« 毎年送られる美味しいリンゴ | トップページ | ハービー山口写真展 »

「それがパンクだ。」

写真家ハービー山口氏が
若き日、ロンドンの街を歩いている時
パンクロックにおけるセックスピストルズと
共に2台巨頭のクラッシュと偶然に
地下鉄の座席で遭遇する。

世界的ロックスターを目の前にビビルのだが
ありったけの勇気をふり絞り、写真を撮らせて
欲しいとお願いする。

予想に反し彼は笑顔で自然体で
被写体になってくれた。

何枚か思いのままに撮り終え
しかるべき駅で降りた若き無名のハービー山口に
電車から身を乗り出し彼を呼び止めて言う。

「撮りたいものは、すべて撮れ。
 それがパンクだ。」

そして、その言葉がハービー山口の写真家人生を創った。

シビレル話だ。

写真家の友人とお茶を飲みながら
今晩は、いい話を聞いた。

描きたいものは、すべて描け。
書きたいことは、すべて書け。
そう、私は変換して脳に刻み心に落した。

今、12月11日まで東安庭のクラブエイトという
とてもおしゃれな家具屋さんでおしゃれな家具と共に
ハービー山口のモノクロの写真が展示されている。

|

« 毎年送られる美味しいリンゴ | トップページ | ハービー山口写真展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99059/72347122

この記事へのトラックバック一覧です: 「それがパンクだ。」:

« 毎年送られる美味しいリンゴ | トップページ | ハービー山口写真展 »