« 創作の一番たいせつな指針 | トップページ | 「オリジナリティー溢れる本当のプロ」 »

「パクリあるいは猿まね」と「独創性」の違い

ある作家、画家一人のマネをすると
「真似っこキツネ」とか「パクリやさん」
「二番煎じ」「三番煎じ」と言われる。

たくさんの作家・画家さんのいいところ
シビレる所を研究し融合、自分の頭と心と技術で醸成させて
取り入れると、「すごい独創的な作家、画家」と
世の中に世界に称賛される。

|

« 創作の一番たいせつな指針 | トップページ | 「オリジナリティー溢れる本当のプロ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「パクリあるいは猿まね」と「独創性」の違い:

« 創作の一番たいせつな指針 | トップページ | 「オリジナリティー溢れる本当のプロ」 »