« まずは自分 | トップページ | ネット環境、お手上げの日々! »

バレンタインデー

草食男子急増のご時世。
男子こそワイルドに愛を告白する日が
あった方がいいのではないか。

草食男子と言わずとも
そもそも男子は、昔から女性より
シャイで臆病で、実は女性以上に
ヤキモチ焼きの生き物ではないか。

でも、考えてみれば、男子が愛や親愛を
伝え、告白する日なんてあったら
女子もたいへんだ。

バレンタインデーが世の男子が
そわそわする待つ身の辛さが
分かるだろう。

選択し決断し行動する方が
ある意味、楽だろう。

待つだけという何の努力も行動も出来ず
ただただ世の中に審判されるのを
受け入れるしかないというのも
そういう日が、年に一度もあるというのも
つらいものである。

でも。もし2月14日が、
男子が女子にチョコレート贈る日になったら
ますます男子は、草食化し可愛いエプロンなんかして
女子顔負けの手作りチョコレートを作り
草食男子増大のきっかけを益々助長しそうだ。

ただ、現在も世界的視野に立つなら
アメリカ・ヨーロッパでは、男女関係なく
恋人や親しい人にバラ、ケーキ、カードと
いったものをプレゼントするそうで
ホワイトデーのようなお返しの習慣は
ないとのこと。

人生の時々で、自分の人間関係が
より円滑にいいものになるよう
上手に記念日、イベント使う事だ。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

2月14日。後顧の憂いを絶つため遠征する兵士の結婚を禁じた
ローマ皇帝クラウディウスに反対したバレンタイン(ウァレンティ
ノス)司祭が処刑された270年2月14日の記念日と、この季節に
木々が芽吹き小鳥が発情することとが結合した風習といわれる。
 初めは親子が愛の教訓と感謝を書き記したカードを交換する
する習慣だったが、20世紀になって、男女が愛を告白して贈り
物をしたり、とくに女性が男性に愛を告白する唯一の日とされ
るようになった。日本では1936年(昭和11)と52年(昭和27)こ
ろに、神戸の「モロゾフ」がチョコレートを贈る風習の移入を計
画したが発展せず、一方関東で1958年、東京の洋菓子「メリー
チョコレートカムパニー」により、女性が男性にチョコレートを
贈る風習が始められ、年ごとに盛んになった。

|

« まずは自分 | トップページ | ネット環境、お手上げの日々! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バレンタインデー:

« まずは自分 | トップページ | ネット環境、お手上げの日々! »