« ところ構わずためらわず言うべき「ありがとう」と「ごめんなさい」 | トップページ | 「人のいいところしか見えない」敬愛すべきおそるべき人たち »

郵便配達のバイクと車の接触現場に遭遇する。

用事に向かう途中、事故と遭遇。

郵便配達のバイクが横転する横に
配達員の方が唸って倒れていた。
人だかりが出来ている。
通り過ぎるか迷ったが気になる。

救急車は呼んだか?
警察には連絡したか?
何より、心肺停止や脳挫傷がないか?
この集まっている人たちに
心臓マッサージ等、応急処置が出来る人がいるか?

車を止めて現場へ。

1.心配して集まっていた人に救急と警察に通報依頼。

2.意識確認

3.痛む箇所の確認と着衣からの状況確認
  →膝及び膝下の強打、外に変形して分かるほどの
   骨折はしてなさそうだが相当痛がっている。

   でも、頭はぶってないとのことで、
   意識もしっかりしているので安心。
   救急車を待つばかり。

4.職場の郵便局へ、バイクと郵便物の回収の連絡確認

 

5.救急車が到着。たいへん大柄の人だったので
  ヘルプの承認を取って救急隊員と共に
  1・2・3の掛け声で担架に乗せ、救急車に収容。

いっしょに対処してくれた通行人数人に声をかけ
現場を離れる。

私は、消防署で受講し「普通救命講習修了証」を
持っている。受講に時間と気持ちがあれば、
お金は必要ない。

愛する人、家族、いざと言う時のため
受講おすすめ。詳しくは消防署にお電話を!!(^^)!

|

« ところ構わずためらわず言うべき「ありがとう」と「ごめんなさい」 | トップページ | 「人のいいところしか見えない」敬愛すべきおそるべき人たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郵便配達のバイクと車の接触現場に遭遇する。:

« ところ構わずためらわず言うべき「ありがとう」と「ごめんなさい」 | トップページ | 「人のいいところしか見えない」敬愛すべきおそるべき人たち »