« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

来年2017年末のあなた。

底なしにやさしくてね。
なんでも知ってて知識もあるけど
本当の意味で賢い人ですね。
いつも楽しそうで笑顔で笑っていて
元気でそしてさわやかで
ユーモアもあるのね。

勇気も強さもあるけれど
細やかで繊細で気配り心配り、心遣いが
はんぱじゃない。

その場が、みんな楽しくなるよう
本当にいついかなる時も心を砕いていて
本当涙が出るほどステキな人。
姿を現すだだけでぱっと明るくなり
楽しくなり安心する
人間って生きものは、すごいなと
こんな人間っているんだなって
感銘、感動する。

そんな人間っているってか!?

「いるよ。一年後のあなただよ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンプルなことをしっかり思索し抜こう!

この自分は、この人生でどんな人間になりたいか?
この自分は、何をどう行動すれば、生きれば
悔いなく誇り高くしあわせなのか?
何を手に入れたいのか?
誰を愛し、誰に愛されたいのか?

そういうことを漠然としたまま生きてると
全てが手遅れになったり、人生全体が
ただの時間つぶしになるぞ。

美味しいコーヒー飲みながら
あるいは海でも山でも大都会の雑踏でもいい
大好きな風景を見ながら2時間でも3時間でも
一度考えた方が良いよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分のコントロール方法

こまごまと、あれこれ自分をチェックしたり
縛りつけたり、セーブさせたりアクセルを
踏ませたりするのでなく
いかに、自分を楽しくワクワクさせるかということ。
もし、コントロール、管理と言う言葉があるなら、
いかに自分を楽しくワクワクさせ続けるかという仕掛け、
仕組みづくりを構築するかと言うことだ。
楽しくワクワクしない選択と行動は必ず迷路に
入り込み自分を不幸にする。
楽しくワクワクする選択とその行動の持続こそ
最大の感性を稼働させ、最高の知恵を発揮させ
続けられるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の読書で何かのテーマをとりあえずマスターする方法

1.そのテーマについてジャケット買い、目次買いで
  20冊本(最低10冊)を買うか、図書館で借りて、
  どんどん読む。
2.自分の知らないテーマの時は、中高生向けや素人向けの
  分かりやすい全体が把握できるものを読む。
3.ユーチューブなどでそのテーマについて、信頼できそうな
  方が話す講演動画を視聴するのもいい。器用な人、聖徳
  太子の遺伝子がある人は、その講演動画をBGMにしながら、
  同時に本を読んでも構わない。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さるなし焼酎

Yjimage
アトリエの向かいに
料亭の板前、大将がいて
食べること全般の私の師匠だ。
春になると山に連れ出され
傾斜70度?斜面を命がけ?で
ワラビ、うるい、ウド採りに行く。
この秋、先月のある朝
「おいおい、サルナシ、知ってる?
 いっぱいできてるから、好きなだけ取ってって」
ということで、向かいの大将の庭でサルナシ採り。
初めてのサルナシ。
まったく味も実の中身もキューイ。
早速、酒屋に行き焼酎を買ってサルナシ酒づくり。
正月が楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心、ここに、2016年にあらず。

年の瀬感もないこの年末だが
思いはもう来年に飛んでいる。
アトリエの窓から見える愛車、ハスラーで
一関の大東町から気仙沼、三陸海岸に向かい
このハスラーに道の駅に寝泊まりしながら
海岸沿いに東北の海を走り被災地の南三陸を通って
宮城の海岸線を走り仙台に行った日のことを思い出す。
来年は、東北は北、青森。そして日本海を走りたい。
思い切って東京を越えて西に行くことだってありだ。
ワクワクする。何時間走っても、飽きない、疲れない。
閃いた言葉やアイデアをスマホで音声入力する。
疲れるどころか、それは、それは、楽しい時間だ。
その時間の確保、資金の出来る生活を
今から考え準備しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスプレゼント

