« なんと気持ちのいい天気。 | トップページ | 心へのエネルギーの恒常的補給システムの人生の早期確立を »

盛岡バスセンター

Dsc_0139


ここの前景、目の前には、昨年まで
1960年(昭和35年)から、57年に渡って
Moriokabuscenter_2
営業していたバスターミナル
「盛岡バスセンター」があった。

今は、ご覧の通りの更地。

盛岡中を、県内を
あるいは東北と東京をつなぐ
最重要交通機関だった。
建物内には洋品店や大食堂、喫茶店、甘味店、
時計屋、中華料理店、理髪店などがあり
看板から品揃えまでまさに昭和博物館のような所で
不思議な時間の止まった異次空間だった。
あれは、時間、歴史と人が造った空間で
もう造ることは出来ない。

人の時も、街の時も
この世界の時も、この星の時も流れて行く。

You]Tube盛岡バスセンターhttps://www.youtube.com/watch?v=4-_nK7pnVwc

|

« なんと気持ちのいい天気。 | トップページ | 心へのエネルギーの恒常的補給システムの人生の早期確立を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99059/70904929

この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡バスセンター:

« なんと気持ちのいい天気。 | トップページ | 心へのエネルギーの恒常的補給システムの人生の早期確立を »