« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

命日の意味と意義

母が亡くなって今日が3周忌。
94歳でウルー年の29日に亡くなったので
4年に1遍というわけにいかないから
28日の今日が命日。
 
自分にいつかは死ぬ日が来ることを
肉親の死、親しい人の死は思い出させる。
私たちは日常的には、それを忘れている。
死を思い出すことは
生をリフレッシュさせる。
 
また、故人への感謝の思いの想起は
今、生きて共にいる関わる人たちへの
感謝の情の増大にも寄与したりする。
馬鹿なことばかりしていたり
ダラダラと無為な日々を送っていると
ピュアでまともな自分を取り戻したり
しっかりまた何事かに頑張ろうと
襟を正す機会を与えてくれる。
だから命日やお墓参りはとても大切だ。
 
母ちゃんの好きな団子とお茶と
大きな甘いイチゴを持って
実家のお仏壇に合掌。
お花畑に笑顔でかがむ母の遺影に合掌。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私たちの発するべき言葉

自分の未来を楽しくする、明るくする、豊かにする
そういう言葉だけを発するようにしよう。
 
自分をいらいらさせる言葉
自分を卑屈にする言葉
自分を嫌悪させる言葉
自分をなまけものにさせる言葉
他人やライバルを批判したり引きずり下ろすことで
自分の成長のための努力を減退させる言葉
自分の顔を、醜くする言葉
そういう言葉は、極力、頑張って発しないようしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマのない人生、ドラマチックじゃない、ワクワクしない人生の作り方

与えてくれたら与えよう。
与えられた分、与えよう。
与えた分は、元がとれそうふだから与えよう。
与えたら与えてくれそうだから与えよう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「行動力」が肝心

最終的に、人生の楽しさの差は行動力の差だろう。
 
智慧のある人、情報や豊かな人間関係と人脈を持つ人
技術や才能や能力のある人
そういう素晴らしいものを持った人は
たくさんいると思う。
 
しかし、実際に何かを成し何ものかになる人との差は
最終的に「行動力」の差、「行動力」だけの差だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しあわせな人

しあわせな人とは、どんな人なのかの定義ほど簡単なものはない。
感謝できる人だ。
感謝できる人は、自分が持っていないものばかり欲しがり
自分の持っているものが見えない人ではなく
自分の持っているものがちゃんと見えていて
ありがたいと感謝している。
 
感謝出来ない人は、自分の持っているものに気づかず
人の持ってるものばかり欲しがるあまり気持ちのいい人ではない。
 
感謝できる人は、人の良さが見え、物事、出来事から
未来に生きることを見出すセンスがある。
 
一方、感謝できない人は、人の悪い所ばかり見えて批判し
人の劣っている所ばかり取り上げ優越感にひたるという
あまり気持ちのいい人種ではない。
 
人や物事に感謝できる力は、あらゆる人間力の中でも、
人が幸せになり自分の能力を高めるために
最も重要な能力である。
 
感謝に溢れて日々生きている人の相(顔つき・表情)は
なんかキラキラして美しく輝いている。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろんなことがうまくいかない人

いろんなことがうまくいかない人がいる。
そういう人の中で、「人生はままならない」などと
達観したことを言うのが好きな人もいる。
 
うまくいかない、ままならいという人は
実はすべてのものごとに、
準備不足なだけなことが多い。
 
準備のリストアップが甘く、
その一つ一つの準備の完成度、徹底度が
きわめて甘く中途半端なのである。
しっかりとした準備をしてない。
できてないという状況なだけである。
辛口の人がいれば、たとえ体は大人でも
心と精神年齢、人生開拓力は子供のままですね、
と言うかもしれない。
 
もっと辛口の人がいれば、
それは単なる考えたらず
真剣さ欠如、なまけものだと言う人も
いるかもしれない。
 
楽しく安心し発展していく人生には
十分な一生懸命に凛とした準備、準備作業が
必要不可欠なのだ。
 
うまくいかない、ままならないという人は
同情の対象ではなく、もっとしっかり何事にも
準備していこうという励ましの対象なのである。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ママ、おかあさん、かあちゃんの仕事

ママ、おかあさんの仕事は
かわいいウサギさんやクマさん弁当を上手に作ることじゃない。
かわいい服を着せてあげることでもない。
子どもに恥欠かせない、ファッショナブルでおしゃれなママで
あることでもない。
 
1.我が子に毎日、大好きだ、愛していると言うこと、感じさせること。
2.我が子を毎日、ほめること
 
以上の2つです。
 
それが、その一回一回の行為が、ひとことひとことが
我が子の力強いしあわせな未来の貯金になる。
才能開花の最大の投資になる。
おとうさんは、お母さんと我が子にやさしく微笑んで
頑張って働いてください。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

親の仕事、教育者の仕事

子どもを、照れずに誉めること。
これが、一番大切な親の仕事、先生の仕事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賢く快い女性

負け方、譲り方、相手の立て方がうまい人。
みなまで言わずに、やり込めない追い込まない
それをしない我慢、抑えることのできる温かさと大きさを持つ人。
さり気に人を支え、人を陰で支えている人を陰で支え
さらには自分は表にでず花を持たせる花の様な人。
そしてそれで心から満足し、それで幸せになる人。
いつも日々を、人生を楽しもうとしている人。
 
人からされたいやなこと、不本意なこと、残念なことより
感謝すべきことを忘れず、目減りさせず、むしろ増幅増大させ得る人。
頑張っている人を、ひがまず素直に感心し称え
微笑んで見ることのできる人。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かっこいい人、ほれぼれしちゃう人

頼めば、すぐやってくれる人。
忙しいのに忙しそうに、めんどくさそうにせず
恩着せがましくじゃなく、ウソまで上手について
ちょうど気分転換したかった、そっちに用事があったなどなどなど
気を遣わせない大人な人。
 
そんな家族、そんな友達、そんな同僚や上司、そんな恋人。
いつも程よい勢い明朗な波長を発し
その人が、現れるとその空間がパットと
明るさとしあわせ度数が20%アップする人。
そして、なんか元気になって頑張りたくなる人、そうさせる人。
めんどくさくなくて気持ちのいい人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

威張らない人のすごみ

威張らない柔和な人は、宇宙のすごさ
世界の広さ、人間の多様さを了解しており
素晴らしい多くの人間を知っていて、
必然、威張ったり人を見下したりしない。
 
ネガティブな言い方をすると
自分がいかに小さくレベルが低いか
ポジティブに言うなら
いかに世界には学ぶべき憧れるべき素晴らしい人間たくさんいて
あるいは、そういうレベルの境地があるかを知っているので
威張るとか、誰かを見下すなんて感情は一切わかない。
どんな状況でも未来が少しでも楽で楽しくて幸せになるよう
また、どんな人間からでも学べるし学ぼうとしているから
威張るなんて感情は発生しないわけだ。
ピーチク年中怒り、威張り散らしている人は
実は少しも怖くない。
本当に怖いのは、終始穏やかで
いつも微笑んでいる人だ.
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信頼できる人、心許せる人、安心していい人

人をよくほめる人、いい所を見つけて感心したり尊敬したりする人は
安心できるし、信頼できるし、心を許してもいい人だ。
 
もちろん陰口悪口は言わない。
陰口悪口をあなたに言う人は、あなたのことも
どこかで誰かに悪口を言っている可能性は80~99.999999%と
かなりの高確率だ。
逆に、人を褒め、人のいいところに気付き感嘆し尊敬し学べる人は
あなたのことも、どこかで誰かに褒めたり自慢している。
いい友達がいるんだってね。(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

注意すべき人

なんと言っても人の悪口、陰口を言う人。
家族、職場の人間、隣近所、友人の悪口ばかりいう人。
あの人も嫌い、この人も嫌いという人だ。
 
人は、自分にあるもの自分の持っているものしか
把握、感受出来ないので
そういう人は、相当に人間として嫌なものを
持っている人だからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネット環境、お手上げの日々!

何十年とADSLで、サクサクと動き
何も問題なかったが、携帯電話との絡みで
ソフトバンクのAirにした。
稼働して2週間、何も問題なかったが
突然数日前の朝からネットがつながらない。
センターにと合わせたが、ソフトバンクの機器の故障などの
原因ではなかった。
なんと、不具合が発生する数日前に目の前の電子柱の
大がかりな電気工事が入った。
それが原因らしい。
でも、なんと対処のしようがそういう場合ないらしい。
様子を見ててほしいとのこと。
なんと今どき心もとないシステムだろう。
Airは失敗だ。
電信柱や何らかの大きな電気工事があると
電波が乱れそれは機器では、ソフトバンクのシステムでは
対処できないというのだ。
たとえ原始的でいいから、Airの場所を
置く場所を変えてみてくださいという指示だけでも
何か欲しかった。
何もできず、様子見ててくださいというのには
びっくりした。
一応、ネットがつながらないと仕事上死活問題の人も
いるでしょう。
一つの口コミ情報として参考にしてください。
おまけに、せめてこうしてブログをアップするため
最後の頼みの綱だったiphoneのデザリングもうまくいかない。
オーマイガット!状態。
でも、そちら方は、古いパスワードのものが
邪魔していてデザリングが出来なくなっていたようで
そのやり方を教えてもらったのは収穫だった。
カフェでブログをアップできない、ネットで調べられないという
ストレスから数カ月ぶりに解放された。
こちらの方は、知ってしまえば常識的なことで
私が知らなかっただけのレベルの様な気がするので
詳細はのべない。
いずれ、早く電波障害が収まりAirの機能が再開するまでは
iphoneのデザリングで頑張ってもらうしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインデー

草食男子急増のご時世。
男子こそワイルドに愛を告白する日が
あった方がいいのではないか。

草食男子と言わずとも
そもそも男子は、昔から女性より
シャイで臆病で、実は女性以上に
ヤキモチ焼きの生き物ではないか。

でも、考えてみれば、男子が愛や親愛を
伝え、告白する日なんてあったら
女子もたいへんだ。

バレンタインデーが世の男子が
そわそわする待つ身の辛さが
分かるだろう。

選択し決断し行動する方が
ある意味、楽だろう。

待つだけという何の努力も行動も出来ず
ただただ世の中に審判されるのを
受け入れるしかないというのも
そういう日が、年に一度もあるというのも
つらいものである。

でも。もし2月14日が、
男子が女子にチョコレート贈る日になったら
ますます男子は、草食化し可愛いエプロンなんかして
女子顔負けの手作りチョコレートを作り
草食男子増大のきっかけを益々助長しそうだ。

ただ、現在も世界的視野に立つなら
アメリカ・ヨーロッパでは、男女関係なく
恋人や親しい人にバラ、ケーキ、カードと
いったものをプレゼントするそうで
ホワイトデーのようなお返しの習慣は
ないとのこと。

人生の時々で、自分の人間関係が
より円滑にいいものになるよう
上手に記念日、イベント使う事だ。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

2月14日。後顧の憂いを絶つため遠征する兵士の結婚を禁じた
ローマ皇帝クラウディウスに反対したバレンタイン(ウァレンティ
ノス)司祭が処刑された270年2月14日の記念日と、この季節に
木々が芽吹き小鳥が発情することとが結合した風習といわれる。
 初めは親子が愛の教訓と感謝を書き記したカードを交換する
する習慣だったが、20世紀になって、男女が愛を告白して贈り
物をしたり、とくに女性が男性に愛を告白する唯一の日とされ
るようになった。日本では1936年(昭和11)と52年(昭和27)こ
ろに、神戸の「モロゾフ」がチョコレートを贈る風習の移入を計
画したが発展せず、一方関東で1958年、東京の洋菓子「メリー
チョコレートカムパニー」により、女性が男性にチョコレートを
贈る風習が始められ、年ごとに盛んになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まずは自分

人を笑わせる前に
まず、自分を笑わせよう。

自分がおかしくなければ
人もおかしくはない。

誰かをしあわせにしたいと思うのなら
まずは、自分がしあわせになろう。

このしあわせだけは、
しあわせでないとしあわせにはできない。
教えられない、導けない。

自分が楽しく生きていなければ
人を楽しくさせることも
楽しく生きる術を教えることもできない。

まずは、自分を。
まずは、自分が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今から30数年前の今日

今から30数年前のこの日
東京熱病に侵されていた私は
東京は高田馬場駅の売店で買った
分厚い就職ガイドをぱらぱらめくり
心が引かれたキャッチコピー
「生きるとは自分の能力を引き出すことだ!」
という予備校に電話し、即、その後
その足で、その予備校の本社に移動して
採用試験とたまたま、社長もいて面接。
合格、採用。3月31日で県職教員を退職して
4月1日より、東京での暮らしがスタート。
6年間、寝食忘れてその予備校で働き
1年半から2年のペースで、働きながら
絵の個展も銀座や青山でやりながら
東京を満喫した。

そんな時代もあった。

そんな時代もあった。
今日の日も、やがて
いつかあの頃になるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

他人や世界を変えるより自分を変える方が簡単。

人を変えるのは、本当に難しい。
環境を変えるのも、なかなか大変だ。

しかし、自分を変えるのは簡単だ。
変えよう、変わろうと本気で
心から思えば次の瞬間、根本から
DNAから、生まれ変わったように
変われる。

実際、これは空論じゃない。
母親のある注意、忠告で
深い自己嫌悪、自省の瞬間を持ったことで
それまでもの凄い短気で怒りっぽかった私が
15歳から40数年、ただの一度も
私憤や利己によって感情的に人を
怒ったことが無い。

人は深く強く思えば一瞬で
自分を根本的に変えることが出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人格を簡単に変える方法

自分の周りにすばらしい人がいたら
この人生幸運中の幸運。
ラッキーマンのラッキーウーマン!

周りにいなかったら
テレビやネット、雑誌や本などから
すばらしい人を一所懸命探そう。

この探索は、人生必須の行動だ。

そして、そのすばらしいところ
魅力的なところ
ほれぼれするところ
惚れるところ
しびれるところを

盗みマネしてためらわず
すぐに同じように振舞うことだ。

本当の自分、自分なんてないのだ。
この自分が、あなたが惚れる行動、人格を
真似て演じる舞台
それがあなたの人生であり
あなた自身であり、結果、本当の自分であり
本当の自分は?という問いに対する
本質的、本源的正解はその答えだけなのだ。

オーケー?!(^^)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嫉妬を越える二つの方法、方向性またはベクトル

一つ目の方法。

嫉妬は限りない妄想によって
行き着く所、嫉妬しないよう
彼女に、彼に自由を与えず
閉じ込めてしまう
完全拘束してしまう事だ。

しかし、それは現実的には
不可能な方法、方向性だ。

それは相手への不信、一方的不安を発端にし
やがて相手への行動のすべての基盤を
すべて不安と不信にしてしまう悲しいストーリーの
始まりだ。

精神が、心が、感性が全て
辛く苦しく果て無い蟻地獄に
落ちてしまう。

その終着駅は、人が行き着くことのできる
お互いへの愛も敬意も失った
この世で最も悲しいところだ。

もう一つの方法。

それは嫉妬を越える方法、方向性だけでなく
それは人が力強く誇り高く自分の人生を
生きて行くためのとても大切で重要で
基本的で初歩的な方法、方向性だ。

それは嫉妬の妄念に侵され
占領されてしまうと、どんな人格者も
すっかりすっぽり忘れてしまう
抜けてしまう方向性であり
私達は、それを取り戻さなければない。

その方法、方向性とは

自分への自信を取り戻すこと。
自分の持っているすべてを思い出すこと。
自分しか持っていないもの、力を思い出すこと。
自分と彼の、自分と彼女の作って来た思い出
積み重ねて来たものに誇りもつとかではなく
ただただ深く心から感謝することだ。

その感謝の思いの深まるままに
雪が春の太陽に照らされ一気に溶け出すように
嫉妬心は速やかに気持ち良く消えて行く。

感謝は、人間的なすべての感情の根源的なものだ。
もちろん愛も信頼も尊敬心も生み出す。
よって幸せも生まれ増幅する。

人は嫉妬に支配された時
自分への自信をまったく失っているか
自信を取り戻す努力や方向性をまったく意識から無くし
まさに自分を見る目を方向性を無くし
盲者となってしまう。

それは、自分を糸の切れた凧にしてしまい
この世界と人生の荒海に、真っ暗な宇宙の闇に
放してしまう行為だ。

その状態では、もう人生の充実も建設も不可能になる。
自分の自分らしい人生の創造は中断する。

優れた脳の能力を使い誤った妄念に侵された狂った猿に
ならないよう我々人間は気をつけなければならない。

自分が嫌いにならないよう、誇り高く生きよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の願いと言う「人生の器」

思うのは勝手で
言うのも誰にも迷惑かけないないなら
人は自分の思い、願いと言う器以上に
その人生が形成されないとの
先哲の言葉を信じるなら

「才能豊かで自分の力を発揮し
 自由自在の財力を身につけた億万長者になり
 世界をあちこち飛び回り
 素晴しい人たちと出会い共に有意義な仕事をし
 感動の楽しくエキサイティングで幸せな人生」

を、生きたいと言い、願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よく出来る事、出来ない事

私が出来ない事はいっぱいある。
それは、必要と興味があり可能なら
出来るようにもしたい。
でも、出来ないことは出来ないでも構わない。
人生は短い。
楽しくない努力はあまりしたくない。

それより、私はこの私がよく出来る事に
感謝したい。

本当にそのことを深く感謝し
もっともっと活かしていかねばならない。

もっともっとがめつくしたたかに
効果手的、集中的に爆発的に
徹底的に潔く活かして行かねばならない。

私も、あなたも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分のすべきことや、仕事

自分が出来る事に集中すること。
自分が出来ない事は、どこかでいつか
潔く見切りをつけよう。

自分の好きなことに没頭し極めること。
昼も夜もそのことを考えよう。
自分が好きでないことは
しなくてもいい状況なら
無理してしない方がいい。

人生は思ったより短い。

やっていて楽しいこと
5時間も10時間も続けていられることがあるなら、
それがあなたのするべきことで
それをガンバッテなんとか
自分の仕事にしてはどうか。

少し勇気が必要なら
その勇気を出して頑張って見よう。

始めることに遅いことはないというものの
あなたが若いのならまっしてのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「たい」をビジネスに、生きがいに。

私達はいろんな「たい」Wantを持っている。

成長したい。
能力を高めたい。
気持ちよくなりたい。
儲けたい。
美しくなりたい。
楽しい気分になりたい。
感動したい。
尊敬、信頼されたい。

あなたは、この「たい」の中で何を
ビジネスに出来るだろう。
人生この時点で、あらためて考えてみよう。
どんな「たい」で、自分を活かし
この人生を悔いなく燃焼できるだろう。

私も、今日、今からあらためて
考えてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり、まねっこが一番いいのか、たいせつなのか?

啓発系のどんな本を読んでも
成功するためには
大金持ちになるには
幸せになるなるには
成功してる人の真似をすることが
大金持ちになっている人の真似をすることが
幸せになっている人の真似をすることが
最短、最善、最効率の道、方法だと言う。

出典が同じなのか
真理故の共通性なのかは
解らないが、みな同じことを
言っている。

話し方、行動の仕方、物事の捉え方
出来れば来し方の経験や積んできたトレーニング
身に付けて来たいろいろな能力の全てを
まさに、猿まねのように徹底して真似ることだ。

そうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「自分に対して責任を果すこと」について

 私たちは、いろんなもの、いろんなこと
いろんな人に責任を感じて生きているが
何より、誰より自分自身に責任を持ち
責任を果さなければならない。

自分に対して責任を持つと言う事は
この星に何の因果か、生れ落ちた自分を
楽しませる、楽しく生きさせる
しあわせにする責任だ。

厳しく言うと、楽しく生きていない人は
自分に無責任で責任を果たしていないことになる。
それは、いけない。

楽しくと言っても刹那の一過性の快楽的なものでは
継続的に、発展的に楽しさを持続、増幅は
出来ない。

誰かを苦しめたり不幸にしたり
法律に触れて拘束され自由を奪われたり
そういう状況になることを怯えたりしていては
継続的にトータルに自分の人生を
楽しいものにできないだろう。

そもそも、自分を楽しく生きさせるのに
誰かを苦しめたり誰かを犠牲にする必要は
まったくない。

そういうことなしに、人はいくらでも
生活を、人生を楽しめるし
いくらでも他の誰でもない
この自分を楽しませることも
しあわせにすることも出来る。

この自分に対するこの責任をないがしろにして
何かに誰かにしっかりと力強く責任を持てる
自分を維持する事は出来ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が神、ユーミン

久しぶりに
ユーミンの「卒業写真」を
車の中でボリュームいっぱいで聴いた。

リピート設定にして何度も聞いた。

やっぱり、ユーミンは、すばらしい。
約40年の間、きっと数百回どころではなく
数千回聞いたのだろうと思うが
今でも、感動する。

本当に素晴らしい歌だ。

人生と世界に愛情が溢れてくる。

凛と生きようと、心を魂を
リフレッシュしてくれる。

私にとっては、一番ピュアで一番元気な心に
引き戻してくれる有効な手段の一つであり
この歌を作ったユーミンは、
私にとっては神、女神だ。

80なっても90なっても
曲を作り歌い続けてほしい。

たとえ、声がかすれても
ユーミンだけは、誰も笑わないだろう。

でも20年、30年後は、
ステージで微笑むユーミンの前で
ロボットのユーミンが踊り
歌っているだろう。

ーあの頃の生き方をあなたは忘れないで
 あなたは私の青春そのものー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月1日

私の人生で、あなたの人生で

たった一度だけ、存在する日。

そして、昨日も、明日も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »