« コーヒーの飲み方、甘みと苦み。 | トップページ | 小原好信さん写真展。ドライブ中毒。 »

仙台1泊旅行。世界屈指の贅沢な目覚まし時計。

今日は仙台。
作品展の搬入。
午後1時から。

午前の早くから行って
時間までショッピンか
茶店でブログ書きとか
しようかと思ったが
早い時間は悪天候。
午後になるにつれて回復ということで
遅めに出発。

今日は、ハスラー車中泊
初体験の予定なので
搬入を終えた後、十分、夜の時間があるので
午前に考えていた予定は夜に。

搬入は、遠路はるばる
神奈川、埼玉から来た同級生二人と
仙台の会場ギャラリーのオーナーと山形から一人
盛岡から二人の合計6人で。
おしゃべりばかりなかなか
始まらず、2時間遅れで3時くらいから
重い腰を上げてちんたら、和気あいと。
でも、普段から、高校や大学で教師をし
展示会や自分の個展などでなれているので
始まったら17人29点の作品の展示は
2時間かからず終了。

最終日に企画のコンサートメンバーへ差し入れ。

P7250001用事のないメンバーだけで
牛タン定食を食べ、レコードかける
渋いジャズ喫茶でコーヒーを飲み解散。

アーケード街で少々買い物
横丁みたいなところを

うろうろして、仙台の夜を味わったので
睡魔が襲う前に車中泊場所へ移動。
場所に意味はなく、ハスラーに一泊寝ることに



意味があったので、面倒なので高速に入り
どこかのSAで休むことにした。

長者ヶ原で、最初のダウン。
10時過ぎから2時間ほど寝たかな?
このまま帰っちゃおうかなと思った盛岡まで
あと30分と言う志和インターでダウン。
前日朝6時まで仕事し、1時間半だけ仮眠を
とってというほとんど寝てない状態なので
ここまで来たらと行っちゃえと
無理はしない。

朝4時半。

サービスエリアの木立や周辺の森からの
ものすごい蝉の声で目覚める。

P7250004_3なんて贅沢な目覚まし時計だ。

旅気分、満喫!

結構、車中泊ポイ車もたくさんある。

空気もヒンヤリ気持ち良い。
これはまずい。

用もなく夜、車を走らせ
森だ、河畔だ、SAに向かい
車中泊。朝焼けと虫、鳥の声で
目を覚ます。クセになりそうだ。

|

« コーヒーの飲み方、甘みと苦み。 | トップページ | 小原好信さん写真展。ドライブ中毒。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙台1泊旅行。世界屈指の贅沢な目覚まし時計。:

« コーヒーの飲み方、甘みと苦み。 | トップページ | 小原好信さん写真展。ドライブ中毒。 »