« 整理整頓、おそうじしたいの数週間。 | トップページ | 世界の大きさと人生の多さ »

マネっこキツネ坊主の物語

ーいつのことだったろう。
 ボクがボクをやめたのは。
  
 いつもおどおどして
 おもしろくもない
 弱くてずるくて
 気持ち悪いボクなんか
 この世界に存在しない方がいいと
 固く確信した。

 ボクはボクをこの世界から消滅させました。

 そしてそれから、自分の周りで魅力的な人を見つけては
 その人をすっかりまねて、もっと魅力的な人と出会うと
 ぽんとそっちにマネを乗り換えて生きて来ました。
 自分なんかありません。

 本や映画、会うこともないテレビの中でしか会えない人を
 まねたこともあります。
 自分なんかありません。

  
 自分ってそんなに大切ですか?

  いつもおどおどして
 おもしろくもない、 弱くて、ずるくて
 気持ち悪いボクなんか全然、大切じゃないです。

 あなたは、大切にしたい自分なんですか?

 魅力的な人をまねて、気持ちよく楽しく
 生きた方がいいですよ。

 お金、取られませんから。ー
 

|

« 整理整頓、おそうじしたいの数週間。 | トップページ | 世界の大きさと人生の多さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マネっこキツネ坊主の物語:

« 整理整頓、おそうじしたいの数週間。 | トップページ | 世界の大きさと人生の多さ »