« 「永遠の嘘をついてくれ」 | トップページ | 絵も文章、創作一般も人生も、みな同じ。 »

みゆきと拓郎に泣かされて

T君からダビングしてもらったライブ音源
「永遠の嘘をついてくれ」のCDを
音をビンビンにして車を走らせながら聴いた。

言葉の一つ一つが染み入る。
映画のように情景が浮かぶ。
チハルが、昨晩より鮮明に強く
思い出される。

これはチハルの歌だな。

私は、車の中で号泣した。
チハルと、もっと語りたかった。
もっと一緒に生きて、この星で
ワクワクしたかった。
いっしょに頑張りたかった。

チハルが死んで、この夏でちょうど10年。
私は10年目にして初めて泣いた。

だって、葬儀の時も弔辞を読む私意外の4人の
演劇関係者の後輩、同僚、先輩方は
みな号泣し、そしてそのことは想定内で
私はチハルの誇り高き同級生として
弔辞を演劇調で仕上げ葬儀で
チハルの人生で泣きと笑いを取った。
だから泣かなかった。
泣いたら、そんなバカ芝居はできないから。

劇団関係者、演劇界の方々、文化関係者
テレビ、ラジオ、新聞社の方々。
チハルさんの友達は、やっぱり変だと
思ってくれただろう。

「おー、よかった、さすがユウコウ」
と、読み終わった後、チハルの声がした。
あれ以来、私は10年、泣いていなかった。
墓場まで持って行かず、生きている間に
声を出して泣けてよかった。

中島みゆきさん、吉田拓郎さん
ありがとう。

チハルも、あなたたち2人の歌を歌い
ギターを奏でていました。

私もりっぱな永遠の嘘ついて
生きて生きていきたい。

|

« 「永遠の嘘をついてくれ」 | トップページ | 絵も文章、創作一般も人生も、みな同じ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99059/72279761

この記事へのトラックバック一覧です: みゆきと拓郎に泣かされて:

« 「永遠の嘘をついてくれ」 | トップページ | 絵も文章、創作一般も人生も、みな同じ。 »