来年1月から神奈川に引っ越す5歳と11歳の姉妹。
お姉ちゃんは、幼稚園から通って
私のアトリエで絵を画いて来た。
お母さんが、昨年、夏
あまりにも突然、癌を患い亡くなった。
家族でどこかに旅行に行くたび
そして年の暮れには、
私の大好きな珈琲豆を
買ってきてくれる若いのに古風な律儀な
気配り、心づかいのあるお母さんだった。
親が、親だから子供たちも
本当に物語から出て来たような
絵に画いたような性格のいいかわいらしい姉妹で
彼女たちの会話、表情、動作を見ているだけで
本当に幸せになる。
今日は最後のアトリエが
よりによってクリスマス。
楽しいクリスマスがちょっとキューンと
塩辛い日になった。
絵を画くより折り紙が大好きな妹には
折り紙セットとクレヨンを
将来、絵本作家か、漫画家か
本気で迷っているお姉ちゃんには
うれしくて卒倒しそうな漫画セットをプレゼント。
帰り際、外に出て車に乗り込む時、手渡した。
その喜ぶ顔を見ることはできないが
家に帰って二人で声をあげて喜び
踊りだす様子が目に浮かぶ。
その脳の中に繰り広げられる映像は
私の何にも替え難いクリスマスプレゼントだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記憶上もっとも、雰囲気のない12月24日。

雪もないクリスマスイブ。
サンタクロースは、雪不足で
ソリはどこか、北朝鮮あたりで
頓挫していないだろうか。
クリスマスプレトを買うのも
年賀状を書くのも
正月の準備も忘れそうな
雪のない暖かな冬
ぼっーとしていて2016年に
忘れものをしないよう気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色あせる風景

先週、久しぶりに東京に行ってきた。
銀座四丁目交差点
何度も来ている通りだが
ずいぶん道幅も狭く
通りに並ぶビルも輝きが失せて
感じた。
東京、銀座通りにこんな感情は
初めてだ。
中学まで住んでいた町の
よく遊んでいた家前の道路を
ずいぶん年月が経って大人になって
通った時、あんなに道幅のあるでかいと思っていた通りが
本当にうそのように小さく狭く感じた
その日のことを思い出した。
人生には、時々、そういうことがある
人に対しても、物に対しても
それは悲しいことではい。
「俺は生きているんだな。
 生き続けているんだな。」
そんな風な感情、思いに
銀座四丁目交差点を歩きながら
包まれていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

批判、非難、怒りの底に隠れているもの

誰かを何かを批判、非難し、怒ろうとする時は
数秒間、口を少しすぼめて微笑んでみよう。

そして、この自分は、今、ただ自分の賢さや凄さ
自分の見識の深さなどをただ誇示したいだけではないか。

という自己分析をしてみるべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステキな人はいいもんだ

これまでの自分の人生で
一番いい心いい気分を、いい心持ちを
毎朝思い出して、思い起こして
一日をスタートさせること。

そうすれば、心はどんどん進化して
どんどん楽しくてたまらない
そして輝くステキな心となっていく。

ステキな服を着いるより
ステキな車に乗っているより
ステキな物をたくさん持っている人より
ステキな心を持っている人が
やはり一等ステキなお方だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

命の数だけ世界がある。

無数の命が
この星のこの今にこの世界に
同時に存在して生きている様に思うが
皆、それぞれ別の世界に生きている
命の数だけ世界が、宇宙が存在する。

一緒に生きていると思っている二人だとて
そこに一緒にいると思っている二人だとて
別の世界に生きている。

同じ場所に、同じ時に存在していても
それぞれのその心のままに、
その世界が広がっている。

自分の心を高め広げ深めなければ
世界も大きく心地よいものにはならない。

世界一般などと言うものはない。
それは架空のものであり仮定でしかない。

私たちは、この自分の世界こそ世界であり
この自分の世界を思ったような世界にするため
自分の心を思ったような心に
日々、作り変えて行く作業が必要だ。
それは具体的作業だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナカムラユウコウの紙版画と紙構成作品展

