« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

美味しいキャラぶき

近所に広い広い庭園を持った
運動公園がある。
今日は早起き、この運動公園に
山菜の採取。
 
というのも敷地内には、小さな小川も流れ
川辺には自生なのか、人為的か
きれいな水仙やチューリップも群生する。
そこに一緒にきれいな黄緑色の美味しそうな
キャラぶきもところどころに群生している。
わんちゃんたちのおしっこのかからない
フェンスに囲まれた所にあるキャラぶきを採取。
これがとても美味しい。
Dsc_0119

キャラぶきの料理法
とてもとても細いので皮は取らない。
塩揉みをした後、茹であげる。
茹で上げた後、少し水に浸してあく抜きをして
後はお好みので、鷹の爪を少々入れ醤油と南蛮やごま油、お砂糖で
味を取って炒めたり、つくだ煮のように味濃く煮込んでもいい。
春の味です。是非、お楽しみを。
もうすぐするとぶ太い本格的なフキの採れるシーズンが来ます。
直径3センチも5センチもあるような秋田フキも
あちこちで売り出され、方々から戴く季節が来ます。
1カ月ほど前は、フキノトウの採取に燃え
フキ味噌も作りました。
温かいご飯にそれだけでも美味しいし
トンカツなど揚げ物につけて食べても最高です。
春は、本当にフキには食卓がお世話になります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男鍋会

男だけでの家鍋の会を
先月から始め、今日で第2回目。
メンバーの警察官のN君は、任務で欠席。
野郎4人の和気あいあいとした鍋会。
私が沖縄のハムのスパム巻きを持っていくとのことで
秋田の米団子みたいなきりたんぽ鍋から炭水化物かぶりにならないよう
急きょメニューは、湯豆腐になった。
会場提供と鍋奉行は、理科の先生。
岩豆腐という固めの豆腐と、雫石豆腐と普通の木綿豆腐と
豆腐三種類をネットで調べた手づくりのオリジナルポン酢で
食べる。
 
行者ニンニク、ワサビ菜、ネギと三種の薬味で
それはそれは美味しい湯豆腐だった。
どんなお金をたたいても、中学の同級生が作ってくれる
湯豆腐や料理は食べることは出来ない。
しあわせなことだ。
年2回沖縄の海に潜って海中写真を撮る家主の彼は
大の沖縄ファン。
なんと沖縄のスパム巻き初物だと言い、美味しいと興奮して
沖縄で買って箱で自宅に宅配しているという
沖縄そばのソーキーそばのカップヌードルを
お土産にもらった。
明日のランチはソーキーそばだ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あまい努力、あまい頑張り。

女優の芦田愛菜(12)が、
偏差値70を超える都内の難関中学に入学した。
朝から晩まで机に向かう日も彼女の支えになったのは
王貞治さんの

『努力は必ず報われる。
 報われない努力があるとすれば、
 それはまだ努力とは言えない』

という言葉だったと言う。

彼女の可愛い顔から、可愛い口から
出てくる言葉には思えない
深く強く大人なものでビックリした。

凄い言葉だ。
そのテレビの映像を見ながら
自分の努力、頑張りの甘さに恥ずかしくて
穴に入りたくなった。

今、取り組んでることに、
愛菜ちゃんに笑われないように
襟を正して頑張りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運のいい人、あるいは運のいい人の共通点

脳科学者の中野信子氏は

運のいい人は、チャンスに気づく人
新しい経験を怖がらない人

と言う。

さらに私が思うに

チャンスに気づくと共に
チャンスに出来る人という事でもあると思う。

そして、チャンスにできる人は
今というこの時間に対する感度が高く
延々と流れる時間に「今」「この時」というものに対して
フレームが持てる人。
そして、それに対して
瞬発力とある程度の継続できる集中力がある人だ。

そして、変えられることは変え
変えられないことはそれを未来に最大限生かしていける人。
そういう人が運がいい人だと思う。

そいう生き方、行動の仕方を
傍から見るとその生活、人生は
運のいい人、幸運に包まれているように
見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慌てない、不安にならない心構え

ガツガツと私心、私欲がなければ
慌てることはない。

執着心のないところに
喪失感もない。

我々は何も所有していない。
ただ、時に、あるいは偶然に
あるいは、幸運にも
今、共にあるだけなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日一日の過ごし方

天才でも、偉人でも、すごくもない私たちは
相当しっかり意志と意欲を持って
今日はこうするぞ、これをやるぞ
あるいはこう生きるぞと思って
もの凄い勢いとか情熱とかで
今日一日を過ごさないと
何もできない、まったく無意味な一日
時間になってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「・・・ない」というコトバを使わない。

できない。
能力がない。
学歴がない。
やったことがない。
お金がない。
時間がない。
ゆとりがない。
余裕がない。
だいたいに「ない」というコトバを使う時と言うのは
逃げたり、臆病だったり、ずるい気持ちだったり
人に対しての蔑みだったりそういう感情や状況の時に
発することが多いコトバだ。
活動的で快活で何事にも意欲と力に溢れ
人に対して尊厳を持って誠実な敬意を抱くような人は
あまり「・・・ない」のつく言葉は使わない。
まずは、自分の言語世界から「ない」のつく言葉を廃し
自分の心を改革しよう。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「YES」と「NO」

「YES」と「NO」の選択を迫られたら
なるべく「YES」を選択しよう。
踏み切れ!割り切れ!思いきれ!
きれきれで行った方が、絶対楽しいし
自分の能力と生きる世界が広がる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本は新たな災害国家に

今日から土日で三陸の久慈に行く。
昨年、大雨土砂災害で床上1メートルの被害を受けた
若き日、教員時代2年ほど下宿したホテルに顔を出す。
昨年は、泊りがけで泥出しのお手伝いに来た。
すっかり壁も剥がしクロスも張ってリニユーアル。
年を越し、既に半年は優に超えているのに
風呂場と大宴会場の一部はまだ工事中。
それでも、客を取り食堂でご飯も再開している。
新しいクロスで食堂は眩しい。
久慈の街中も、昨年の水害を機に店を畳んだ所もちらほらで
ますますシャッター街となった。
NHKの朝ドラの「あまちゃん」ブームも去り
観光客の恩恵も無いとのこと。
それでも、町はすっかり片付き再稼働している感じがある。
久慈の私の友人の女性画家は、6年前、東日本大震災で
アトリエと絵画教室を失い、昨年の土砂災害でまたも
アトリエと教室を失ったとのこと。
被害のひどかった岩泉地区は、行ってないが
全く復旧復興は進んでいないようだ。
地震国日本は、絶えず地震の被害におびえなければならない
運命だろうが、温暖化が進み気候帯が亜熱帯ぽくなって来て
大雨洪水は今後の日本の災害として非常に多くなってくるだろう。
大雨洪水、土砂災害に関しては、日本国中どこも安心と言う
地域はなく、今後、ダム、治水システム、河川の整備と
避難のシステムは抜本的に考え対処しなければならない。
防衛、経済、教育、少子高齢化対策の制度設計
そして気候変動による防災対応と政治の課題は
山積で天才的な政治家が、総理が出て来るのを
心より願い祈る。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性と男性の妬みの性質

脳内フォルモンで愛情フォルモンのオキシトシン。
ドパーミンやセレトニンほどではないけれど
ここちょっと前から有名になっている。
ただ、最近の研究でこのオキシトシン
妬みの感情も起こすことが
分かって来ているとのこと。

男性と女性では、どちらが嫉妬深いか
妬みの感情が強いか?

もちろん、個体差はあるのだが一般論として
普段は意外と男性が嫉妬深く、妬み深い。

ところが、オキシトシンが分泌された後は
女性の方が妬み嫉妬深くなるとのこと。

それは、女性の自分を守り種(子)を守るための
独占欲に起因するのだろうか?

男性よりも、愛し愛されオキシトシンが分泌されると
独占欲もアップすると言うのが女性の性なのだろう。

そういうことも、頭に入れてお付き合いしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間関係力の基盤

「愛されるより愛したい」
と、Youtubeを見ていたら
何かのCMでどこかのイケメンが
言っていた。

やはり、男はそうありたい。
逆の「愛するより愛されたい」では
どうもしまらない。

「愛されるより愛したい」と言うより
これは、人間の幸福な生活のための
あるべき姿勢、行動規範だ。

「愛されるより愛したい」とは
独立した大人な人間の指針でもあり
条件でもある。

そして、人間関係構築における
最も重要な基盤となる考え方だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルツハイマーの予防

脳科学者、中野信子さんがテレビ言っていました。

1.何をおいても、人と会う、話す、コミュニケーションを取る。

2.歩く。

人と話し、歩くことで健康なまともな猿、人になれる。
親、家族にアルツハイマーの方がある場合は、
この2点を心しましょう。

さらに新しい食べもの、行くところ、人などなど
食わず嫌いにならないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人の扱いのうまい人、コミュニケーション能力の高い人

言いたいことを言うのではいけない。
言うべきことも言えばいいというものではない。
問題なの、大切なのは「言う」ことではなく
どう言えば、あるいはどうすれば相手が人が
思ったようになってくれるかであって
場合によっては、言わない方がいい場合もあるし
言わずにある行為をする方が有効な場合もある。
自分可愛いの感傷に浸って感情に任せて言ってはいけない。
言うことが目的、大切なのでなく、相手が人が思うように
変わるためにどうすればいいのかを考え、
それを実行することだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の車のメンテナンス

もう、雪は降らないだろう。
タイヤ交換。
タイヤ状況良好。
バッテリー良好。
エンジンオイル交換。
走行30000キロ越えたので、今回オートマチックオイルATF交換。
ヘッドライト、スモールランプ、ウインカー、ブレーキランプ良好。
整備、メンテナンス完了。
今年前半の遠出予定。
1.県内・東北の海岸線での写真撮影。
  東日本大震災の定点撮影。
2.7月・8月の久慈市のあーとびる美術館での作品展。
3.札幌での大学の友人たちとの作品展
  フェリーに乗って車での搬入予定。
前半だけでも、ずいぶんと愛車を酷使しそう。
しっかり今日は、心を込めてメンテナンス。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

穏やかなこの日、☕を飲みながら昭和、平成、そして次の時代に思いを馳せる。

今日は、おじさん二人で市内を珈琲を飲みながら
秋の絵画展の会場探しでギャラリー巡り。
今、盛岡では一番しっかり運営され
通り客、フリーの方もたくさん見に来るギャラリー
盛久ギャラリーにて、12月19日(火)~24日(日)の
1週間開催で決定。
大通りの老舗の書店の2階のカフェで、彼は遅くのランチに
昭和の香りのするナポリタンを食べる。
幼い頃、こんな美味しいものがこの世にあるものかと思った
ナポリタン。
その香りを嗅ぎながら、しっかり昼食を摂った私は
別腹ナポリタンの衝動を抑え、しっかり大人の選択で
チーズケーキを頬張る。
昭和の時代に生まれ育ち、平成の時代を生き
なんだかまだピンと来ないままこの平成が終わり
天皇の現役引退で、間もなく変わるのだろうか。
その新しい時代は、テロがますます蔓延し
核戦争が起きたりして、食料とか水とか
空気とかがたいへんなことになり
狂気の指導者が同時多発、発生する
恐ろしい時代にならないことを祈りたい。
さすが、この老舗の書店と共に潰れることなく
営業し続けてきた力あるカフェ。
あらためて初めて認識した。
コーヒーの淹れ方がうまい。
美味しい珈琲だった。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生きていて最も嫌な感情

人が生きていて最も嫌な感情、嫌な気分の一つが
「後悔」だろう。
嫌ですね。あの後悔の感情、その時の気分。
その時は、二度と味わいたくないと心から思います。
後悔はしたくない。
では、後悔しないためには、どうするか?
1.何事もその時々、全力を尽くす。
  手を抜かない。
2.心を込めて仕事をする。事を為す。
  心ある人との関りを考動する。
  思いやりや愛情、人に尊厳を感じて接し関わる。
この1,2があれば、万が一事がうまくいかなくても
後悔の念で眠れぬくらい苛まれることはありません。
全力で事に当たり、人と心ある関りをすること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生プレゼント

我が家は兄弟六人。
本当は、もう二人いたが
幼少に病と事故で亡くなったそうだ。
今日は、震度7が2度、3度続いたあの熊本地震が起きた日。
そして、弟の誕生日だ。
兄二人、姉二人、そして、私に弟という構成。
52年前の今日のことを覚えている。
我が家に動くおもちゃが突如、天から贈られた日だ。
考えてみれば、小さいころから今日まで喧嘩らしい喧嘩など
一度もないかもしれない。
弟のいなかった人生といた人生とを考えると
随分と楽しませてもらったし、助けてももらった。
もし、兄が、姉が、弟が、妹がいたら、いなかったらと考えてみよう。
そして、感謝すべきことが思い起こされ、感謝の思いがあふれてきたら
これまではどうであれ、誕生プレゼントなんか贈ったらどうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一番のダイエット法

夜八時以降、九時以降は食べない。
それだけで、どんどん痩せるというのは
百も承知の体験済み。
ところが、それができない。
どうしても、夜、ニュースを見ながら
平和な気分になって、気が緩んで
何かをつまみ、何かを食べてしまう。
太るだけでなく
胃腸も睡眠中に働き続けざるを得なく
負担をかけ、体の休息も浅くなり
やがて膵臓とかの病になる可能性も大きい。
それに、厄介なのは
あちこちから年中菓子をもらう機会が
断然多い。
菓子の間食と言う最悪のダイエットの敵がいる。
そこで、弱音と愚痴ばかり言っていても仕方がない。
最悪の82キロ突破を記念して本日より
「食べたもの記録ノート」をつけたい。
だらしない、悲惨な間食生活を記録して
自分の脳に文字として見せ猛省を促すともに
自然とセーブしていきたい。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欲張らず一つやる

今日、一日を考えても、一生を考えても
何も出来ないで終わってしまう。
一つだけでもやろう。
一つだってやること、やりきること、やり遂げることは
ずいぶんと大変なこと、とても立派なことだ。
欲張らず、今日、何か一つやろう。
この自分の一生で何か一つやろう。
何も出来ないで、今日が、一生が終わってしまう。
何もできない、何もしない一日が集まったって
その一生はやはり何もできない、何もない。
欲張らず今日も自分の志、思い、愛で行動したことが
一つあったら、素晴らしい。
自分を褒めてあげて、何か味わい、楽しみ、ゆっくり休もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当たり前に健康でステキな大人であるための3つのこと

1.ストレスでいらいらしない。寛容でありなさい。
 深呼吸し、空を見なさい。楽しみを今日に、明日に、未来に見つけなさい。
 
2.もやもやを引きずらない。できることを考えなさい。その一つ一つを
 すぐ実行しなさい。できることがないなら、違うことに心身をエネルギーを 
 使いなさい。
 
3.事故、アクシデント、トラブルに動じない。解決、対処できる方法はないか
 冷静に考えなさい。どうしようもないなら最悪を避けるため、状況がほんの
 少しでも良くなるためにできることを考え実行しなさい。
 
 今起きてる全ては、自分の人生に起きている現実で、すべては自分に起因し
自分が生み出したもの、生み出していることであると認識し、この自分で
したたかにしっかり取り組みなさい。
 あなたは誰かでなく、あなたであり、あなたはあなた人生の一切の責任者です。
楽しくないなんて愚痴らせないこと。嘆き悲しませ続けないこと。
つらく苦しい状況に長くおかせないこと。
 
 あらゆる工夫と労を尽くし自分を楽しくしあわせにすること。
感謝の思いのあるところに不幸はない。不幸な人は感謝の心、意識が弱い。
無いものばかりに目を向けず、自分にあるもの、持っているものに
まずは、目を向ける訓練をしなさい。
 自分が持っているものを100個あげるまでに、人は皆、泣き出す。
自分がいかに多くのものを持ち、多くの人の深い愛で存在している
生物なのか気づくでしょう。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界の変え方

短気を治せば
短気の人との関りがなくなり
同時に短気な人の言動が
気にならなくなります。
ずるい心を自分の心から完全消滅させれば
ずるい人が周りからいつの間にかいなくなり
ずるい人がいてもいらつかなくなり
むかつかなくなります。
卑しい心を自分の心からまったくなくすれば
卑しい心の人があなたの生きる世界から消えてしまって
同時にたとえ卑しい人間に接ししても
さほど心をかき乱されることもなく
さほど悲しく嫌な気分になることもなく
スルーできるようになります。
自分の周りの人間を朝から晩まで
あいつはこうだ、あの人はああだと言うものの具体的に
それが治るようにとか、改善するようにと働きかけるわけでもなく
働きかけられるものでもないのに
批判、愚痴ばかり言って私たちは生きている。
たとえ、世界はそう簡単に変えられなくても
他人は思ったようにそう簡単に変えられなくても
あなたが変わればいいだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怖い人との接し方

私は、世の中で、怖いと言われる人が怖くありません。
むしろ、多くの人がそういう人は不得意と言うのなら
得意と言った方がいいかもしれません。

怖い人の孤独や、弱さ、実はチキンハート傾向の人が多い
ということが分かるからです。

それに、自分が悪いことをせず
相手に敵意や悪意を持っていないなら
何もおどおどする必要はなく、そもそも
相手が怖い人であろうが、怖くない人であろうが
自分の善意とベストで人は接し行動するしかありません。

怖い人は怖くない。

おどおどせず誠実に明快にきちんとずけずけ接していくと、
そのおどおどしない自分を怖がらない様に
気に入られることも多く、心を開いてくれることも多い。

回りに怖い人がいる人は参考にして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜に学ぶいい顔のつくり方

いいことばかりを考え、いい言葉ばかりを発して
生きていると、いい顔になります。

それだけではありません。
有名な話ですが、2月からの最高気温を足して
600度になると桜の花が咲くように

私達人間の場合、
誰にも知られずともいいことを
いついかなる時も心に思い抱き、
人には、いい言葉を発し続けていると

ある日ある時、その思いと言葉の
しかるべき足し算が完成した時

人は、一番とか二番とかでなく
桜梅桃梨のその人として最高に美しくステキな
素晴らしい魅力的な輝く輝く誰もが恋する
誰もが憧れる誰もが惚れてしまう
誰もが拝みたくなる
素晴らしいよい顔になるのです。

さあ、いい顔になりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無限の能力を持つ私たち、私たち生命体

「考えるな、感じるんだ」と言ったのは
燃えよドラゴンのブルース・リー。
考えるというのは
情報を言語と言う器に入れなおして
矮小化して、それをブロックとして
組み立てていく情報収集、処理方法。
この言語による作業は、人間の無限に持つ能力の
たった一つでしかない。
私たちは無限の能力を秘めている。
それは、これまでも、今も
これからも永遠に解明されないだろう。
私たち一人一人が皆、いわゆる宇宙創成の神かもしれないし
神以上のサムシングかもしれない。
それは誰もわからないし、正解を知らないし
言うことはできない。
言葉と思考にばかり、情報収集、情報処理、情報伝達を
頼らず偏らず、時に感じよう。
感じて愛して進化させよう。
感じて自分を進化させる。
愛して自分を進化させる。
自分に自信は持てないかもしれないが
この人間、この生命体の無限の能力を妄信しなさい。
この妄信が人生に潤滑油を与え、人生を楽しくする。
生きていることを楽しくする。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分がある日突然、誰かになってしまう日

なんの因果か知らないけれど
この自分として生まれて
この自分で生きて
この自分で死んでいく。
ある朝目覚めたら
ステキな誰か、素晴らしい誰かに
生まれ変わっていることはない。
それは、不可能だ。
しかし、可能なことがある。
努力して意志を持って
この自分を、ステキな考動する人間
自分も人も惚れ惚れとする素晴らしい人間に
5年、10年、一生かけて造りあげていくことはできる。
ステキな人間、素晴らしい人間に
ついぞ至らず、成り得ずとも
仕事をしながら、生活をしながら
そこを目指す日々を自分の人生とすることはできる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素直な心、素直な人

松下幸之助さんは素直な心を10項目で定義している。
1.私心にとらわれない
2.耳を傾ける
3.寛容
4.実相が見える
5.道理を知る
6.すべてに学ぶ心
7.融通無得 
8.平常心
9.価値を知る
10.広い愛の心
随分深く完璧な素直さだ。
素直を越えて知的、賢人の条件の様にも思える
素晴らしいものだ。
私が幼い頭で考えるに
素直な心、素直な人は
まず、第一に大前提として
向上心だろう。
自分を人として人間として少しでもましな人間
いい人間、優れた人間になりたいという
純粋な欲求、向上心が大前提だ。
これが無ければ素直になれないし
素直な人はこの欲求と向上心に溢れている。
それが無ければ人の意見は聞けないし
学べない。
「それ、わからないんです。教えてください」
「やってみます。挑戦します。」
「私の間違いでした。」
「ごめんなさい」
「ありがとう」
これらの言葉を、明快にはっきりと言える人が
素直な心を持った素直な気持ちのいい人だ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後悔ではなく反省

失敗もする。
過ちやミスも犯す。
もちろん、後悔という感情が押し寄せる。
自然なことだ。
しかし、とめどない後悔より
深い反省こそが必要。
ホンダの創業者。
本田宗一郎さんは言う。
「進歩とは反省の厳しさに正比例する。」
ふざけのない真面目な深い反省が
私たちと私たちの人生を進化させる。
良いものに変えていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

容姿端麗でもなく、性格が格別いいわけでもなくてもモテル方法

別にモテてもモテなくてもたいしたことではないし
モテるイコールしあわせでもない。
モテると言うのは、異性として好かれる、好きになられちゃう
という意味です。

1.男性にモテたい人→男性を褒める

  男性の能力、やってくれたこと、その男性の得意なこと
  その男性が頑張っていることなどをとにかく褒めること。
  バカにしたり、小馬鹿にしたり、ふざけたりしてはダメ。

  ただし、最低限度は褒められてうれしい人でなければならない。
  もちろん誰に褒められても人はうれしいのだけれど、褒められて
  より喜ばれる人に成長し、より魅力を増すよう頑張りましょう。

  補足として女性は、ありがとうをよく言える人、
  ニコニコ笑顔がいい人がいいですね。

2.女性にモテたい人→女性の話をよく聞く。
 
  愚痴や不満や不安や悩みをえんえんと辛抱強く聞いてあげる。
  聞くのが一番。得意になって指導したり説教じみてはダメ。

    
  ただし、相談したい、話を聞いてもらいたいと思われる人で
  なければ、そもそもそんな機会や場面はありません。
  もちろん、誰でもいいから人は聞いてもらえるだけでいいし
  そういう時もあるでしょうが、より尊敬、より頼りにされる
  人間になるよう成長しましょう。

  補足として、男性は、愚痴らない人、
  知的・知性的ですぐ怒らず
  大らかな人がいいですね。

  もちろん、さらに容姿が魅力的、性格がステキ、
  いろいろな能力が豊かであれば
  それに越したことはなく、
  鬼に金棒、モテること間違いなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャンスをつくる人。脱運命100%人生。

賢い者はチャンスを見逃さない。
しかし自ら、それ以上のチャンスをつくる。
フランシス・ベーコン(イギリスの哲学者)『随筆集』

チャンスを見逃さず
それどころか、自らすばらしいチャンスをつくっていく。

なんと美しいフットワークのいい生き方
キラキラ、ワクワク、ガンガンの人生でしょう。

すばらしい言葉、すばらしい人間のすばらしい洞察です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイデアを盗みパクルのは創作、創造の一部あるいはその作業の全体。

「すばらしいアイデアを盗むことに、我々は恥を感じては来なかった」
と、スティーブ・ジョブスは、言ったという。

あんなにもオリジナリティーの高い、フォルムと仕組みを持った
商品を作り出した人間がである。

iphone、ipadを初めとした商品は
生活の仕方、仕事の仕方、創作・創造の仕方と
大きく言うと人間の生き方、人生観にも影響を与えている。
経済地図を塗り替え新たな文化創造をも起こし得ている
そんなオリジナリティー溢れる彼の仕事を
彼自ら多くのアイデアのパクリで成り立っていることを
宣言している。

新しさ、オリジナリィティーの創出とは
不断の爆発的なアイデアのパクリなのだろう。
全ての使えるアイデアを自分の所で、糾合、統合し
コーディネートしデザインしイメージやビジョンを
形にしていく。
一つ一つにいくつもの他人のアイデアがあっても
それは部品でしかなく、その部品を組み立て
連動機能させて一つのまったく見たこともない
造形物を作って行く作業なのだろう。

大いにTTPだ。
T(徹底)T(的に)P(パクル)
その作業の中で、抑えようとしても程よく自分らしさ
自分ならではの色が香が味がついていく。

よりすばらしいビジョン、デザイン、夢、創造物のため
古今東西のアイデア総パクリ、総動員しちゃいましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日は4月1日、エプリルフールの日。

4月1日は、大いに夢を語り合う日。

自分の実情、現状をまったく無視して
こうしたかった、こうありたかった
こうありたい生活を人生を
無責任に無防備に構えず語ろう。

意外と、具体的に何も言えない。

4月1日に、ウソでいいんだから
自分がこうあったら、生活が人生がこうあったらと
いくらでも言えばいいのにという思いで
夢と言うウソを語る。
照れ隠しで本当の夢を大言壮語のウソのように
語るのだ。

しかし、いかに私たちが
こうありたいという明確なイメージ
憧れや夢や目標をもって生きておらず
成り行き任せの衣食住の維持のために働き
生きる為に生きているという
生活をしているかということに
思い詰まらせるだろう。

そういうイメージを持っていないと
せっかくやって来たチャンスもチャンスとして
活かせないということもあるでしょう。

普段から具体的な理想の暮らしを考え、夢見よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »