« しあわせだから微笑む、笑う。微笑み、笑うからしあわせになる。 | トップページ | 元気になるコツ処方箋 »

自分の人柄、人格の作り方。「疲れた」とめったに言わない大人になろう。

ある良き行為を
習慣やシステムにすれば
脳の中、心の中に徐々に
自分の思うような自分
自分のなりたい人格を
構築することが出来る。

たとえば
一日3回、運動するように声を出して笑う。
出来れば、5回かな。
ありがとうを、日に何度も連発する。
おなじように「いいね」「すばらしいね」も。
「気持ちがいい」「うれしい」「楽しい」「ステキ」も。

そして「でも」とか、「わかっている」とか、
「そんなカンタンじゃない」とか言わない。

すぐに口癖のように「疲れた」と言う人は
それを意識してやめよう。
決心してやめよう。

そもそも「疲れた」「ダルい」「眠い」とか
言われても楽しい相槌はうてない。
「・・・だから?」

「疲れた」「ダルい」「眠い」とか
そんな気軽に周りや共に其処に存在している人の
気分や気持ちや感情も考えず気軽に言うもんじゃない。
未熟で情緒不安定な女子中学生や
女子高生じゃないんだから、
大人なんだからさ、凛としようね。
もう少しカッコいい大人になろうね。

|

« しあわせだから微笑む、笑う。微笑み、笑うからしあわせになる。 | トップページ | 元気になるコツ処方箋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99059/71080414

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の人柄、人格の作り方。「疲れた」とめったに言わない大人になろう。:

« しあわせだから微笑む、笑う。微笑み、笑うからしあわせになる。 | トップページ | 元気になるコツ処方箋 »