紙版画4点と紙構成作品10点

さいとう製菓かもめ玉子 国分通り店店内ギャラリーにて、
本日12月19日より来年2017年1月31日まで。

10:00am~7:00pm

年末年始の特別営業時間
2016年12月31日(土)9:00am~5:00pmまで
2017年1月 1日(日)休み
    1月 2日(月)9:00am~5:00pmまで
       1月 3日(火)9:00am~5:00pmまで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生まれる時と生まれてから

どんな両親のもとに生まれてくるかは
選べないけれど
どんな大人、どんな人間になるかは
自分の意志で選べる。
人は、なりたい人間になれる、なるものだ。

どんな家に生まれてくるかは
分からないけれど
自分の住みたい場所に
住みたい家に住むことは出来る。
今住んでいる家を出来る限り
自分の住みたいような家に
変えていくこともできる。

自分がどんな家族や友人たちとの中で生きるかは
ある時期までは、選択の余地がないかもしれない。

でも、いい大人になったら
自分で選んだ人と家族を作り
友達でいることが楽しく安心でき
しあわせな友人を作ることは出来る。

どんな自分で生まれるかは無自覚だ。
どんな自分になるかは自覚の問題だ。
自分が出会いたい人間になることだ。
自分が一緒にいたいような人間になることだ。
ステキな魅力的な強くて頼もしくて
愚痴らないで怒らない賢い人間
安心できる楽しい人間
楽しく生きていける人間になることだ。
一人ででも楽しくしあわせに生きていける強い人間だけが
人をも幸せにできる。
幸せにしたい人を幸せにできる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

救急車の呼び方!

①自分、家族の薬を把握しておく。
 薬の場所やお薬手帳の家族周知の場所へ

②救急車への通報と共に収容希望の救急病院への連絡をする。
 どんなに緊急で一分でも数十秒でも早くという状況でも
 収容先確保しなければ救急車は5分も10分も走らない。
 呼び出されて現場まですぐ来るが、そこから病院までの時間が盲点。
 家族が救急車呼び出しと共に収容救急病院を確保していれば
 イメージ通り家族を患者を病院に運んでもらえる。

これも、救急救命士のお勉強で学んだこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胃が痛いは心臓が痛いのだ。

先週亡くなった友人は
心筋梗塞だ。

職場の人間は、胃が痛い、胃が痛いと言っていたそうだ。

心臓は実は、みぞおち、胸骨の真ん中にある。
胃があると思っている場所だ。
だから、胃が痛いと、胃潰瘍でもなったか
食事気をつけなければ、胃薬飲まなければと
勘違いをしてしまう。

心臓は真ん中にあって、体中に勢いよく
血を送るポンプが左部分にあるため
心臓は左にあるようにイラストなどでよく描かれているし
われわれもそう思っている。

胃が痛い、胃が痛いと思っている人は
心筋梗塞に要注意なのだ。

亡くなった友人とももっと
日常の付き合いが多ければ
気づいて指摘してあげられたかもしれない。

その後悔が、このブログでの情報提供だ。
ぜひ、ご自分、ご家族、ご友人に
胃が痛いという人がいたら
頭の片隅に入れておいて欲しい。

私は先月、消防署で救急救命士初級のライセンスを取った。
そこでのお勉強したことだ。

主な救急状況に対する対処と、人口呼吸、心臓マッサージ、
AEDの使用実践トレーニングが主な内容で一日で取れる。
お近くの消防署に希望すれば、受講できる。

家族のため、愛する人の命を救うため
社会に貢献するための貴重な学習だ。
ぜひ、お勧めする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の中に咲いた小さな街にも、いろんな物語があったってことを

行ってしまった友人が好きだった歌。
弔辞で歌った。
リクエストがあったからだ。
2度ほど、彼ともイベントで
ギター二台で伴奏とハーモニーを入れてもらって
歌ったことがある。

「いろんな物語があった」
「人生はそんなに喜劇だろうか」
 生きていればこそ、 いつか、やがて全ては
 喜劇になる可能性はあるだろうけど、
 人の死は喜劇になることはない。
 永遠なる欠落だ。

でも、私には残された人たちのために
キミの人生を、そして生きていることを讃え
生きて行くことに力を与えるように
与えるような歌をうたはなければならない。
悲しみと感傷を越えて美しく
強く歌わなければならない。

静岡から盛岡にやって来て
この街と人が大好きになり
大学を卒業しても、この街で家族を持ち
この街で彼の物語を書き遺した。

   盛岡市民愛唱歌『啄木の青春の街 盛岡に』

   作詞・作曲ナカムラユウコウ

1 青春の光の中で 君は思い出すだろう
  山の中に咲いた小さな街にも
  いろんな物語があったってことを
  来不方のお城の草に寝ころびて
  空に吸われし 十五の心
  啄木の青春の街 盛岡に

2 青春の風の中で 君が道を失ったとき
  列車にふらりと乗って訪れるがよい
    山の中に咲いた小さな街を
  北上川のせせらぎはケラケラと笑っている
    人生はそんなに喜劇だろうか
  啄木の青春の街 盛岡に

3 青春の季節の中で 君は思い出すだろう
  山の中に咲いた小さな街にも
  いろんな物語があったってことを
  夏草やつわものどもが夢の跡
  空に謳う岸辺の草たち
  啄木の青春の街 盛岡に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短い人生がないことの根拠となる計算式

瞬間(永遠なる無限)×1個           =永遠(無限)
瞬間(永遠なる無限)×1億個(あるいは無数無限)個=永遠(無限)

『この今、そしてその時の一瞬一瞬』が『永遠(無限)』、どんな短い人生も、その永遠の瞬間でいっぱいなのだから短い人生なんて一つもない。
さらに言うなら、この宇宙の気の遠くなる無限の時空間に思いを馳せれば1秒も八十年も、どちらも一瞬であり、そして永遠。

この2つの計算式から導き出される結果は

『今を感じ、今に集中し今を全力で楽しみ、生きよ!
 すばらしい今を積み重ねて行こう!』となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人の寿命を表す計算式

人に感謝した量その回数✖人から感謝された量とその回数
✖愛した量✖愛された量✖感動の数と量=その人の寿命

この計算式の示すところは

長く生きても小さな人生もある
短くかくても大きな人生もある。

ということである。

今日、友人の火葬があった。

骨も拾った。

骨壺に収まってしまった。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死に伴う後悔

大学の同級生が死んだ。
心筋梗塞。

死に顔から苦しまず逝ったのが分かる。

それを、不幸中の幸いと言えるか!?

奥さんを10年前に亡くし
男手一人で男の子を10歳から20歳成人まで
育てあげてのこと。

同居してない既に
離れて働いている長男、長女がいるが
父親と最後まで同居していた
これから一人暮らしとなる20歳の息子さんが
特に心配だ。

友達や周りの誰かが亡くなると
いつも後悔がよぎる。

今回もそうだ。
もっと、差し入れをしたり
声をかけたりしてあげれば
ストレス解消や健康管理について
何らかのプラスのことも出来たのではないか
と思ってしまう。

一日40本とも聞くヘビースモーカーの彼に
注意も出来たかもしれない。
胃のあたりが痛いと言う
つまり心臓が痛いと言う事を
勤務先の同僚に発してもいたそうで
病院嫌いの彼に友人ならではの
強い通院の進め方も出来たかもしれない。
などなど、悔いることばかりだ。

友達や周囲の方たちに
悔いのないような関わり方を
どうぞして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分を気持ちよく力強く生きさせる自分の魔法の言葉を持とう!

思ったように
自在に人生をがんがんと
どんどんと、気持ちのいいように
愉快に作っていける人の
こころの持ち方
こころのノウハウは?

それを、実行し続けれるようにしている
おまじないやスローガン
魔法の言葉は何か

例えば

「明日死ぬと思って
 今日を生きる。」

「どんだけ自分を楽しませ
 人生を楽しくできるか
 私はたんなるそのゲームの
 ゲーマだ」

とかとかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

効率のいい仕事の仕方

やっかいだな、面倒だな、不得意だな
と言うことは、後回しにせず
即、電話する。
メールを入れる。
そこを、その相手を訪ねる。

するとパタパタと仕事が、進む。

いやなこと
おっくうなことを避けて
周りを固めた行動をしたり
企画書を書いても
なんかしまらないもの
迫力のないものになってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日々の過ごし方

堂々としよう!
凛としよう!
中途半端、どっちつかずでなく
はっきり明瞭で朗であろう!

<と、思って、目指しています>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きなことを中心とした生活、人生

好きなことをやれば
生活は、人生は楽しくなる。

好きなことを工夫し進化させ
磨き極めれば稼ぐことが出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日を、明日をこの人生を

楽しく生きようと
もっと真剣になれ。

適当で大雑多で
不真面目で真剣じゃない。
もっと真剣になれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デザイン

自分をつくれるのは自分だけ。
どんな自分をつくりたいか?

具体的なイメージを持つこと。

そのイメージが魅力的なら
自然にその体現に向かって行くだろう。
人間とはそういうものだ。

だから、イメージが大事。

自分と自分の生活をデザインすること。
人生をデザインすること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんとなく生き続けているというこの人生を、本当に自分のものにするため。

人生をすっきりとさせる方法
2番から10番までのことをやり、
1番のことに目をそむけ、
手つかずのことは
意外とよくある。

人生はある日、ある時
勇気を持って、1番自分がしたいこと
せねばならないことを
やらねばならない時がある。
自分の人生を本当に
自分のものにするため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

様々な森で虫を捕まえる。

スタバと言う森でキラキラ輝く蝶を捕まえ
TSUTAYAと言う森で三種のトンボを捕まえた。
モスという森で銀色に輝くカミキリムシを捕まえ
マックと言う森でカブトムシ雄雌を捕まえた。

どれもそれぞれに素晴らしい森だ。

いい時間だ。

翌日、目覚めると一晩で
捉えた虫たちは虫かごの中で
詩やエッセイに姿を変えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい時間

マックでもスタバでもいい。
ボーっとして外を見ている。
コトバや詩やアイデア、画像が
流れてくるのをボーっと待ちながら。

宙からそれらすくいとる。
ペンの形をした虫とり網と、
メモ用紙で出来た虫カゴを準備して。

あくせくせず、ゆったりと。
これがとてもいい時間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三首温めれば風邪知らず。

手首、足首、首を温め
風邪予防。

マスクをして口蓋(口の中9
温めれば喉のウィルス殺し。
ウィルス高温に弱い。

いよいよ、周辺に
インフルエンザ、風邪流行開始。

お互い注意あれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月のやること

2016年点検。
忘れていることは?
今年やろうと思って出来ていないことは?
今年しておくべきことは?
今年しかできないことは?
行く予定だったこと?
達成してない食べる予定、観る予定、聴く予定は?

顔を出しておくべき人は・
お礼、あいさつに行くべき人は?

年賀状の準備は?
クリスマスプレゼントは?
誰に何を?
正月の買い物は?いつどこで?
年越し、正月の過ごし方は?

大掃除の計画、段取りは?
売っちゃうものは?
思い切った断捨離と模様替えは?
冬本番の衣装出しは?
パソコンの中のフォルダーも整理。
そして、心の整理、頭の整理。

12月は2017年の計画を立てる月
来年やることは?
来年行くところ、旅行は?

今年を限りやめてしまうことは?
来年からはじめたいことは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »