« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

たった一つのこととに向かう姿勢

あなたの人生は、残り50年だろうか?

30年だろうか?

20年だろうか?

そしてその残りの時間、人生で

ただ一つしか出来ないとしたら

ただ一つだけ出来るとしたら

あなたは、何をするのだろう。

あなたのその一つとは何だろう。

それが、何であろうと

すぐたった今から着手することを

お勧めする

一日は、アッという間に終わり

その集まりの人生もまた

新幹線以上のスピードで過ぎていくからだ。

そのことに着手する時として

「たった今」より、この人生に

適切な時はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

給料の上げ方

給料を上げたい人は、

給料分働いていては目減りする一方。

自分の給料の何倍分も働くこと。

というより、給料のことなど忘れて

一生懸命、自分の出来る限り心を込めて

働くと自然に給料と役職は上がっていく。

自営業であれば、お得意さんが増え

売上げ、利益が上がっていく。

いずれ心を込めて働き、仕事をしなければ

その生活にしあわせはない。

しあわせになった上にお金が貰えて

暮らしが豊かになる。

これに越したことはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「行動力」のある人間

人を信頼できる重要な要素として「行動力」がある。

人は、それなりに良いことを考え、良いことを言える。

人の差は、そのどれだけを実行するのか、しているのかの

行動力の差が、そのまま人間の差だ。

「行動力」こそ人間の差を産む。

私は行動力のない人間ではないが

言うことも妄言も多いので、実行率は低い。

自分を戒めたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

説得力のある人

説得力のある人は、人を説得しない。

感嘆、感銘、感動させる。

説得したい相手は、説得してはだめだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天才的でない人の作り方

天才的な人は、直観で自力だけで
最高のアイデアを出し作り完成
させれば良い。

天才的でない人の作り方は、

1.作ろうとするものの出来るだけ
  最高の情報収集をする。

  それは、同時に作ろうとしたもの
  作ったものが既にこの世界に出ていないかの
  チェックも兼ねる。

2.それから自分の感性でシビレル
  取り入れたいものを取り入れ
  自分らしく加工、再構成する。

3.それが、オリジナルなものとして
  成立するか、客観的に検証し
  問題を感じれば修正して完成させる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢や思いや願いや目標の達成方法

石油で大成功したテキサスの億万長者
バンカー・ハントは、こうアドバイスする
「成功するのは簡単だ。
 最初に自分が求めているものを
 具体的に思い描く。
 次に、その実現のためにどんな
 犠牲もいとわないと心に誓い
 実際に犠牲を払わなければならない。」

やっぱり「犠牲」が必要か?
捨てると言う事か?

恐れ多いが、私も思っていることがある。
「まずどうなりたいか?どうしたいか?
 次に、効率が良いか、ベストな方法かは
 解らないけれど、少なくても
 こうすれば絶対、実現するということを
 考える。つぎに、それをやり切る。」

方法を考えるのは、そんなに賢くなくても大丈夫。
でも、それをやり切るしつこさ、徹底することが
難しい。

それでも、私のささやかな人生で掴んだ
私なりの自慢の法則だ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一番効率よい夢の、目標の、願望の実現方法

絵は、これはという師匠の絵を模写するのが
最短の上達法。

古今東西、黄金の鉄則。

夢も絵と同じ。

自分の夢、憧れを実現している人を探す。
本でもネットでも実際に会ってもいい。

そしてその人の行動、やってること、やってきたこと
全てを真似る。

それが、ベストで最短、最大効率の方法。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百戦錬磨の豪勇より本当に強いもの

孫子の兵法に

『百戦百勝は善の善なる物にあらず、
 戦わずして人の兵を屈するは
 善の善なる物なり』

と、ある。

本当に優れた武将は敵をつくらず
一度も戦わないというのだ。

戦わずに相手をものにする。

本当に賢いものは、一度も戦わずに
従える、目標を達成すると言うことだろう。

孫子の兵法、すごいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しい職場、楽しい家族、楽しい友人関係、楽しいクラス、楽しい地域活動の作り方

楽しい世界は、楽しい人間関係の成立が不可欠。
楽しい人間関係イコール楽しい世界。

みんな欠点だらけで、そんなすばらしい人ばかりが
集まっているわけじゃない。
「楽しい人間関係、楽しい世界なんて
 言うは易しで、そんな簡単なことじゃない。」
と言う人もいるかも知れない。

そうですね。
あなたの居るその世界のみんなを
天使のようにやさしくて
悪いところ、未熟な所のない
素晴しい人に変えるのは難しい。
不可能なことに近い。

でも、簡単な方法。
完全な方法がある。

誰も変えず、あなたが、すばらしいすばらしい心の
生きているのが楽しくてたまらない
スゴイ人間になるというスペシャルな
抜本的な手がある。

では、どうするか

あなたが今考えられる憧れの人格を
具体的に考え想像しなさい。
それが終わったら、その人格を、
その次の瞬間から演じ始めなさい。

もう少しタイミングを見ようとか
時間を貰って覚悟を決めてなどと構えず
ビビらず後先考えず、ためらわず
準備など万全とせず
すぐ演じ始めるのです。

カッコよく可憐に、
ステキに不敵に朗らかに
やさしく大きく元気に笑いながら
微笑みながら頼もしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天国と地獄の生まれ方

この世は、楽しいも楽しくないも
結局は人間、人間関係。

人間関係が楽しい人は、天国に生きている。
天国を作れる心を持っている。
いい人間関係を作れる心を持っている。

人間関係が楽しくない人は、地獄に生きている。
生き地獄。

認めたくないけど、その人は地獄を生み出す心を
持っている。
楽しくない人間関係を呼び込む、生み出す心を
持っている。

他人のいい所に目を向けること。
自分のないものでなくあるもの、持っているものに
目を向けること。

そうすれば、ご信心深い話をして、感謝の心など
お説教しなくてもふつふつと感謝の思いと
涙が溢れるものだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人の悪い所、至らぬ所がよく目につく人。

私は人に恵まれない。
家族も友達も同僚も地域の人も
みんな嫌な人、ひどい人ばかりです。

そんなことってあるかな?

ありますって、ひどい家族です。
ひどい会社です。
ひどいクラスです。
ひどい友達です。

この星の人間は100%
皆いいところもあれば、悪いところもある
未完成、未熟者です。
あなたは、人の欠点や劣っている所、悪い所、
未熟な所ばかりが気になり目につく人なのではないですか。
そういうセンサーだけを身に着けたあなたこそ
あまり友達にしたくない一番嫌な人ではないですか?

そうでなければ、あなたの周りにだけ嫌な人間、ひどい人
未熟でどうしようもない人だけが集まるという
恐ろしい偶然の現象を説明できません。

もしかしたら、本当にあなたには
全ての人が嫌な部分を見せてしまう不幸で悲しい状況が
発生しているかもしれません。
それは、あなたが全く信頼、尊敬されていないということです。
人は、信頼、尊敬し愛している人間には、いいところを見せたくなるし
とてもいい心で接するものです。

もしかしたら、ここに至って一つの結論。
あなたが誰より嫌な人間なんじゃないかな?

試しにまずは人は置いておいて
それでは、そんな人に厳しい苦言を吐くあなたが考える
すばらしい人とはどんな人か説明、語ってください。
そしてその人と、自分との比較をし
足りない部分を補ってその人になってみてください。

おそらくは、いい人ばかりが寄って来て
以前、非難していた人たちも興味深い人
愛すべき人、一緒にいたい人に変わって
しまうと予想します。

どうぞ、挑戦を!

あなたの楽しい人生のために
あなたの目の前に楽しい世界が出現する
そこであなたが生きるために
健闘と幸運を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の心と自分の生活と人生

生きていくことは、問題だらけ
いやなことばかりだと言う人がいる。
つらく悲しいことばかりだと言う人がいる。

そういう風に言う人が多いからと言って
それが正解とは限らない。
多くの人が同じように間違えてしまう問も
数多く存在する。

でも、そもそもそんなにそんなに問題が起こるのであろうか?
そんなにいやなことばかりあるのだろうか?
つらいことがそんなにあるのだろうか?
悲しいことがそんなに立て続けにいつも起きてるのだろうか?

ある人が問題だ感じているそれを
問題だと感じない人、思わない人がいる。
同じそのことを、いやだと思わない、感じない人がいる。
同じことを、つらいと思わない人がいるわけです。
さらには、たいへんでもそこに愛や学びや情報ややりがい
張り合い、生きがいを見つけて満ち足りた
十足感で生きている人もいるわけです。

その人がどう感じ
どう出来事と向かい合うかで
人生の色も形も楽しさも
まったく人それぞれなわけです。

たとえば「ブタ!」と言われて、笑って終わる人もいれば
あるいは親しく思ってくれているんだ嬉しく感じる人もいれば
一方で、こんな侮辱を受けたことがないと一晩悶々と眠れず
一週間怒り続けその相手を生涯の敵にまで思う人までいる。

右端から左端まで本当に、人は様々なのです。

人生は、あなたの心の狭さ、広さ
細さ、太さそのまま、穏やか豊かさの
度合いのままです。

あなたの心の様が、あなたの毎日の様
人生の様になるわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自信について

私は自分に自信があるわけではありません。
ただ、45億年のこの星の全ての宇宙の歴史を秘めた細胞を
60兆個も持った無限の力を信じている。
期待している。
妄信している。

その期待と妄信を力に、もしもこの人生で
すべての課題、困難と立ち向かうつもりだ。

この期待と妄信以上に
人類に力をあたえるものがあるだりうか。

間違いなくあなたも私もあの人も
45億年のこの星の、あるいはもっと先の宇宙の始まり130数億年の
無限の力を秘めた60兆の細胞で出来ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほめてくれる人、苦言を吐いてくれる人

自分を励まし、信頼し賞賛してくれる人も
たいせつ、ありがたい。

でも、厳しく自分の至らなさ、良くないところを
言ってくれる人もたいせつで、本当にありがたいこと。

心地よいコトバだけだと人は時に調子よくなり
うぬぼれ、傲慢になり平衡感覚を失ってしまう。
心地よいコトバを言ってくれる人たちとばかり付き合い
そうでない人を排除し続けていると
裸の王様の人生になってしまう。

だから、自分となぜか歯車が合わず
あるいは自分に対して攻撃的な人
なんか不満を持っているがごとく
何故か自分にぶつかってくる人もたいせつ。

耳を澄まし、心を穏やかに平常にすれば
そのような自分に対する接し方、行動をしてくる人の
その底流に、あなたがより大きく深く高度に進化し
よりしあわせに楽しく生きていける
たくさんの魔法が眠っているに
気づくだろう。
いつかは、解る日も来るだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人を幸せにする仕事

たくさんの仕事、いろんな仕事
いろんな仕事がある。

問題は、その人ならではの工夫をして
自分らしく仕事をしているか?

楽しく自ら働いているか?

笑顔と微笑みを浮かべ
時に苦笑いと、お笑い総動員で
働き暮らし生きているか?

そうすれば仕事は、何の仕事をしていても
誰もが誇り高く満ち足りて
しあわせに生きていける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たとえば、こいう生き方もある

なんの目的も目標も計画も持たず
今、目の前にある、今手掛けている
今できることを、ただただ一生懸命やる。
その一生懸命やった結果において
その関連によって次のするべきことが
やって来て、ダイナミックに
人生が展開していくという生き方だ。
 
でも、実は目標や計画があっても
人生はほとんど予想外で出来ており
皆、結局、楽しく満ちて生きていく
ダイナミックでありながら着実な人生とは
今の仕事、今手掛けていること
全身全霊でやるという一種類の
生き方しかないのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れられないこと

良くも悪くも忘れられないことがある。
いいことは、それをこの世界を愛し行動する
エネルギーにすればいい。
 
悪いことは、反省すべきことして
二度どと同じ過ちやミスをおかさぬようにする自戒
してはならない行動、注意すべきことととして
むしろいつも忘れてならない行動規範として
忘れないことそれなりに意味のあるはいいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れることの大切さ

忘れないと頭がパンクするというが
脳みそは少々ではパンクしない
巨大なところだ。
 
ただ同じ強さですべての記憶が
如実に脳の中で蠢いていると
新しい必要な情報を吸収するのに
難儀してしまう。
 
重要でない情報はどこかに
しまい込まなければならない。
忘れて無くなるのでなく
巨大な脳のどこかの引き出しに
しまい込まれるだけだ。
そして、それは脳が自然に
しかるべき引き出しを見つけ
しかるべき様に仕舞っていく。
いつか必要な時にふとまた
思い起こされたり
引き出されたりする。
すばらしくうまく出来ている。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れる動物

風邪や病で具合悪い時は

健康さえあったら何もいらないと思っていたあの時を忘れ

健康な今日を、たいしてありがたがりもせず

たいしたこともなく生きている。

500円、1000円が欲しくて本や服や雑貨を売るような日には

どれだけ500円、1000円がいとおしいか、ありがたいか。

少々お金ができるとすぐに無駄遣い、衝動買い、

ぜいたくをしてしまう。

人間は、いや私はなんと忘れやすい動物なのだろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

注意、忠告、アドバイスの仕方

相手がよくなるために言うことだが

いくらいいことでも、思いがあっても

受け入れやすい言い方を、内容、状況を作って

言うことがたいせつだ。

みなまで言わず一番大切な一つ、二つに絞ったり

場合によってはユーモアを交え

適度な自虐を入れたり、微笑みを持って言ったり

責めるような言い方でなく、包むような思いと言い方で

言うなりなど様々な工夫が必要だ。

最大限に受け入れ安い状況づくりの工夫が必要だ。

言うことが目的でなく、相手がよく変わるのが目的だからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心と感情がつくるもの

ある出来事が起きる。

それを悲しいと思う人、つらい苦しいと思う人がいると思えば

それを楽しいおもしろいと感じ思う人もいる。

だから、人生とは出来事の積み重ねで出来ているのでなく

その人間の心、感情の反応の積み重ねで出来ている。

人生を変えるとは、心と感じ方を変えることだ。

心の進化と感情の感受性の進化は

人生を過去、現在、未来において変える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たいせつなたいせつな「今」

この「今」も
いつかやがて、あの時、あの頃になるだろう。

「今」を変える最大のチャンスが「今」だ。

私の「今」は完全に私の手の内にある。
あなたの「今」が完全にあなたの手の内にあるように。

思いのままに「今」を変え、思いのままの「今」を創ろう。

そう「今」が
未来の私の、あなたの未来において
そのさらに先の未来の力にもなるような
誇り高き、きらきら輝く懐かしいいとおしい
素晴しい、あの時、あの頃になるよう
思いのままに、とびっきりの「今」を創ろう。

必然として「今」は未来をつくる。
未来を形作り構成するすばらしき「今」の創造は
そのエネルギーの膨大さ、根源なる強さによって
私のあなたの抱える全時間に影響を与え
その全時間をも染め替え未来のみならず過去をも変える
ダイナミックな革命をあなたの全時間、全存在に起こすだろう。

すばらしい、思いを込めた「今」を創ろう。
過去も未来も含めた私の、あなたの全時間を変えるだろう。
あなたの願い祈り、望み憧れるような全時間に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私は、何しに生まれて来たのだろう

「人生の半分は忘れてしまった
 自分の本当の仕事を思い出すのに費やし
 残り半分は、思い出したその仕事を
 実現するためにある。」

ふーん。

「思い出すまでは、
 偶然と受動による人生の味わいを楽しみ
 思い出してからは、意志と必然による
 能動的な人生の醍醐味を楽しむ
 ということになる。」

ふむ、ふむ。

「今だ、思い出せていない場合は
 一日も早く自分の仕事を
 思い出さそう。」

あなたは、どちら様?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しあわせでいて欲しいなと思う人たち

Imagejpgfrghjどうしているのだろう
しあわせに暮らしているだろうか
楽しく生きているだろうか

そんな風なことをふと思い考える人が
あなたにも、いや、誰にでも
いるのではないか。

しあわせに生きていて欲しい
楽しく暮らしていて欲しいと思う人

いつの間にか関わりが無くなった
会う事、出会うことが無くなった
かってあの頃、とてもよくしてしてくれた人
お世話になったあの人、あの方。

どこにいるのかわかっているなら
電話一本、お手紙の一つ、
突然訪ねてては、おもしろくないか
ステキではないか。

もう会えない、合うべき人でなかったら
せめて、その人のしあわせを祈ろう。

遠い国の森の中の一頭の蝶が羽ばたき
この星に巨大な竜巻が起こるように
あなたのそのピュアなささやかな祈りが
その人の人生におおきなしあわせを
もたらすかもしれない。

もし、そうなったらステキなことだ。

バタフライ効果

小さな変化や誤差が連鎖反応によって大きな変化や誤差が生じる
例え話。ブラジルにいる蝶が羽ばたくとニューヨークで竜巻が起き
るのか?!という話からきている。
 例えば、蝶が羽ばたいていたとする。その蝶に興味を持った子鹿
が蝶を追いかけ、その子鹿をライオンが追いかけ、ライオンに気づ
いた周りにいた鹿が一斉に逃げて、それにより大きな風が起き、そ
の風が海に向けて移動し上昇気流になり、上昇気流により海で積
乱雲が作られ、その積乱雲によってどこかで竜巻が起こる。
 このように、少し無茶苦茶だと思うかもしれないが、蝶が羽ばた
けば、小さな変化や誤差が生じて、徐々に変化や誤差が大きくなっ
て竜巻を起こしてしまうかもしれないという理屈。


 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私は忘れません。

あなたがくれた何一つ
あなたがしてくれた何一つ
あなたがかけてくれた言葉の何一つ
いたわり慈しみ愛でくれた眼差しの何一つ
何一つも忘れません。

それに一生、報いることも
お返しすることも出来なくても
私は何一つ忘れません。

忘れないことだけが
私の出来ることかもしれません。

いずれ私は何一つ忘れません。

人類は、してもらったことは忘れ
自分がしてあげたことは
執念深く覚えている性質の動物と聞きますが
私は何一つ忘れません。

私は忘れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つまり「どうでもいいことばかり言って生きてんじゃねーぞ!」って叱られた。

どうでもいいことばかり言って生きてないで
一番いいたい事、言おうじゃないか。

なぜ、そうしないんだろう。

それは、文句とか愚痴とか、
誰かの悪口のことじゃないよ。

むしろ、その対極にあることだよ。

誰かを愛する言葉
誰かを讃える言葉
誰かに感謝の言葉

もう少し分かりやすく具体的に言うなら

誰かを大好きだよという言葉だよ。
誰かを、あなたはえらいなという言葉だよ。
誰かを、すばらしいという言葉だよ。

言いたいのにがんまんして
ボーっとして言い逃している
言いそびれているその讃える言葉だよ。
いつでも言えると思って言えてない
その感謝の言葉だよ。

なんでそれらを言わずに
いつももやもやしてはにかんで
ぼっーとして生きてんだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年することや目標設定について

凍てつく冬の寒い朝
早く雪が無くなり
自転車の乗れる春を思う。

春を思ううち、気がつくと
春はいつの間にか、とうに通り過ぎて
私は、青い空、入道雲の下
汗かきかき右肩、頬に潮風を感じながら
海岸線を南南西に向かって走っていた。

時折、ふらりとうみねこが目の前を通り過ぎて行く。
遠くに小さく白く輝く外国船をぼんやり見つめながら
アトリエを出る時煎れて来た友人にもらった
ドイツの豆のコーヒー飲む。

マグカップで一杯飲み干すと
風が変わった。秋風だ。
見上げると、無数の車トンボたちが
空一面に飛んでいる。

木々は日に日に紅葉を鮮やかにし
空気はどんどんひんやりとする。
連日通ってカフェの窓辺で一本の小説を書きあげた頃には
世界がグレーになり、気節は冬になっていた。

もう一年か。
年々、時計の針は速さを増し
あっと言う間に数日、数週間、いや数ヶ月が経って行く。
時計は同じ速さで時を刻んでほしい。
やっとこの頃少し大人になって自分がしたいこと
するべきことが分かりかけて来て
一番欲しいのが時間だと思い巡らしている時に
今時の時計はおかしい。

でも文句を言っても仕方がない。
相当悪いことをし、意地悪なことを人に言って生きて来たのに
ここを渡らずどうぞ天国にと、この時ばかりしおらしく
閻魔大王様に泣きついてもそんな話は通らないのと同じように
世界時計協会のあの頑固会長が時計の針を
遅くなんかしてくれないことは百も承知だ。

だから私達の方が、ぼっーとしないで
集中して欲張らず、たった一つの一番たいせつなことを
二番、三番、五番、十番のことでなく
一番たいせつなことをたった一つだけやり切ることだ。

それが今年の為すべきこと、仕事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマイルおじさんとクマちゃん

Yjimagejpgdwwddddd_2「いいかい、クマちゃん。
 自分の夢、この人生での夢。
 叶っても叶わなくても
 そんなこと小さなことだよ。
 そんなのどっちでもいいじゃないか。
 どうでもいいことだよ。
 たいせつなことは
 おまえの現実の日々でその行動で
 その夢に向かったか
 向かった人生であったか
 というのが、それだけが
 重要でたいせつなことなんだ。」

「ハイ!」

スマイルおじさんはさらに続けて言いました。

「夢のない人生は楽しくないよ。
 夢に向かって歩くと、その道なりは
 物語になるんだ。楽しい物語にね。
 クマちゃんも楽しい物語書くんだな。」

「ハイ!」

「りっぱなお返事だ。
 一等賞だ。大好きだ。
 素直なことが一番だ。」

「ハイ、アンガトゴザマス。
 ガンバマス!」

クマだって頑張ってんだ。
人間のオレはもっと頑張らなきゃ。
今だ人生中途半端、物語になっていない。
説教しながら、いつも自分を説教している
どこか憎めないスマイルおじさんは
夕日向かってホット缶コーヒーを
飲みながら目をうるうるさせていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

One love story

Yjimagejpgwwee
ケンジさんは、真っ白く雪に覆われた一本桜の下に
寒い冬の早朝に彼女を呼び出した。
来たるべき時が来たのかと彼女は胸高鳴る。
雪草履を履いて一本桜の下に来た。
ケンジさんは、もう来ていて
背中を一本桜に押し当て
遠く岩手山の方を見ていた。

「ケンジさん」
「おーっ」

午前6時ジャスト。雲は少し朝日の気配を漂わせ
山肌も少し明るくなって来た。

「今日は、はっきり言っておきたくて。
 あんたは、私が花束を贈りたい人じゃない。」

「・・・・・・・・なんと、なんと、そういうお話。オー・マイ・ガット」

「ボクはキミといっしょに花の種を植えたい。

 見渡す限りのこの大地に
 いっしょに育て、その花をいっしょに
 たくさんの人に配ってまわりたいんだ。」

「オーケー、オーケー、オッケーよ!」

Yjimage

| | コメント (2) | トラックバック (0)

正月休み最終日

今日は、東京でテレビの仕事をしている中高の同級生と
寿司を喰い、お茶を飲み在京の同級生たちの話を聞き
半日を過ごす。

今年はいつもより早く明日3日から仕事開始。
正月休みに読もうと思っていた
村上春樹さんの「騎士団長殺し」。
また、しばらくお預けか。

上下2巻だからと構えず、少しずつ
読み始めようか、それもよし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年2018

2018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »