« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

一番いけない思い

一番いけないのは
じぶんなんかだめだと思いこむことだよ。
のび太(ドラえもん7巻)

確かにのび太の言うことは正しい。

自分なんかだめだという思いがあると
何もは始められないし、
何も完成、完遂させられない。

行動できない
努力を重ね継続することがことができない。

それ所以、この感情、この思いは
嫌な副作用を様々もたらす。

自分を向上させず、人を自分の所か、それ以下の所に
引き下ろすことで相対的自分を高めると言うか
自分の位置を保とうとする。

嫉妬深く批判ぽくなって行く。

行動することはせず
出来ない理由、行動しない理由ばかりを考え
怠け者の気持ちの悪いテレビにも出られない
キミの人生だけの評論家になってしまう。

人生はどうしてこんなにも
おもしろくないのだろうと
いつも不満とうっぷん
さらには、あらゆる周囲の人間へと世界への
不満・批判に溢れ最悪の悪循環に陥り
自分を自分で蝕んでいく。

悲しい。

その元は、
べつに恨みようのない
一瞬、控えめで見ようによっては
母性をくすぐる可愛らしくも見える
「自分なんかだめだ」という
根拠のない自己否定のこの感情、思いなのだ。

では、どうすればいいのか。
「自分なんかだめだ」という
そんな漠然と、大雑把なしかも救いようのない
自己全否定はしてはいけない。
自分はこういう部分が不足している
弱い、足りない。
そのためには、どうしたら良いか。
それをどう補強、補足、訓練するのか。
あるいは、それを補うために
他の優れた部分で補い
代替対応するのか、そういうことを
具体的に考え行動し努力していかねばならない。

そうでなければ、一生、のび太に
説教され続けて生きていかなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貧しい人は貧しいものを、豊かな人は豊かなものを生み出す。

己が貧しければ
そこに描く富士も貧しい。
横山大観(画家)

つまり絵筆を握り動かしてるだけでは
深みも大きさも豊かな世界も
描くことはできないという事なのだろう。

しかし、一方で
絵描きは筆を動かし表現し作品を描き上げる事で
自分を深め高め強め豊かにするという事がある。
小説家は、エッセィストは、詩人も
文章によってそうであろう。

横山大観だとて絵の制作を通して
巨人になったのではないかと思う。

絵を描くこと自体と、絵を描くこと以外のことと
両方でもって自分を深め高め、豊かな作品を
作って行きたい。

そして、手段はいろいろ、キャンパスもいろいろで
何を持って何に描くか別として
人はみな、それぞれに創作家、アーチストだ。

あなたならでは方法で、あなたしかかけない世界を描くことは
あなたをしあわせにするだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一番を目指すならそのワンランク上の枠をイメージ

「おまえは世界一になれる」と
毎日のようにいいつづけたのだ。
小出義雄(陸上コーチ)『君ならできる』(幻冬舎)

その一つ上の大きな枠で
物事を考えた方が、よりいいように思う。

アジア一を目指すなら世界一になれると
自分に言い聞かせて頑張る。

では、世界一の場合は
宇宙一になれるというべきなのか?
宇宙にどれだけどのような高等生物がいるかも
分からないのだけれど、脳だけはそのイメージ
言語で表現してその上位概念の宇宙一を
口にし目指した方がいいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人知を尽くして天命を待つ

俺のドキュメンタリーだと思って締めろ。
立川談志(落語家)

やれることはやった。
あるいは、努力のしようがないという状況において
あとは自分の悲しみ、切なさ、苦しみ、苦痛も含めて
その人生をドラマとして見守るしかない。
人間ならではの技だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰に愛されたいか、誰を愛するか明確にしなさい。

2年間、人に好かれようと努力するよりも、
2か月間、人を好きになったほうが、
ずっと多くの友を得られるだろう。
D・カーネギー(アメリカの教育者)

この人生を
誰に愛され信頼され敬意を持たれたいか
明確にして生活する、生きる事だ。

そして、この自分は
誰を愛しているか、誰が好きか
誰を愛するか、明確にすることだ。

不特定多数、誰にも彼にも好かれよう
愛されようなんて気の持ち方、考え方では
結局、誰からも愛されず
誰も愛せない人生になってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美しい瞳、美しい唇

美しい唇であるためには、美しい言葉を使いなさい。
美しい瞳であるためには、他人の美点を探しなさい。
オードリー・ヘップバーン(イギリスの女優)

人の悪口ばかり言う人間の顔は
不快で醜い。

思いやりと知性と品位に溢れた美しい言葉を語る
女性の唇は美しく、男性の唇はセクシーだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生がただ過ぎて行く一つの時間の塊より、ドラマである方が楽しい。

世界はつねに、勇気ある者のための劇場である。
ウィリアム・ジェームズ(アメリカの哲学者)

人生をただ流れ過ぎて行く一つの時間の塊ではなく
エキサイテインで感動的なドラマにするために
必要なスイッチは勇気だ。
その勇気の背後には大きな何か対する、誰かに対する
大きな大きな愛が存在している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しい宴会は金と料理の数じゃない。

楽しい顔で食べれば、皿一つでも宴会だ。
プルデンティウス(スペインの詩人)

大した料理もなく、つまみ一皿
アルコールもなく麦茶しかなくても
あの人がいるだけでそこは
とても楽しい宴会になる。
みんなが安心して豊かな気持ち
愉快で楽しい気分になる。
ぱっとその場所が明るくなる。
不思議な人だ。
まぶしい人だ。
楽しい人だ。

という人がいるものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100のうち98が取り越し苦労

心配事の98%は取り越し苦労だ。
藤村正宏(マーケティングコンサルタント)

人は、心配し不安になって
気苦労絶えなく生きている。

しかし、人はその98%が
実際に起こらず影響せず
存在したのは自分の頭の中だけだ言うのだ。

取り越し苦労98%に費やした
エネルギーがもったいない。

そのエネルギーは
自分のなすべきこと
やりたいことを実現するための
準備作業に使うべきだ。

しっかり自分のしたいこと
せねばならないことを明確にし
それに向かう生活にしなければ
ただただ対処療法的に
小さな心配と不安にばかり
ひっかきまわされる生活、人生になってしまう。

自分の生的エネルギーは
自分のせねばならない
したいことに集約、費やされなければならい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来を見続ける人に失敗はない。

私は失敗したことがない。
ただ、1万通りのうまくいかない方法を見つけただけだ。
トーマス・エジソン(アメリカの発明家)

失敗は成功の為に
このことはしてはいけないと言う
情報を学び獲得したことになる。

こう考えて行けば
難しい事にもめげずに
頑張り続けられるだろう。

考えようとか、負け惜しみや慰めでなく
実際、何かを為す時、何かを創造する時
そのためにこれはしてはいけないという情報は
大変貴重で重要な情報だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真似る、模倣からやがて創造と個性が生成

他社から学ぶことこそ成功への近道。
私がやったことの大半は、他人の模倣である。
サム・ウォルトン(ウォルマート創業者)

摸倣したいと思うもの
つまり自分が感動感銘し
手に入れたい、獲得したいものも
人それぞれ違う。

だから、それ自体が個性であり
創造の一過程である。

ゼロで生まれたのだから
いずれ人は摸倣の連続であるのだ。

自信を持ってどんどん自分が痺れるもの
価値を感じるものを模倣して行く事だ。

それらの摸倣を組み合わせ
そしてそれらを寝かせ、混ぜ合わせ、醸成させて
個性は創造されていく。

大いに真似て学びクリエートして行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

獲得の仕方、ものに仕方

取らんと欲する者は先ず与えよ。
孔子(中国の思想家)

与えると言う攻めの技。
欲しいものがあれば、まず自分から与える。
おもしろいことに与えたものも結局、
自分のものになるという「与える」技の不思議がある。
欲しいがために与えたその欲しいものだけでなく
そのために与えたそのものも自分が手に入れてしまう
不思議、不思議の仕組みがある。
惜しみなくどんどん与えることだ。
人は与えるごとに失うのではなく
どんどん豊かになって行く。

一方得ることだけを求め、
むさぼり奪ったものは、自分のものにできない。
それはやがて逃げて行き、誰かに何ものか奪われてしまう。
与えず求めるだけの欲しがるだけの
あさましい人間にはならないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強さの一つの表れ

弱い者ほど相手を許すことができない。
許すということは、強さの証だ。
ガンジー(インドの政治指導者)

出来る事なら、なんとか許せることは
許しましょう。

許すと言うのは、とても人間らしい
人間ならではの高度な知的行為、行動。
ましてや相手が反省していたり
悔いていたり悪かったと思っているのを
察知して許さないのは、陰湿陰険、卑劣愚劣。
いじめ似た、復讐に似た醜い鬼の心。

あなたが複雑で高度で気品がある人間なら
なるべく人のミス、失敗、愚かさは
許しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分以外の人間

他人はすべて自分よりアカンと思うよりも
他人は自分よりエライのだ
自分にないものをもっているのだ
と思うほうが結局はトクである。
松下幸之助(パナソニック創業者)

エライかどうかは、わからない。
エライと言えば、みんなエライ。
トクだからそう考えるというのでなく
本当に人はそれぞれに計り知れないほどに
人それぞれで、自分には持っていないものを
持っている。

人は皆、原則、人から学ぶことがたくさんある。
あなたの周りに、私の周りに
小馬鹿にしていい人など
一人もいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦言を言ってくれる人

おいしくて体に悪いものを食べて病気になるか、
まずくても体に良いものを食べて健康でいるか。
食べ物も人間関係も同じ。
美輪明宏(タレント)

良薬、口に苦し。
自分に苦言を言ってくれる人を大切にし
大切に思う事。

苦言は言い難いから
相手も震えたり、上ずったり
攻撃的な言い方になったりすることも
あるかもしれない。

あなたのことをどうでもいい人
あなたから得られるものだけ
得ようとしている人は
苦言などあなたに言わない。

あなたに愛情、興味
特別な思いがあるから言うのだ。

苦言を言ってくれた人を
怒りで返すのは最低。

でもとか、解っているとか
解っているんだけどとかも
苦しいけど潔く言わないこと。

涙を浮かべ目をうるうるさせて
「こんな言いにくいことを言ってくれて、ありがとう。」
とだけ、勢いで潔く言ってしまおう。

そうすれば、あなたが自分の口で言い訳しよう
言おうと思っていることを、苦言を言ってくれた人が
言ってくれるのです。

「こんなことは、十分解っているあなただろうけど・・・・」
「あなたが、そんなつもりはないんだろうけど・・・」
「いつもとっても頑張っているあなただからさ・・・・・」

とかとか。

まっ、いずれ感謝はこの人生を正しい方、楽しい方に
導いてくれる万能薬だ。

苦言には100%、いや120%、200%
感謝し感謝を表明すべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失敗談を語ろう。

君の失敗を友人に告げること、
それが友人を大いに信頼するということだ。
友人の失敗を友人につげるより、より偉大な信頼なのだ。
ベンジャミン・フランクリン(アメリカの政治家)

それは、そうだ。
あいつ、こういう風に失敗した
こんな失敗した、あんな失敗したと
口を開けば言いまくるそんなスピー人間より
あんなこと、こんなこと
あんな失敗、こんな失敗しちゃったと
自分のことを言うやつの方がいい。

人はこういう風に成功した
こんな成功したと言うのは結果であって
単にお話として完結する場合が多い。
しかし、人は人の失敗談からは、自分を鑑み
自分の行動に注意すべきこととして
取り入れることが多い。

失敗談を話してくれる相手への
親近感も感じるし、そういう好むべき無防備さは
愛情や好感、敬意にさえ変わる時もある。

ここから、学んでくれ
同じ失敗しないでねという思いで
自分の失敗談を語ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「正しい友人」ってスゴイね。

正しい友人というものは
あなたが間違っているときに味方してくれる者のこと。
正しいときは誰だって味方してくれるのだから。
マーク・トゥエイン(アメリカの作家)

なるほどな。
間違ってる時、味方する
笑っちゃうほどステキだな。
マーク・トゥエイン、いかす男だ。
私もこんな頼もしい友達が欲しいものだ。

栄えてない時
落ち込んでいる時
不運続きの時
悲しいこと続きの時
乗れないでもがいている時
貧しい時
病気の時
死にたい時

そんな時
いつもと変わらずいつも以上に
電話をくれ、手紙をくれ
顔出し会いに来てくれる
いっしょにいてくれる
そんな人がいたら
宝物だ。

たいせつにしなさい。
銀行の数億円の貯金よりも
あなたの人生にとって意味があり
たいせつな宝物だ。

そういう負の時には
離れていく人
近づかない人、疎遠になる人は
それは、どんなにすばらしい人間だとしても
あなたの人生には価値のない人だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなみーんな、それぞれに必死に生きてるんだな。

親切にしなさい。あなたが会う人は
みんな厳しい闘いをしているのだから。
プラトン(古代ギリシアの哲学者)

みんな生き続けていることにおいて
闘っているのだ。

上から目線でなく
共闘意識、同胞意識持って
出う人接し交わって行くなら
少々のことは許せるのでないか。
出来ることがあれば、そっと
応援できるのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花を持たせる人、横どりする人

他人に花をもたせよう。自分に花の香りが残る。
斉藤茂太(精神科医)

舞台裏、幕が開くまで苦労して抱え持っていた花さえ
人に持たせる美しき大いなる人。

幕が開くまで一番楽しておいて
開く直前に臭覚を利かせ目を凝らし
手際よく上手に人の花を横取りする人

いろんな人、いろんな人間がいるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢との付き合い方、つかみ方

夢は逃げない、逃げるのはいつも自分だ。
高橋歩(実業家)

人は夢をまず本気で考えない。
中途半端。
人によっては、夢を考える事を
恥ずかしく思ったり
バカにしたり、まったく心から意識、無意識に
排除している人さえいる。

幸運にも夢をこの人生と自分の心に持つことが出来た人も
なんと、ほとんどが本気で向かわず中途半端で
向かったとしても夢半ば、どころから
夢へ一歩、二歩、十歩くらいで諦める人ばかりだ。
さらには、とても一生懸命頑張っても
夢8割、9割まで頑張り、でも最後の後2号分、1号分
の所で諦めてしまう。

それが、この人生における私たちと夢の付き合い方の
有り様だ。

夢が実現しない人の特徴、共通事項は
実現するまでやらないところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分と人生の変え時

変革せよ。変革を迫られる前に
ジャック・ウェルチ(アメリカの実業家)

一個人の人間として
自分のやっている仕事や事業の
職業人、事業者として
他人から、お客から
見放されるところに来て後手後手で
不安と敗北感に包まれたみじめな思いでなく
行動的な強い覚悟と潔さで
自ら理想から逆算して
誰にも追い込まれる前に
何らかの状況に追い込まれることなく
自ら変えよう。
改善しよう。
そう、変革しよう。
人生を自分をみじめにしないために。
悠々と誇り高く生きていくために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生の長さについて

つまらない生き方をするには、人生は短すぎる
ベンジャミン・ディズレーリ(イギリスの政治家、小説家)

人生はあまりにも短くて
つまらない事を言ったり
つまらない事ばかりしていては
あまりにもあまりにももったいない
ということなのだろう。

人との比較ではない。
人の評価や見方、見え方なども関係ない。
自分の判断、自分の気持ち、自分の感情・心として
つまらない事をすることに時間を費やさず
つまることに今日の一日を
今日の一日から費やそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢について

永遠に生きるが如く夢を見ろ。
今日死んでしまうが如く生きろ。
ジェームズ・ディーン(アメリカの俳優)

自分の抱ける最高、最大の夢を
この自分の人生で見よう。

この人生で最小、最低の夢を
見る必要はない。

夢見る事に遠慮はいらない。

そして、それが実現するか
実現できるかは分からないが
それを実現するために一歩でも一ミリでも
近づく進む今日を過せたら
それは、しあわせな人生であり
人間な可能な、一番幸せな
今日一日の過ごし方になるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛する力こそ、最難度の総合人間力

私はこれまでの人生でずっと「私は愛されない人間なんだ」と思ってきたの。
でも私の人生にはそれよりもっと悪いことがあったと、
はじめて気がついたの。私自身、心から人を愛そうとしなかったのよ。
マリリン・モンロー(アメリカの女優)

人を愛する力が最終的に
一番の人間の総合力で
一番体得するのに難しい力だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失敗した人を追い詰めない。

私は、自分を除くすべての人間の失敗を寛大に許すことができる。
マルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウス(共和政ローマ期の政治家)

自分も時に人生で失敗する。
泣きたくなるような
穴に入りたくなるような
死にたくなるような失敗もある。

失敗した人が一番
落ちこみ苦しみ反省している。
追い打ちかけるように
カリカリしたり追い込んではいけない。
失敗を埋め合わせるよう
今後同じ失敗をしないようアドバイスしてあげよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お見送りの鉄則

たとえ身分の低い者であっても、見送りをしてくれるならば、
馬をそちらの方向に引き向けて、丁寧に礼をするといいだろう。
身分の低い者でも、帰る際には少し見送ってやるのがよく、
とにかく、人よりも余計に礼を尽くすのがよろしい。
北条重時(武士)

とても小さなことで、当たり前のことですが
どんなに忙しくても、取組中の何事があっても、手を休め体を起こし
相手が背中を見せて歩き出すまで必ず玄関で見送ることだけは
ポリシーとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステキな大人

少し余計に努力する、少し大目に目をつぶる
レオ・ブスカーリア(アメリカの教育者)

心地よく孤独に耐えて
人知れず、毎朝、毎晩、毎日
コツコツと人一倍の努力をし
自分に厳しくとも人には大目で直ぐ怒らず
太っ腹でやさしく暮らして生きていきましょうよ。
あなた自身の健康で幸せな脳の維持発展のため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交渉の怪物的達人

交渉の秘訣は、真実を語らないということではない。
真実を語ることによってさえも、
相手を怒らせないようにする技術である
萩原朔太郎(詩人)

自分の言いたいことを言うのが交渉ではない。
自分の言いたいことを相手が気持ちよく受け入れてくれる
話しより状況を作ることだ。

相手に対する敬意や感謝、相手の立場に対つ想像力
そして自分の肉を切らせる技術
肉を切られてもあわてず相手を憎まず恐れず
その懐の深かさで徐々に相手を恐れさせ
あるいは相手の信頼と好意を引き起こし
最終的に自分のペースに持っていき
相手が気持ちよく骨を切らせる
総合的人間力だ。

自慢話はたいてい聞いていてだんだん気持ち悪くなる。
しかし、本当に人間力のある人は、自慢話も
人を快くさせ不快にさせない。

そのレベルになると、自慢話をしたくてしているのでなく
相手を育てたい、情報提供したいなどなどの思いで
たまたま自慢話と言う体裁を取って語っているだけだからだ。

いづれ、怪物のように素晴らしい人間にいつかはなって
この人生を愉快に楽しみ切りたいものだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニクソン大統領とレオナルド・ダ・ヴィンチ

あなたの友人への忠告は密かに行い、称賛は公に大々的に行なえ
プブリウス・シルス(古代ローマの作家)

ニクソン大統領は、それを実行した人で
ウォーターゲート事件で大統領の職を失った時
ホワイトハウスのスタッフが全員涙して
花束を贈り見送ったという。

そして、最近書籍で見つけたがルネサンスの巨人
レオナルドダビンチも同じことを言っている。

芸術と科学の天才ダヴィンチは
人間関係力においても天才で
マルチだったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

してもらったことは忘れ、してあげたことはデフォルメして覚えている嫌な私

人に施したる利益を記憶するなかれ。
人より受けたる恩恵は忘れるなかれ
ジョージ・ゴードン・バイロン(イギリスの詩人)

つくづく自分も含め、多くの人は
その逆ですね。

人にしてもらうこと、もらったことは当たり前で
すっかり忘れてしまうのに
人にしてあげたことは、あんなこともしてあげた
あんなにしてあげたと片時も忘れない。

とにかく人からしてもらったことは
当たり前ではなく、有り難いことと
過剰に意識するくらいで調度いい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

調子のいい時の過ごし方

好調の時こそ次の準備をせよ
佐伯明(シャープ二代目社長)

そうですね。
お金が出来たら、浮かれて浪費せず
もっと増やす次の手を打つ
今日でなければなりません。

仕事が調子良く進み開けている時は
目の前にある仕事、取り組んでいる仕事だけに没頭することに満足せず
それが続きさらに開け拡大する布石を打ち、その仕組みを構築することにも
心を配り労を費やさねばなりません。それが賢い人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »