« 一喜一憂しない生き方、暮らしのつくり方 | トップページ | 裏の野山で、セリと三つ葉とフキを採る »

思いの賞味期限、消費期限

人に迷惑をかけたり

生活を破たんさせるような準備が

必要というのでなければ

やりたいことは、一日も早く、

いや、今すぐした方がいい。

いつ人は、どうなるかわからない。

一度は、ヨーロッパに、パリに行きたかったと

脳梗塞で下半身不随になった絵を描いていた

80歳のお婆ちゃんの涙を忘れない。

やらなければと思っていることは

後回しにせず、一日でも早く、

いや今すぐした方がいい。

いつ人は、どうなるかわからない。

どうにもならず生きて五体満足のままでも

やらなければというその思いにも

賞味期限や消費期限がある。

やらなければと思って

数ヶ月、数年、数十年経つと

もう思いも食えなくなる。

部屋に腐れたもので溢れた

冷蔵庫や食器棚があると

人生全体が臭くなる。

一つひとつやろう!(*^_^*)

|

« 一喜一憂しない生き方、暮らしのつくり方 | トップページ | 裏の野山で、セリと三つ葉とフキを採る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思いの賞味期限、消費期限:

« 一喜一憂しない生き方、暮らしのつくり方 | トップページ | 裏の野山で、セリと三つ葉とフキを採る »