« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その23

人間として、存在として
満ち足りてくる。

あくせく自慢話や
病的な自己アピールは
自分の生活と人生に
必要なくなる。
その気がおこらない。

そんなことより
袖触れ合うも他生の縁の
この目の前の出会った人間の
相手を知りたい。
相手を楽しみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その22

頭がよくなる、知恵に溢れる。

あらゆる事、問題、課題、夢やウォント

全てに段取りがひらめき

最短距離が見え、優先順位が

明快になっている。

それが心に元気とエネルギーが

溢れている人間の脳なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その21

エネルギーを充電し続けていけば

やがてそこにいるだけで

その場の輝く人になる。

その場を輝かせたり楽しくする

和やかな空気、いい空気にする

来て欲しい人いて欲しい人

一緒に働きたいな、頑張りたいな

一緒に暮らしたいな、生きていきたいなって

人になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その20

弱い人を利用したりいじめたりしないで

弱い人を守り育てることができる。

上から目線でも同情でも施しでもない。

誰とも対等というか、誰にも

尊厳と敬愛心を持っている。

弱い人からもどんな人からも

才能や良さを見つけられる。

そういう目にスポットを持っている。

どんな人間とも最大限に楽しく居れる

天才になってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その19

いつも機嫌が良く笑顔で生きていける。

この人といると、なんか楽しく安心し

居心地がいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その18

勝つこともできるけれど

負けないことも上手にできる。

負けない技術もマインドも

自然と手に入れる。

つまり、どっからついても

強いとしかいいようのない人間になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その17

朝から晩まで、眠りにつくまで楽しいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その16

もし、人が意図と意志を持って好きな時好きなだけ
自在に自分の心にエネルギーを充電し続けることが出来たら
人は、自分がこの星で出会いたい人間
その人になるだろう。
智慧と愛とエネルギーに満ち溢れたとんでもない人になるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その15

あなたの一番すばらしい時、すばらしい心に自分を持っていける。

あなたの心のベストにすぐ持って行ける。

いつもベストの状態に持って行ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その14

機転の利く人。知恵のある人。

自分と人の人生のトラブル、問題、課題を

さばける人になる。

解決できる人になる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その13

物をよくもらう人になる。あげたくなる人だ。

いろんな人、皆に応援してもらえる人になる。

みな、誰もが応援したたくなる人だ。

守ってもらえる人になる。

守ってあげたくなるんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その12

とにかく、ステキな人なる。

とにかく輝く人になる。

とにかく魅力的な人になる。

自信を持って自分を生ききる

個性的で楽しい人になる

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その11

元気な心の人は感謝ができる。

感謝の表現が出来る。

「ありがとう」と上手に言える。

心のこもったいい「ありがとう」が

なんの躊躇もなくステキに出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その10

強く元気な心の人は、自分の非を認めることができる。

「ごめんなさい」と上手に言える。

しかも、潔く相手が快く受け止めてくれる

言い方のセンスと技術が自ずと現れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その9

今しかできないこと、今すべきこと

今しといたほうがいいこと

今やった方が素敵なこと

今やったこと未来が楽しくなること、幸せになること

そういうことにためらわず

迷わず葛藤せず自然にいつの間にか

楽しく今すぐ取り掛かれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その8

意地悪なところ、イジイジしたところ、

そういうところもなくなり気持ちのよい、

快い強く明るく聡明な楽しい人になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その7

思考が開放的になり、質の高いアイディアが生まれ、

あらゆる自分の人生の状況で一番状況知っている

この自分しか考えられない最高のアイデアが湧いてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その6

人生、生活に苦悩が消滅する。

その時間が無くなる。

行動と工夫だけの人生。

無意味に悔んだり、泣きじゃくったり

震えたり、八つ当たりしたりしている時間が無くなる。

つまり、苦労、労作業があっても

苦悩は無くなる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その5

しあわせな人生とは幸せな人間関係があるか、

築けるかということ。

そのしあわせな人間関係が自然と

自分の人生に構築されていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その4

人の良さが見える。

悪いとろは、許せる、包める、変えてあげれる。

脳の仕組み、原始脳の働きから

人への言葉は全部自分に帰って来る。

人の悪い所ばかり見えて、見て

人への悪口、陰口、怒り、憎しみのコトバばかり

この世界に放ってはいけない。

全部、ブーメランのように自分に返ってきて

矢になって自分の心を突き刺す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その3

効率が良くなる。普通三日かかることを数時間で片づける。

とにかく仕事が早い。やることが早い。

知恵の働かない元気ない心と頭で仕事しても、

効率悪い、やり直し、遅々と進まずということ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その2

やりかけている、やりやすいからとなんとなくやるのでなく

優先順位の高いものから、行動できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に元気を、エネルギーをあふれさせるメリット その1

瞬時に、少しでも状況がよくなる行動ができるようになる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私たちは風船

私たち、人間は風船。

だから、空気をいっぱい入れないと

自分がどんな形をしたなんのかわからない。

エネルギーを満杯にまずすることがたいせつ。

それから本当の仕事、役立ちが始まる。

私というストーリー、あなたというストリーは

そこから始まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉田拓郎「私は今日まで生きてみました。」

私も「今日まで生きてみました。」という程度で
今日まで生きて来た。

「生きてきました。」などと、言い切れる
強い意志と信念をいつも持って
生き続けて来たとは、まったくもって言い難い。

ぼっーとしてたり、人まかせ成行きまかせ
生きていること、人生というものの流れに
ただただ流されて生きていた時間がほとんどだ。

「生きてみる。」なんて、もうこの人生の様子見や
実験やお試しなんかいらない、しない、してられない。

そんな時間もない。

「いつどうなるか分からない」という言葉が
本当にぴったりな年齢にもいつの間にか
なってしまった。

一番大切な思いは何か?
一番やりたいこと、一番やらねばならないことを
後回しにする後がどこにあるか、どれだけあるのか
もうわからないところに来た。

集中し一気にやらねばならない。
たとえ後30年あろうと、数年しかなかろうと。

開始したものに、行動を始めた者に
歩き出したものに、ゴールにだけに
しあわせがあるわけじゃない。
ゴールに辿りついたものだけが
しあわせなのではない。

何をするか、何をなしえたか
どこに辿りつけたを問う前に
誰もが命を持って生まれたものとして
まずもってこの人生では
しあわせであることだ。
たとえ何もなせなくても
しあわせであることだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たとえば、ある人が人生で一番したいことは、こういうことかもしれない。

誰もが力が湧いてくるもの
読みながら、そして読み終わると
飛躍的に圧倒的に進化する
生きている苦しみが消滅し
生きている喜びにあふれ
生きていることが
楽しくなる文章、また本(絵本)を
書き上げること、創り上げること。

もしも、素晴らしいものができたら
万が一そんなものが出来上がったら
それをこの世界で必要とする人に
一人でも多くとどけること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3案秒あるいは1秒で出来ること

3秒あれば、1秒あればできることもある。
長く抱えて来た、誰かに対する
怒りや憎しみをやめること。
誰かのしあわせを願うこと。
誰かの生きている苦しみ悲しみが
少しでも早く弱まるよう願うこと。

口先ばかりの本気じゃない言い続けてきた夢を
もう人前で口にしない決断をすること。

今から本気で実現しようとする夢に
今日からたった今から努力を作業を
始める決断をすること。

何かをやめることを決断すること、
宣言すること。

先送りに先送りを重ねてきた
この人生で一番したいことを
開始すること、スタートすること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2時間で、この人生で出来ること。

2時間あれば、集中すれば

いろんなことができる。

ずっと頭にあってできなかったこと

今日こそ今こそ2時間でやってしまおう。

それは、どこかの掃除かもしれなし

誰かを訪ねることかもしれないし

一遍のエッセイや何らかの文章や

あるいは誰かへのお手紙かもしれない。

いずれ2時間、今から集中すれば

行動さえ開始すれば出来ることが

人それぞれに限りなくあるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かっこいい私の先生

苦しく悲しい時も、しんどくつらい時も笑顔を堅持し
いい時も浮かれず調子こかず、穏やかな笑みを湛え
しかめっつらはなく、不機嫌な顔を見たこともなく
人をいやな気分にさせない、気を遣わせない巨人
そんな先生です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

興奮せず怒らず感謝すべきことを忘れず

お世話になった人や人達が
少々理不尽なことをしたり
間違ったりへんになったからと言って
敵の仇を取るがごとく
けしからんと興奮したり
頭に血をのぼらせないこと。
それまでの長い、今も続いている
感謝すべきことを忘れないこと。
感謝を忘れると次の二つのことが起こるので
要注意です。
①顔が醜くなる
②悪循環が始まり生きてる世界が狭まり不幸になっていく。
生活と人生、人間関係で一番大切なのが感謝力です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛岡の芸術文化について考える夜

今晩は、何人かの演劇人と作家と
アートサポートセンターの職員
盛岡市の職員数名と
盛岡の芸術文化について
意見交換し考えた。
私はイラストレーター。
市民講座を20数年長くやっている人間。
市民愛唱歌「啄木の青春の街 盛岡に」の
作詞・作曲者で啄木祭などで時に歌う
シンガーソングライター。
寺山修二の天井桟敷にいた
おきあんごを専属作家・演出に抱えた
盛岡の小劇場劇団「赤い風」の元舞台美術。
アートサポートセンター主宰のいくつかの演劇の
舞台美術担当者として参加した。
わがふるさと盛岡市
啄木・賢治の街、文学の街
冷麺・じゃじゃ麺・わんこそばの街
ギネス世界一の太鼓数のさんさ踊りの街
とまずもって説明される街。
盛岡の芸術文化活動の現状の課題
今後、どのようにしてより活性化させ
経済、観光、市民生活の幸福感向上に
芸術文化を活かしていくか。
大胆なこと、思い切ったこと
そして内外にわかりやすいイメージが必要
だと思う。
一晩2時間では、何も語りきれず。
19日まで提出の出された宿題用紙に
いっぱい思いとアイデアを書き込もう。
何かが動き出す、動き出さざるを得ない
グッドアイデアが湧きますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »