« 褒める絶大な効果 | トップページ | 東日本大震災8年目に突入 »

3月11日

今日、3・11文化復興支援フォーラムに行って来た。
震災詩歌募集、優秀作品の受賞短歌作品を
3人の女優、1人の男性役者が朗詠劇として演じた。
友人のジャズピアノシスト鈴木牧子さんが
それにピアノのBGMを流した。

言葉がこんなに映像を見せてくれるのかと
あらためて感動、感銘を受けた。

被災地における、文化・芸術の可能性について
為せることについて、アートサポートセンターの
坂田裕一氏がコーディネーターをし
ジャパン・コンテポラリーダンス・ネットワーク代表の
佐東範一氏、岩手大学准教授溝昭彦氏、日本劇作家協会所属
作家こむろこうじ氏の3名がパネラーとして
デスカッションをした。

|

« 褒める絶大な効果 | トップページ | 東日本大震災8年目に突入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月11日:

« 褒める絶大な効果 | トップページ | 東日本大震災8年目に突入 »