« 花村萬月の小説「裂」に見る応募小説及び小説の書き方の学習 | トップページ | 郵便配達のバイクと車の接触現場に遭遇する。 »

ところ構わずためらわず言うべき「ありがとう」と「ごめんなさい」

中学時代の友達の母が亡くなり
盆で東京から帰って来た友人と
2人で弔問して来た。

前の日まで、元気にしてたそうだが
朝いつもの時間、8時頃に起こしにいったら
亡くなっていたとのこと。

最後、ちゃんともう一度
会話をしたかったとのことだが
ごもっとも。

でも、準備万端に人は亡くならない。
ストリーも味もそっけもなく
何の準備もないままに
「サヨナラ」は突然に。

だから、「ありがとう」は言いそびれないこと。
思った時に、照れずにしかるべき時になど考えず
すぐに言う事だ。

気になるケンカは片付け「ごめんなさい」も
「ありがとう」と同じく言いそびれちゃダメ。

|

« 花村萬月の小説「裂」に見る応募小説及び小説の書き方の学習 | トップページ | 郵便配達のバイクと車の接触現場に遭遇する。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ところ構わずためらわず言うべき「ありがとう」と「ごめんなさい」:

« 花村萬月の小説「裂」に見る応募小説及び小説の書き方の学習 | トップページ | 郵便配達のバイクと車の接触現場に遭遇する。 »