« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

強い人

やりたくないことを、我慢し続ける人でなく
やりたいことを、人の目も気にせず
やり続ける人、やり切る人。
自分らしく誇りを持って生きる人。

ただし

やりたくないことが、
やらねばならないことである方は
どうぞ踏ん張ってください。
そして一日も早く、やりたいことが
やれる日が来ることを
健闘、幸運を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日と言う一日にも溢れているもの

たくさんの奇跡。
たくさんのありがたいこと。

自分勝手に気ままにやろうと思えばやれる
誰かにやさしいこと、かっこいいこと、かっこいい行動。
人としてしびれることやえらいこと、りっぱなこと。
それは、行動でなく言葉がけ、会話かもしれない。
ステキでしあわせな未来を構築するするための
今日積み上げられるワンブロック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に好きな人、好きだった人

本当に好きだった人は
おばけでも会いたいと思うよね。

好きな人が、生きていることは
この人生で最大のラッキー。

やれること、やってあげられることが
数限りなくあるのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「すべてのことに意味がある」という名言の誤り

すべてのことに意味がるとは言う名言や
励ましには誤りがる。

まず、すべてのことに意味があると
励ますことのできない悲惨が
この世にはある。

すべてのことに意味があるなどど
神さまみたいな事を言わず
我々人間が出来ることは
良い事にも、悪い事にも
最大限の意味を持たせることだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の気づくもの、見えるもの

人は自分にあるものしか見えないし
気づかない。
だからと言って、
人のよくないところ、今だ未熟なところ、
おとっていることに気付いても
それは恥ずかしいことではない。
人はいろんな部分を持ってはいるし
かってそのような感情を抱いたことがあるかもしれない。
何らかの情報や強烈な欠点を持った人間と接し
意識化するようになったかもしれない。
だから、問題は、人の欠点、弱点、未熟な所、愚かな所に
気づいた場合、見えた場合の対応をどうするかなのだ。
それを許し、フォローし、援助し育ててあげ、また自分の戒めにする。
それが大人な魅力的女性、頼もしい男性というもの。
自分が深まり高まり広がるほどに、進化するほどに
一人の人間という巨大な風景に
ステキな場所、かわいい花
愛すべきかわいい命あるものたちの動き、
やさしくキラキラ輝く星々を
見つけるようになるだろう。
近づいて見るとイライラしたり翻弄されたり悲しくなったりするが
離れて見ると人は皆、おかしくて可愛くて愛すべきものなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サトウ先生からの手紙

小学校の担任だったサトウ先生から
一枚の葉書が届いた。
先生は88歳、ご主人は92歳になられたとのこと。
御主人は警察官を勤め上げた後
民間の自動車学校の校長をした。
私は、受講無料券をいくらか戴き
無事免許を取ることが出来た。
さて、葉書に書かれていたのは
食事・介護・医療サービス付きの
高齢者住宅の2人部屋に
ご夫婦で入居されたとの事だ。
先生らしい、男っぷりのいい英断だ。
誰の世話も見て、教え子たちはもちろん
何より教師の前に母でもあり立派に子育てし
退職後も保護司として若い受刑者の社会復帰に
献身した。
面倒見のいい、人の面倒見る人生でありながら
他人はおろか、自分の子にさえも煩わしたり
少しも迷惑はかけたくない
自分のことは自分でしっかりケリをつける
男っぷりのいい武士のような女性だ。
先生は、私が個展をする度に
見に来て下さり、来られない時は
菓子と共に心のこもった美しい文字の
お手紙をくれた。
絵だけでなく自分のコトバにイラストや写真を
付けたコトバポスターなるシリーズも
発表するようになったある時は
「あなたのコトバ好きですよ。」
と言いながら、本当は気になる所が
あったかもしれないし、言葉通りなのかは
わからない。
ただ、先生はご自分が文章と向き合う時
大切にしている座右の銘としている
井上靖の言葉を手紙に書き添えてくれた。
ー文章は、むずかしいことを やさしく
 やさしいことを ふかく
 ふかいことを ゆかいに
 ゆかいなことを まじめに
 書くことー
というものだ。
私はアトリエのデスクの前に小さな額に入れて
いつも目につくよう置いてある。
先生は、毎日、朝の会で、面白おかしく解説をして
一つことわざを教えてくれた。
それと、よく突然、図書館の紙芝居を読んでくれた。
子だくさんであまり裕福でない楽しみの少ない私には
おそらく皆よりその時間が楽しくてたまらなかった。
近々の日曜日、邪魔にならないような
小さな絵とお菓子でも持って
共に兄弟6人で何かと似ている家庭環境で育ち
仲の良かったカズアキ君と顔を出しに行こうと
思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岬の上の美術館へ

Dsc_0090


今日は急きょ、三陸は久慈市の
「あーとびる麦生」へ。
ワールドカップテレビ観戦で
ほぼ完徹で大坊峠、平庭高原を越えて行く。
居眠り運転が怖いので、道の駅ごとに
仮眠や休憩を取りながらのドライブ。
来年「あーとびる麦生」10周年を記念しての
パンフレット改定のデザイン・制作の依頼を受けての
本日は打ち合わせ。
半年ぶりに見る久慈の海。

ー海は広いな 大きいな
 行ってみたいな よその国ー

すばらしい詩だな。
これ以上、海を見た時に
しっくり来る、詩、歌をしらない。

着いたところ、曇り空
雨が降るかと思ったが
打ち合わせが終わって帰路
空は晴れ渡り、海には
遠くに大きな船が走っていた。

今年は打ち合わせ含め
何度か久慈に来ることになる。
いつか時間がある時
ゆっくり防波堤に腰掛け
海風を浴び遠くの船を
見送ろう。

Dsc_0132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マネて進化する

こんな人になりたい。
あんな人になりたいという人が
いるなら、たいへんラッキーだ。
あとは、コツも何もあったもんじゃないから
マネできることから、たった今から構えず
すぐにすべてマネするだけ。
どんどんこんな人、あんな人を自分に取り込んで
自分を進化させる、変えていく。
変わって進化していくと
また、憧れる人が出て来る
あるいは、憧れるべき素晴らしい所に
気づくようになる。
自分が進化しないと進化した人
進化した人がする行動にも気づかないし
その素晴らしさにも気づかず、見えないものだ。
進化してどんどん進化して
どんどん生きていることを楽しくしていくことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この「今」を自在に扱う達人

変えられない過去に煩わせられてないで
それはエネルギーの浪費。
浪費せず、エネルギーをためて集めて
この「今」を変える。
未来を変えるため
この「今」を変える。
この「今」に食い込み
この「今」をつかみ
この「今」を変えるプロフェッシュナル。
この「今」のプロとなって
未来と過去をコントロールし
クリエートする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いくら時間があっても足りない

やりたいことがあるなら
すぐやれることから
なんとか準備し頑張れば出来ることまで
なんでもやろう。
会いたい人には
電話をしよう。
迷惑や恐怖を与えないなら
アポなしで訪れるのも楽しいかも。
メールや手紙もいいだろう。
行きたいところがあれば
行けるなら今日行ったらどうだ。
明日行ったらどうだ。
不幸にも突然ベット生活になってしまったら
絶対後悔する行きたい場所が、国内外に
ありませんか?
行くも楽し、決意し準備もまた楽し。
これらの思いを実行することと
実行するための準備だけでも
人生は忙しく時間はあまりにもない。
しなければならないこともいろいろあり
人生は本当に忙し過ぎだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこに行っても楽しくなく不幸な人と、どこに行っても楽しくしあわせな人

「私は本当に恵まれている。
 しあわせものだ。
 どこに行っても、どこで働いても
 どこで暮らしてもいつも楽しく
 とてもいい人、興味深く、好感と敬愛の感情を抱ける
 素晴らしい人と出会い生きている。」
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「だいじなこと」を知っている人

自分を楽しく生きさせ自分をしあわせにし、
人を楽しく人をしあわせにする様々な術を知り
そしてそれを何気なくあるいは意志を持って行動する人
出来る人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭のいい人より本当の賢人

学歴の高い人
たくさんのことを知っている人
語学が堪能でたくさんの資格を持っている人
そういう人は頭がいいだろう。
必要に応じて、付き合ったり
関わったりビジネスパートナーにはいいだろう。
でも、自分が愛したり付き合ったり恋人にしたり
人生のパートナーにするべきは
たとえ学歴も知識も語学も資格もなくても
だいじなことがわかっている人、押さえている人
そういう本当の意味での賢い人にするとよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しそうな楽しい人

楽しそうに人の話を聞き、楽しそうに話し
楽しそうに一緒にいて
楽しそうに仕事をし
楽しそうに誰かのお面倒を見、お手伝いし
楽しそうにご飯を食べ、お茶し
楽しそうに苦労し、工夫し、作業をする。
楽しそうに暮らし、楽しそうに生きている。
するとそれは楽しくなるし、
楽しそうにしていたのか
楽しかったのかも分からなくなり
いずれその人生は楽しいものということだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行動の確率

作家や画家になりたい人は1000000人。
実際に小説や絵を描き始める人は10000人。
その努力を、作業を継続する人は1000人。
受賞したり、本を出版したり個展をしたり
持ち込んだりして作家や画家になる人は1人。
つまり、気持ちや思いや語るだけの人が
1000000人ー10000人=990000人ということに注目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たいせつにすべき人

自分のことのように心配し
よくない自分の行動は
真剣に怒ってくれる。

そういう家族や
恋人や友達がいたら
人生で人が得られるあらゆる富や幸運の中で
一番のものを手に入れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不安対策

起きてもないことに不安になって苦しむのはよそう。
この今の自分が今出来る事を出来る事から
一つ一つ淡々とやろう。

なぜなら不安になって苦しんでも
ますます不安の実現に近づくだけで
未来を悪くするだけだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい仕事をする

いい仕事をするには
仕事に追われず
仕事を支配することだ。

仕事を支配するには
攻めて早め早めに進め
先手を打つことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい仕事をするために

いい仕事をするためには
たいせつなことはたくさんあるだろう。

たいへんな仕事でも
その仕事を楽しむ
楽しく仕事をする。

それは、はずせない
最も重要なことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失敗の人生

もし「失敗の人生」があるとしたら
挑戦しなかった人生
挑戦のなかった人生だろう。

もしも自分の情熱や思いでの挑戦がなかったら
いったいその人生は誰の人生で
何色の人生なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寺山修司「この世のものならず」

Dsc_0070
                        寺山修司の舞台、いい舞台だった。
                        練習で部分的にばらばらでは見ていたが
                        通しで見たのは本番最終の今日が初めて。
                        舞台美術として関わられて光栄だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心と顔

映画だろうか?
なんかの小説だろうか?

心には未来の全てがあり
顔には過去の全てがある。

というような言葉を言っていた。

いい心は、いい未来を創るだろう。
いや、いい今日を今も
つくっているだろう。

美男美女と言う事ではない。

いい顔というものがある。

いい人生を生きて来たであろう
いい顔というものが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この世界の二種類の人

この世界には、素晴らしい人と
そうでない人の2種の人がいる。
この世界には、すごい人と
そうでない人の2種類の人がいる。
この世界には、心根が良く魅力的な人と
そうでない人の2種類の人がいる。
この世界には、情熱的な人生と
そうでない人生の2種類しかないように。
 
あなたは二者択一、どちらの人か?
あなたの人生はどちらの人生か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寺山修司の舞台美術やってる上演がまもなく!

35回忌 寺山修司演劇祭「この世のことならず」の舞台美術を

やっています。今週末に上演です。

前回2014年、「星の王子様」で盛岡・三沢でも舞台を作りました。

今回はシンプルなそぎ落とした舞台を作りました。

どうぞご高覧下さい。

Img6100712040001


Img6100712250001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Middle_1528302822        展示会は、11:00AM~7:00PM 10日(日)まで

        最終日のみ4:00PM

        どうぞ宜しくお願い致します。

Middle_1528302900

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二つの読み方

1.小説などの文学作品

  ゆっくり、自分のペースで、思いのままに。

2.資料や実用書や啓発本などなど

  早読みするための大切な文を見出しながらスキミング読み

  ①抜き読み

  ②拾い読み

  ③飛ばし読み

  ④抜かし読み

  ⑤斜め読み

  特に、同じテーマの2冊目、3冊目からはスキミング総稼動。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮭が帰ってくる中津川上流の美しい風景

Dsc_0056
    こんな美しい川が、街中にある美しい街、盛岡。

    今日は少し郊外を回って帰宅。

    盛岡の大好きな風景の、場所の一つ。

    小学生の頃、3歳離れた兄と

    このもっと上流まで自転車で行き

    釣竿でなくヤスを持ってカジカなどの

    小魚を獲りに行ったものだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

双子のわんちゃんとおじいちゃん

Dsc_0022
       絆祭りに見に来たかわいいお客さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弟の絵画展「中村太樹男展」本日より10日(日)まで開催

Middle_1527848679


Middle_1527852106
2日(土)3日(日)と、東北「絆祭り」で交通規制があります。

公共機関、徒歩・自転車でご来場ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の場合、2018年の半年何をし、これから半年、何をするか?

2018年この半年したこと

①アトリエの大掃除

②6月上演の「没後35忌寺山修司祭」の演劇の舞台づくり

③「男はつらいよ」寅さんシリーズ30~40本鑑賞

2018年この後半やろうと思うこと

①絵を描く

 (公募作品)(出版社営業イラスト作品)(展示会作品)

②文章を書く

 (公募作品)

③資料・書籍の整理とデジタル化

④東日本大震災定点撮影(岩手~宮城)

⑤依頼された美術館パンフデザイン制作

⑥依頼された明年の二つの祝賀パーティー・展示会企画

と、箇条書きしてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »