« サトウ先生からの手紙 | トップページ | 「すべてのことに意味がある」という名言の誤り »

自分の気づくもの、見えるもの

人は自分にあるものしか見えないし
気づかない。
だからと言って、
人のよくないところ、今だ未熟なところ、
おとっていることに気付いても
それは恥ずかしいことではない。
人はいろんな部分を持ってはいるし
かってそのような感情を抱いたことがあるかもしれない。
何らかの情報や強烈な欠点を持った人間と接し
意識化するようになったかもしれない。
だから、問題は、人の欠点、弱点、未熟な所、愚かな所に
気づいた場合、見えた場合の対応をどうするかなのだ。
それを許し、フォローし、援助し育ててあげ、また自分の戒めにする。
それが大人な魅力的女性、頼もしい男性というもの。
自分が深まり高まり広がるほどに、進化するほどに
一人の人間という巨大な風景に
ステキな場所、かわいい花
愛すべきかわいい命あるものたちの動き、
やさしくキラキラ輝く星々を
見つけるようになるだろう。
近づいて見るとイライラしたり翻弄されたり悲しくなったりするが
離れて見ると人は皆、おかしくて可愛くて愛すべきものなのだ。

|

« サトウ先生からの手紙 | トップページ | 「すべてのことに意味がある」という名言の誤り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99059/73750536

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の気づくもの、見えるもの:

« サトウ先生からの手紙 | トップページ | 「すべてのことに意味がある」という名言の誤り »