« 照れたり、ためらったり、横取りしたりしないように。 | トップページ | 存在したか、しているかも解らぬちっぽけ過ぎる自分の生き方 »

ゴースケ先生、北の海の空に昇る。

北は三陸久慈に、今日は拝みに来た。
お世話になった方が88歳で亡くなった。
入院していたのだが、急に容態を崩した。

今から30数年前
美術の教員として久慈に赴任。
久慈駅の後ろ「ホテルみちのく」に下宿した。
旅館でもあり、単身赴任の男性が
4~5人下宿していた。

石油備蓄基地の技術者
保険や車屋の久慈支店のサラリーマン
期間限定の建設工事の方など。

そのホテルのオーナーは当時50代半ばで、
久慈周辺のどこかの山中の
小学校の校長をしていた

奥様が、家族とパートの方を
使って切り盛りしていた。

免許を取ったばかりで
車を持っていなかった私に
ゴースケ先生は、「いつでも使って」と
新米運転手に不安もあったろうが
スズキの軽のジェミニーを
快く貸してくれた。

ジープ仕様のとてもおしゃれな車だった。
あまり関係はないが、なんの因果か
今、私はスズキのやはり
ジープ仕様を少し街乗りにスタイリッシュにした
ハスラーに乗っている。

ゴースケ先生は、なにごとにも気前よく
いつもにこにこ元気でいい方だった。

ゴースケ先生。
スズキのジェミニーこころよく貸してくれて
本当にありがとうございました。
今、カミングアウトしますが
何度か軽くすったり、運転下手で変にふかしたり
ブレーキかけ過ぎたり、おそらくは車の寿命を
縮めました。ごめんなさい。

本当にありがとうございました。

そんな罪滅ぼし感謝も込めて3年前の久慈の豪雨水害
川の氾濫で1メートルホテルが水没した際は
私も心を込め全体力、知力、気力を使い
泥はけ泥運び、建物の消毒作業、ホテルの掃除、
食器洗いと、一生懸命お努めさせて頂きました。

安らかにお眠りください。
ゴースケ先生の人生に敬意を表し
感謝を込めて合掌。

|

« 照れたり、ためらったり、横取りしたりしないように。 | トップページ | 存在したか、しているかも解らぬちっぽけ過ぎる自分の生き方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99059/73953148

この記事へのトラックバック一覧です: ゴースケ先生、北の海の空に昇る。:

« 照れたり、ためらったり、横取りしたりしないように。 | トップページ | 存在したか、しているかも解らぬちっぽけ過ぎる自分の生き方 »