« 70年前の年8月6日 | トップページ | この世の至上の宝物 »

ドラえもんと人間の比較

Cfk2z5rc泣かないで
くじけないで
あきらめないで。

キミが泣くと
崩れちゃうよ
日本中の子どもが

大人だって、ボクだって
キミの涙には弱いし
困惑してしまう。

タケコプターで空を飛び
どこでもドアを持ち
ポケットから
なんでも出せるキミが
泣いていたら
ボクら人類は
どうしたらいいんだい。

キミを目指して
ボクらも
ボクらの科学も
頑張ってるんだからさ。

キミが涙を流していることは
科学も無力なものなんだね。

そうか?

キミが涙しているのは
「サヨナラ」だね。

そうなんだ。
ドラえもん。

「サヨナラ」だけは
その悲しみだけは
この人生で厄介なものなんだ。

でも人間はたくさんのサヨナラの
中で頑張って生きてるんだよ。

一つ一つのサヨナラに
その時々、歯を食いしばり
こっそり泣き腫らしてね。

サヨナラだけは
頑張りも予定も計画も立てられなくて
この人生で、突然やって来るもんなんだ。

サヨナラのない世界は
未来にあるのかい。
悲しみの存在しない世界が
この宇宙のどこかに
完成しているのかい。

でも、ドラえもん。

人間はね、ボクらは
タケコプターもどこでもドアも
なんでも出せる4次元ポケットも
何も持っていないけど
人間はその生き方で
愛する人とのサヨナラを
「りっぱなサヨナラ」
「悲しみの少ない、あるいはないサヨナラ」
「しあわせなサヨナラ」
「すばらしいサヨナラ」
「いっぱい愛を注いでのサヨナラ」
いろんなサヨナラを人間はつくることが
出来るんだよ。

ドラちゃん、今度、どら焼き食いながら
お茶しよう。

|

« 70年前の年8月6日 | トップページ | この世の至上の宝物 »

コメント

感動して、泣いてしまいました。
また訪れます!

投稿: マル | 2015年8月10日 (月) 09時22分

マルさん

ありがとうございます。
人生には次々、予想もしていない
素晴らしい新しい出会いもあります。
まずは、このことを付け加えておきますね。

それでもでもサヨナラがさけられないのなものなら
そしてニーチェの言うように悲しみの正体が後悔なら
「悔いのないサヨナラ」作り
それは
「悲しみのない、少ないサヨナラ」作りともなり
「誇りに満ちたサヨナラ」作りでもあります。
「行く人にも見送る人にもありがとうの溢れたサヨナラ」作りを
そして「幸せなサヨナラ」作りを
自分のこの毎日の行動で生き方で
少しずつ構築したいものです。

投稿: nakamuara | 2015年8月10日 (月) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラえもんと人間の比較:

« 70年前の年8月6日 | トップページ | この世の至上の宝物 »