃんは96歳。
今度は100歳になった時、また、展示会を
したいと、立派なあいさつもあった。
素晴しい!すごい!
今日は、その展示会の最終日前日での
祝賀パーティー。

日本国中、そして海外からも
友人が集まり賑やかでバリエーションに富み
楽しいパーティーだった。

さっチャンのお母さんは声楽家。
張りと栄えのある美しい声。
さっチャンも音大に進み声楽をやり
卒業後2年カナダに住み、
日本に帰ってきて今、私のアトリエで
絵を描いている。

親族有志で歌う「菫の花咲く頃」

イタリアから駆け付けた友人夫婦の
13歳の女の子のショパンのピアノ演奏は
圧巻だった。感動。

さっチャンが、2年間のカナダ留学中に
出会ったインド人のフィアンセのインドの愛の歌の
ギターの弾き語りもなかなか良かった。

イタリアから駆け付けたご夫婦は
昨年、私の友人の写真家、宍戸清孝さんの
戦後70年の日系2世からなる軍隊の
イタリアでの戦跡撮影の案内役を
お願いしたご夫婦。

テレ朝の「こんなところにも日本人」
にも取り上げられ放映され、ご主人は
イタリアの大学で天文学を
教え研究している。

奥様がずっと隣だったので
昨年の撮影の時の様子などいろいろ聞けて
楽しかった。彼女もピアノを弾き、歌えて
文章を書き本を出しのなかなかの
メガネの似合う才女だ。

いずれ実に知性と国際性の溢れた
そして楽しいパーティーだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦しい苦しい絵が仕上がった。

もう何か月前から
取り組んでいる絵がある。
新築祝いで頼まれた絵だ。
条件は私が描いたものなら
なんでもいいという
条件にもならない条件。

もちろん、普段手を抜いて描いている
わけではないけど、一番手を抜けない
条件でもある。

ということで、これで行こう
行けると言うアイデアが湧いて
それでそれなりに穏やかに
筆を置き色を重ねて
平和に過ごしていたのだが
いよいよ引き渡し数日前になって
雲行きがおかしくなった。
予感的中。
やがて嵐がやってきた。

今一つ、何かが足りない。
今一つ、何かが違う。

ここちがう、ここちがうと潰しているうち
結局、画面全部を潰すことに。

そしてまた描き始めいよいよ
8割、9割、完成間近、佳境に
入らんとするが、何かが違う。
塗りつぶすごと、二度、三度
何かが違うと三度、四度。

もう絵は描きたくない。
もう絵は描けない。
もう絵は描かない。
文章だけにしよう、絵とはさよならの時なのだ。
などと、泣きべそかきながら
夜通し描き続け、朝焼けが
訪れたその時だ。

絵の神様が、降りてきたのだ。

泣きながら塗りつした
何度も重ねた下地材や絵の具によって
出来たマチエルのそのでこぼこに
大きな顔、大きな眼差しが見えたのだ。
そしてまもなく画面全体、一枚の絵が見えた。
それから数時間、私が描いているのか
誰かに描かされているのか筆が自然と動き
満ち足りた時間が流れて行った。
その数時間の間に絵を描くこと20年、30年
積み重ね身に着けたすべて技術、感性
がそこに現れたようにも感じた。

これだから、絵を描くことは
辞められない。私はMか。
でも、本当にもう絵は描けない、描きたくない
描かないと本気で思っていたのだ。

2001年。初めて全国版、NHK出版の世界的な
ベストセラー「世界のたね」の表紙をかいた時の
苦しさ悪戦苦闘以来のものだった。

自分しか頼りにならない。
頼れない世界、作業が絵を描くこと
創作することだ。

たとえ、ゴールも完成も見えなくても
「違う、何かが違う。」という事だけは
わかる。それを信じて、それだけは信じて
それだけは大切にして、見えてくるまで
自分を信じて、一生懸命やっていれば
必ず絵の神様はやってくる。

絵の神様は、宇宙のどこからかやって来るのか?
宇宙の138億円の歴史を秘めた私の中の
どこからかやって来るのか。

ま、どこに住んでいようと構わない。
大切なのは、呼び方、会い方が解って
いればよい。

やっぱり私は、絵を描く人間
おそらくきっと描いた方がいい人間なんだと
思う。

さあ、絵を描こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こわい話、解読法。

「性格は顔に出る。
 生活は体型に出る。
 本音は仕草に出る。」

というコトバと出会う。

つまり顔で性格が分かる。
体型で生活が分かる。
仕草で本音が分かる。

さて、どんな顔がいい顔か?
どんな体型があるべき生活のものか?
どのような仕草にどのような本音や感情が
隠されているのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌い、よく働き

今日は大きな用事が二つあった。

一つは、20数年に渡って
絵の制作を見守ってきたご婦人の
70歳の誕生パーティー。

花屋でひまわりを探したが
生きの良いのが探せなくて
愛嬌で水をかけて育てる
植物をプレゼントに。

ご自宅にピアノがあるのを知っていたので
花の代わりに「花  すべての人の心に花を」と
オリジナル曲の計2曲の弾き語りをプレゼント。

御主人の他、友人5、6名が集まっていたが
涙を流す人もあり。

オリジナル曲「ねぇ、この指とまれ」
の4番の歌詞が琴線に触れたよう。

ーねぇ みんな歌おう
 出逢ったこの不思議さを
 何度も何度も
 生まれ変わっても
 いっしょに笑おう 
 がんばろうー

もう一つ。
夕方からは、大きな絵画展の搬入展示作業。
アトリエに通うメンバーのおじいちゃんと
その兄弟との兄弟4人展。
アイーナ5階の大ギャラリー。
大きな脚立にのり、照明を取り付け
ワイヤーを張ること、何度乗り降りしたことか
腰に来た。

久しぶりに運動会が終わって
足の裏も居たくてへとへとになった
小学校時代の疲労を思い出した。

へとへとになったが
心地よい疲労。
よい一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個性的なインテリアのデザイン画の描き方

午前中
インテリアデザインの仕事をしている友人が
客に提案するインテリアのデザインのデザイン画を
定規でカキカキでなくもっと味のある
ラフな個性的な絵にしたいと相談を受け
アドバイス。

ネット環境の凄いところは
すぐにどんなジャンルでも
世界最高水準の物を見ることが
出来るということ。

まずは、ネット。さらに書籍、雑誌で
自分がシビレル、自分が憧れる
タッチ、作品、仕事を収集すること。

後は、分析し模写し修得し
自分の感性と融合させて
自分のものとすること。

全てにおいて通じる方法だ。

およそ、古今東西、芸術的な
修行は模写だ。

模写は、最大最高の無駄のない効率的な
修練、修行法だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日一日

今日は9:30に私のアトリエで
出版関係の友人とモーニングコーヒー。
ネット配信の音楽や雑誌の定額配信のことや
何やらと話し込む。

豆はスタバーのエスプレッソ。

11:00ジムにて水泳。
300メートル水中駆け足。
クロール150メートル
平泳ぎ150メートル。
水泳は全身運動。全身の毛細血管が開くのか
血圧がスゴイ。
下が80程度、最高血圧が120程度。
びっくり。

東京銀座でのグループ展出品作2点を梱包宅配。
その後は、今日は一日中絵を描く。

新築祝いに頼まれた絵と
仙台でのこれまたグループ展出品の
作品制作。

特にM8の縦長の作品に悪戦苦闘。
自分を信じ自分で今一違うなと感じる
その感性を頼りに妥協せずに完成させた。
それにしても久々の悪戦苦闘。
がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気分転換

今日は、久々に弟と絵を見て
ランチした。

共通の友人の杉本みゆきさんの
啄木・賢治館の2階展示ぎおゃラリーでの
観て気持ちのいい作品展と、
私の教え子の木村あさぎちゃんの
一生懸命描きこんだ力作ぞろいの
六分儀での個展を観た。

東家系列のカフェレストラン九十九草。
大場富雄さんのステキな作品がいっぱい
飾られた店ランチを食べる。
雑穀米がうまかった。

さあ、気を取り直して絵を描こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴン桜を進める今日この頃

今日は大学受験の相談を受けた。
母親と高3生の当人と二者面談。

とは言え、母親は早々別席で
読書し息子さんと二者面談。

直近の全国模試のデータを
資料に対策を。

5科7科目のまずはセンター対策。

得意、不得意の教科それぞれに
それぞれの対策を状況を聞きながら
アドバイス。

漫画「ドラゴン桜」全21巻は多いので
センター対策に絞ってまとめた全1巻が
あるのでそれを貸した。

先々週、千葉の所に泊まった時も
甥っ子が千葉大受験浪人中ということで
この本を買えとちょっと色をつけて
お小遣いをあげてきた。

ドラゴン桜は、受験テクニックや
受験の考え方だけでなく
語るエリアが広く、自己変革や
目標達成など人生全般にためになる
良書、良漫画である。

是非全21巻読書のお勧め。
TUTAYAで借りることもできます。

『ドラゴン桜』(ドラゴンざくら)
三田紀房による日本の漫画作品。
2003年から2007年まで、講談社の漫画雑誌
『モーニング』にて連載された。
単行本は全21巻、話数は全194話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「今日という日は、残りの人生の最初の日である。」のルーツ

Today is the first day of the rest of your life.

この名言は、名言中の名言の一つと思っていたが
今日、ネットサーフをしていてそのルーツ、発言者を発見。

チャールズ・ディードリッヒという
米国の薬物中毒患者救済機関の設立者 (1913~1997)
だった。

今日と言う日を、これほど新鮮にし
エネルギーを与える言葉はないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生物、人間、男、女の強さ

人間の強さは
泣かないこと、ふるえないこと、びびらないことでなく
泣きながらでも、ふるえながらでも、びびりながらでも
前を向いて今できる最善の行動をし続けること。

生物の強さは、変化できること。

変化できるものが、生き残る。

変化できるそのことは、生物である人間にとっても
やはり強さである。

女の強さは責めない、追い込まないこと
そして、悠々としていること。
周囲に安らぎと安心を与える存在であること。

男の強さは、めったな事では怒らないこと
いつも笑みを湛えて朗らかであること。
周囲に気を使わせない存在であること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本番に強い体質作り

まず、変えられない過去の事実に
苦しまない。

変えられることは、変える。
変えられないことは
その反省を、その事での教訓を
未来に活かす。

未来にも苦しめられないこと。
つまり、何もかも最悪のことを考え
不安で心のバランスを崩し
心を壊さないこと。

最悪の事態の可能性があるなら
未然に防ぐ対処か、傷口を最小限に
する対処、工夫、準備はする。
何もせずに不安を不安のままで
拡大させない。

人間は生きている間
数えきれないほどの不安に
苦しむが

そして無闇に不安に支配され
もんもんとしないこと。

人のいいところ、物事のプラス面を
見るように感じられるように
心がける。

すぐ怒らず、興奮せず無闇に喧嘩せず
に生活するよう心がける。

意地悪しない。

人がどう見るかでなく
自分の実感、自分の充実としあわせを
第一に考える。

本番に強くなることと
あまり関係ないような気もするが
こうして暮らすことは
本番に強い体質改善には必要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東の葬儀

代々の菩提寺の和尚さんでの
葬儀。

宗派によっていろいろだが
真言宗のお経、葬儀の長いこと
1時間くらい。

東北では
お通夜→火葬→告別式

関東では
お通夜→告別式→火葬
の順序。

火葬、骨を拾って本当に最後にする方が
気持ち的に、あきらめがつく区切りになるって
感じがした。

それと命は絶えたいえ、弔辞や弔電
遺族家族の友人たちの言葉も
身体がある時に聞かせたいという人情、心情にも
自然な感じがし、関東の葬儀の流れの方が
私にはいいように感じられた。

チベット仏教では49日まで
魂はその辺をうろうろしているらしい。

どうか、残された姉や一人っ子の姪がしあわせに
暮らしていけるよう見守ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0本番に強い私

昔から私は本番に強い。

努力が報われず、ということはなく
努力以上の幸運にいつも助けられて来た。

今日も、目覚めて
お小水を出して
しばらくして
深呼吸して血圧測定。

バッチり、正常。
下が高い時、110~120
上が高い時、160~180
と言う日が続いていたのだが
ピタリと下90台、上が130台と
正常値。

風邪よりも実は、いろいろ
ハードになりそうな日程と内容が予想され
血圧の方が心配で、義兄に引っ張られないか
心配していた。

いずれ、本番が強い。

咳も出るし鼻水も出るが
ここ4、5日戦っていた
風邪の具合悪さが完全に消えた。

無事、新幹線にて盛岡出発。

何度も見て来た、風景だけど、
美しい大きな河の流れる
この東北の大地の豊穣さと美しさを
なぜか今日は強烈に鮮度高く感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一日で風邪を治す

葬儀日程が決まった。
8日水曜日。

7日出発。

今日一日で風邪を治し
明日出発できるようにしたい。

風邪をひくと血圧が
高くなるというし
サウナに入って汗かいて
水分不足のせいか
ダブル原因で
血圧が高い。

風邪も血圧も心配。

神奈川の医療系の兄と話したら
運動、サウナで汗を出すのは
風邪のこの状態にはだめらしい。

水分補給し、寝て汗出して
明日朝まで治す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青い空、大きな蝶を探す。


Img_0028j義兄の葬儀には

姉も心配だし是非、行きたいが

風邪がしんどい。

鼻水、咳、頭痛。

葬儀が、二三日後から始まれば

何とかいけるかもしれない。

千葉県香取市。水郷の町、佐原。

暑い毎日。それにもして急だった。

今は自由の身になって

本当にこの星を自由に飛び

回っているかもしれない。

青い空を見上げる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さあ、どうぞ、自由に飛び回ってください。合掌。

Yjimagejpgghtyj今日、姉の旦那が昼の1時
脳出血でなくなった。
64歳だった。

短歌を作る人だった。
その義兄の歌に好きなのがある。
その歌に水彩の絵を添えて
あげたことがある。
気まぐれな思いつきの誕生ブレゼントだったろうか?
それとも、歌集出版のお祝いだったろうか。

蝶を見て、遠きベトナムかどこかアジアの国に
思いを馳せる美しい歌だった。

美しい大きな蝶になって
美しい平和で安らかな所へ
飛んで行ってください。

長きにわたって
姉のお世話を戴き
ありがとうございました。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復習としての三つの質問。

たとえ、百億積まれても
手放したくない人が
いますか?

たとえ百億積まれても
その人と出会わなかった人生
受け入れられません!って
言い切れる人はいますか?

たとえ、百億積まれても
失いたくない思い出や
あなたの人生のヒストリーが
ありますか?

すべてにYesのあなたは
しあわせな人ですね。
いい人生を生きて来たのですね。
いい人生を生きているのですね。

復習として

百億積まれても手放したくない
失いたくない、人、思い出、
ヒストリーを持っている人を
億万長者と言うのであって、
銀行に百億貯金がある人ばかりを
言うのではありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日、自分の脳の血管をじっくり見て来ました。

自分で車の後ろのドアを閉じて、自分のおでこをかき切って
脳神経外科に通っている。

亡くなった親父の家系が、くも膜下出血なので、そのこと
を言ったらMRAを撮ってみようという事になり本日予約日。

ガッーと体ごと機械の中に入れられたが、間もなく眠って
いたようで、30分くらいと言うのがあっと言う間だった。

木の根っこのような脳の血管を立体画像でぐるぐる見たが
くも膜下出血となりそうなこぶもなく、血管も動脈硬化の
ないなんの心配もいらない立派な血管だとのこと。

よかった、よかった、めでたし、めでたし。

親、兄弟、一族にくも膜下出血になった方は、一度、MRA
をやられた方が安心、お勧めします。

頭部MRA(磁気共鳴血管造影)

Mra_head_2磁気共鳴という物理現象を応用して体内の水素原子核から
の信号をとらえ、頭部の断面を画像化する検査法を頭部MRI
(磁気共鳴画像診断)といいます。
この原理を利用して、頭部の血管の様子を詳しく立体画像
化するのが、頭部MRA(磁気共鳴血管造影)です。コンピュ
ータグラフィックの進歩により、画面上で方向を変えて三
次元に画像を表示することが出来ます。脳ドックでは、く
も膜下出血の原因となる脳動脈瘤のスクリーニング(ふる
いわけ)検査として行われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

You and I Both

Yjimage大好きな歌の歌手とタイトルを

今日偶然知った。

Jason Mrazの「 You and I Both」という歌だった。

キュンーと切なく、また居心地がよく

生きてることと、この世界に愛が湧いてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »