« ゴースケ先生、北の海の空に昇る。 | トップページ | 「物をよく見る」ことの力 »

存在したか、しているかも解らぬちっぽけ過ぎる自分の生き方

悠久永遠の時間の宇宙。
広大無限の空間の宇宙。
一瞬とも言えぬ短い一生
私達のこの人生。

何を我慢することがあろうか?
何を苦しむことがあろうか?
やりたいことをやらず
つまらなく生きている必要があろうか?
なりたい自分にならず
おもしろくもないこんな自分で
生きて行く必要があろうか?

やりたいことをやり
苦しみ悲しむことを遮断し
なりたい自分が振舞うように振舞い生き
ひとはどう見ようと、自分としては
最高に楽しく生き楽しい人生に
しない手はない。

|

« ゴースケ先生、北の海の空に昇る。 | トップページ | 「物をよく見る」ことの力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 存在したか、しているかも解らぬちっぽけ過ぎる自分の生き方:

« ゴースケ先生、北の海の空に昇る。 | トップページ | 「物をよく見る」ことの力 »