« 高校時代のアルバムが出て来た | トップページ | 3分美顔術! »

昭和最後の冬でした。

今から31年前。

私は東京で暮らしていました。

電車で5分、池袋の近くに住んでいて

よく、カフェに寄ったり本屋をぶらついたりしていた。

西口、東武デパートの屋上から

「待望の村上春樹『ノルウェーの森』上下、絶賛発売中!」

垂れ幕が吊るされ風にたなびいていた。

予備校で働いていた私は、仕事を終えてから

ラーメンと餃子、ビールを飲みながら

文系の教科の講師たちと

皆、独自の見解、村上春樹論を戦わせていました。

皆が、時代が村上春樹にすっかり占領されていた。

あんな作家も、もう現れなし、あんな事象も、もう起こらないだろう。

そして、今年は平成最後の冬が終わろうとしている。

|

« 高校時代のアルバムが出て来た | トップページ | 3分美顔術! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和最後の冬でした。:

« 高校時代のアルバムが出て来た | トップページ | 3分美顔術! »